殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」3巻は10月21日発売!
セガ公認メガドラミニ番外編も収録なるか?
:: 2014/9/22 月曜日::

■[ラノベ]鏡の中のエピローグ「続・終物語」

続・終物語 (講談社BOX)
著者/訳者:西尾 維新 VOFAN
出版社:講談社( 2014-09-18 )

物語シリーズ、ファイナルシーズンの最終刊ということですが、
何かネクストシーズンで「接物語」っていうのが出るんですってよ。
うん、そんな気はしてた。

今回の「続・終物語」は卒業式を終えて合格発表待ちの阿良々木くんが、
鏡の世界へ行ってしまうというゆるい展開。
始めは台詞が鏡文字で書かれていてめちゃくちゃ読みにくかったです。(笑
しかしそれ以上にめちゃくちゃだったのはキャラの性格でしたね。

八九寺がロリじゃない21歳というのは違和感があったけど、
阿良々木くんと逆転している関係はそれはそれで美味しいかな、と。
一番変わってたのは老倉だけど、これはこれでアリだと思うんだ。
しかしこの老倉を含めてみんな消えてしまうと思うと切ないですね。
鉄人兵団のリルルみたいなもんか。

それにしても今回も妹に二人羽織状態で顔を洗って貰ったり、
ついにスカート姿になって登校するとか阿良々木くんは半端なかったです。
裏面に来たとしても阿良々木くんは阿良々木くんで問題なかったけど、
心の凝りは裏面における戦場ヶ原を見ることが出来なかったことかな。
案外月火と変わらず殆どおんなじなのかもしれませんけどね。

:: 2014/4/16 水曜日::

■[ラノベ]物語ダークネス「終物語 (下)」

終物語 (下) (講談社BOX)
著者/訳者:西尾 維新 VOFAN
出版社:講談社( 2014-04-02 )
単行本(ソフトカバー) ( 396 ページ )

この後に集大成の「続・終物語」が出ることは決定していますが、
物語シリーズとしてはこの「終物語 (下)」ラストであり大団円です。
今まで謎のままだった忍野扇の正体が暴かれて、
阿良々木くんの高校生活も卒業を迎える完結巻になります。

それにしても初っ端から地獄始まりというのは予想外というか想定外というか。
でもそのお陰で八九寺にまた出会えたというのは僥倖以外の何者でもない訳ですよ。
5ページに及ぶ前フリを入れた上での八九寺への抱きつきをした阿良々木くんの気持ちも、
判らんではないというか、大変よく判る!
八九寺は物語シリーズの良心と言える心のオアシスというかロリでしたからね!
彼女と出会えるなら、たとえそこが地獄であっても問題はないのです。

戦場ヶ原とのデートも章の間に挟まれているだけあってオアシス的な位置付けだったのかな?
という気もするけど、相手が戦場ヶ原だからなぁ。(←失礼
まぁ、戦場ヶ原は負けず嫌いな所とか色々と困った所や重い所もあるけれど、
最後には可愛い所を見せてくれるのでこれはこれで有りだな、と。
そんな風に思ってしまうあたり私もチョロいです。

そしてラストのおうぎダークでしたけど…
正直言って扇ちゃんの正体を臥煙さんに看破されるまで気付きませんでした。
うーん、私も阿良々木くんの鈍さを笑えませんな…
でも最後のオチというか阿良々木くんがとった行動に関しては、
ページを捲るまでもなく予想が付きましたよ!
だって阿良々木くんだもの。

何にしてもこれで終わりかー
実を言うと八九寺が「くらやみ」に飲まれたり千石が祀られたり、
化物語第一期の余韻が悉く破られていって精神的にキツいものがありましたが、
最後はきちんと締めてくれてすっきりしたかな、と思う次第であります。

しかしこの後に続く「続・終物語」ってどんな風になるんだろう…
ちっとも予想が付かないな…

:: 2014/2/2 日曜日::

■[ラノベ]童女ふみふみ「終物語 (中)」

終物語 中 (講談社BOX)
著者/訳者:西尾 維新
出版社:講談社( 2014-01-29 )
単行本 ( 340 ページ )

時系列とか色々無視するのはいつも通りですが、
まさかいきなり「つばさタイガー」の裏側で起こっていた事態を、
今頃になって語られることになるとは思いませんでした。
てっきりこのまま無視して完結一直線かと思ってましたよ。
でも、全ての謎を詳らかにせずにはいられない忍野扇が絡んでいると考えれば、
当然といえば当然だったのかもしれない。

2学期が始まり羽川が大変なことになっている頃、
鬼物語の直後で忍とのペアリングが切れている阿良々木くんに起こった怪異。
というか怪異の大元とも言えるキスショットの一人目の眷属が、
四百年かけて復活するという結構な大騒動の物語。

「しのぶメイル」なのに神原と阿良々木くんの二人がメインでしたが、
この二人だからこそ安定の面白さで突っ走っていたような気がします。
というか、開幕からビブリア古書堂はともかく「HAPPY☆LESSON」ネタを入れてくるとか、
ホントにどんだけ「HAPPY☆LESSON」jのことが好きなんだ。(笑

しかし神原は本当に美味しいキャラというか、楽しいキャラだなぁ。
忠誠心溢れるエロ奴隷で、ジャージの下がノーブラで、激しい運動したら揺れて痛いとか、
更には覚悟完了したら「処女のまま死にたくない」とか言って迫ってくるとか、
もうホント、色気はないけど色々とアレですよね。
それに付き合えている阿良々木くんも大概アレだと思います。
流石は何でも知っている伊豆湖さんをドン引きさせるだけはあるぜ!

神原のお陰で楽しかったし、斧乃木ちゃんの童女っぷりも良かったし、
拗ねた幼女も可愛かったんだけど、やはり羽川が出てこないと物足りないと感じてしまう…
我ながら重度の羽川ジャンキーだと思い知ったワタクシ…

それにしても遂に次の下巻で終わるのかー
と思ってたんだけど、そう言えば「続・終物語」もあるんでした。
果たして次はどうなるのか、というかどの時点での物語なのか。
色々気になりつつ楽しみに間違いと思います。

:: 2013/11/19 火曜日::

■[ラノベ]阿良々木暦の出来るまで「終物語 (上)」

終物語 (上) (講談社BOX)
著者/訳者:西尾 維新 VOFAN
出版社:講談社( 2013-10-22 )
単行本(ソフトカバー) ( 396 ページ )

忍野扇ちゃんの不思議で不可解で不条理な終わらせ方が半端ない。
恐らくラスボスであり、物語の死神であり、羽川翼の敵。
本当に忍野メメの姪であるのかどうかも疑問視せざるを得ない、
そんな忍野扇ちゃんによって阿良々木暦の過去が暴かれるのがこの「終物語 (上)」です。

扇ちゃんというキャラクターには色々と言いたいことは多々あるんだけど、
まぁ、それは下の方で一気に、一気呵成に語るとして、
まずはこの上巻における阿良々木暦について言いたい。
お前、いくらなんでも忘れ過ぎだろう、と。

確かに子供の頃の事だとは理解できるし、理由も把握しているんだけど、
それにしたって忘れ過ぎだろう、と。
老倉があんだけひねくれるのも仕方ないし、確かに責任もあるだろう、と。
でもそういう察しの悪さと間抜けなトコと、決めるトコは決めるのが阿良々木暦という人なんだよね。

それにしてもやはり全盛期を過ぎたと自他ともに認めていようとも、
羽川翼は羽川翼でありました。
正直、惚れ直しました。
おっぱい触りたくなりました。
やはり、化物語の中で最高に魅力的なヒロインだと再認識させられました。

確かに、老倉というキャラクターは今までのヒロインたちの特徴を内包してましたが、
老倉は老倉であったように、羽川は羽川であり、だからこそ魅力があるんだと思います。
このまま下巻でもきちんと出番がありますように…

:: 2013/5/21 火曜日::

■[ラノベ]オムニバス阿良々木ハーレム物語「暦物語」

暦物語 (講談社BOX)
著者/訳者:西尾 維新
出版社:講談社( 2013-05 )
単行本(ソフトカバー) ( 468 ページ )

「暦物語」ということで主人公は珍しく阿良々木くんな訳ですが、
今回は更に「暦」という文字がそのまま意味を持っています。
つまりカレンダー的に化物語の前、傷物語の後の阿良々木くんが進級した4月から、
毎月、各ヒロイン毎の短編を綴っている形になります。

羽川、戦場ヶ原、八九寺、神原、千石と次々と進んでいく訳ですが、
今となっては懐かしい頃の各ヒロインを見ることが出来るという事でもあります。
つまり何がと言うと登場初期の戦場ヶ原の悪口雑言をこれでもかというほど堪能出来る訳です!
うわーい、これはキツイ! 心が折れそうだ!

阿良々木ハーレムのはずなんだけど、何故かみんな阿良々木くんは毒舌に晒されまくりですね。
戦場ヶ原を筆頭に神原にも言われるし、妹二人にも散々という、
阿良々木くんはどんだけドMなんだよというくらいにメッタメタです。
まぁ、今回はメタネタはないんですけどね。

とはいえ今回は今までのどんどん物語が崩壊していくもの悲しさは少なくて、
比較的、かつてのキャラクターの魅力を思い出させてくれた感じがしますね。
まぁ、最後の最後で最期な感じでよくわからないオチてないオチがついたので、
また次の展開が楽しみなような心配なような感じになっちゃいましたけど…

うーん、はたしてどうオチを付けるつもりなんでしょうか…
疑問符つきまくりやでー

:: 2012/10/2 火曜日::

■[ラノベ]月火ちゃんと洗いっこ「憑物語」

憑物語
著者/訳者:西尾 維新
出版社:講談社( 2012-09-27 )
単行本 ( 292 ページ )

秘技「もうちょっとだけ続くんじゃ」によって3部目となった化物語シリーズ!
今度こそ終わりだよね?
と問いたくなりますが、多分、きっと、これで終わり。

よつぎドールという内容から余接の話がメインかと思いきや、
気付いたら阿良々木くんが月火ちゃんと一緒にお風呂に入って洗いっことか、
斜め上な展開にかっ飛んでいてったりと、ある意味相変わらずと言えましょう。
火憐ちゃんとの歯磨きなんてまだまだ序の口やったんや…!

他にも寝ていたいが為にニュアンス仮説とかアホな事を延々と考えて、
お前はどんだけページ数を稼ぐつもりなんだと。
うーむ、やはり阿良々木くんってばぱないの。
流石、ガハラさんに「こよこよ」と呼ばれているだけあるな!

そういえば久しぶりに影縫さんが出てきていましたが、
忍の上を行く(文字通り)とか相変わらず凄いですね。
そして拗ねた上に阿良々木くんに簡単に懐柔されるとか、
忍は相変わらずチョロ可愛いですね!

しかし今回は色々とだましだましやってたことのツケが可視化されたって感じでしたし、
余接ちゃんが言ってたように扇ちゃんがラスボスっぽいんだけど、
一体どんな結末を迎えるのかさっぱり予想できないです、ハイ。
まぁ、西尾維新だしなぁ…
今回こそきっちりと伏線を回収して完結してくれると思います!

…多分。

:: 2012/1/24 火曜日::

■[ラノベ]アロハのち鼻眼鏡、そしてウロボロスでしょう「恋物語」

恋物語 (講談社BOX)
著者/訳者:西尾 維新
出版社:講談社( 2011-12-21 )
単行本(ソフトカバー) ( 292 ページ )
絵師サイト:青 春 電 繪 物 語 – 無名小站

語り部がひたぎだと思った? 残念、貝木泥舟でした!

という訳でアニメ偽物語放映時のCMで散々出ている恋物語ですが、
CMで阿良々木くんが言っているように戦場ヶ原が取った撫子による死亡フラグ回避の手段は、
よりにもよって息をするように嘘をつく、本能レベルで詐欺師な貝木泥舟に助けを求めるという、
どこまで追い詰められているんだよ、戦場ヶ原!
とツッコミを入れざるを得ないほどの最悪な手段でした。

しかしこれが意外とまともに機能したというか軽妙というか。
今まで敵役やら不吉な男扱いだった貝木が語り部となることで、
意外とこいつ年上の大人っぽくね? と株価がギュンギュン上がるから不思議です。
まぁ、本人がすこぶる嘘つきなので地の文ですら嘘をつかれている可能性もありますが、
ラストで撫子に語りかけている戦場ヶ原に関するくだりなんか特に株が上がりましたよ。

そして殆ど出番がないのに撫子によってバラされる阿良々木くんの性癖というか奇行に、
貝木にすら心配し、犯罪者か、と疑われる阿良々木くんぱないの。
また、貝木に依頼した戦場ヶ原も必然的に出番があるんですが、
ガハラさん、実はデトックスされてなかったのか阿良々木くんの前だけでデレているのか心配に…
でもまぁ、寝ぼけたガハラさんはちょっと可愛かったですね。

しかし神になって阿良々木と忍ペアでもどうしようもない程の力を持つまでになった撫子を、
金と酒と口先八丁で丸め込んで騙りつくして解決するとか貝木はホントに大人だよね。
ジャンプ漫画とかなら格闘で力を持って示すのが大多数なだけにね。
拳以外のコミュニケーションを使うのが大人ってもんですよね。

しかしセカンドシーズンが終わりとはいえ、謎が色々と残ったまま。
忍野扇とか、臥煙伊豆湖だとか斧乃木ちゃんとかホント色々とね。
ラストの貝木や行方不明の忍野もそうだしね。
いやはやちゃんとサードシーズンで解決してくれるのかな。
でもまぁ、何とか伏線を回収できそうな気もするんだよね。
西尾維新だし。

:: 2011/10/9 日曜日::

■[ラノベ]幼女と少女と童女とキス「鬼物語」

鬼物語 (講談社BOX)
著者/訳者:西尾 維新
出版社:講談社( 2011-09-29 )
単行本(ソフトカバー) ( 292 ページ )
絵師サイト:青 春 電 繪 物 語 – 無名小站

猫物語(白)以降の流れからそうだろうなぁ、と思ってましたが、
作中で阿良々木くんが言ってましたが本当に重箱の隅をつつくように、
無理矢理物語を終わらせようという流れが出来ていて、
読者の想像(妄想)の余地がどんどん無くなってきていて…
でも面白いから困るんだよなぁ。

今回の鬼物語は忍の話と銘打たれていて、実際忍の400年前の話もあるんですが、
物語の中心に居たのは八九寺なんじゃないかな、と。
傾物語が八九寺の話なのに忍が中心だったのに対してバランスを取るかのような塩梅。
しかし八九寺が中心なのは終盤までは喜んでましたが、
ラストを読んでもの凄く切なくなったのでした…

今回の語り部は阿良々木くんだったので非常に変態で面白かったですし、
阿良々木くん視点で忍(幼女)と八九寺(少女)と斧乃木(童女)と戯れて、
不意打ち気味のキスをされまくるというのは非常に萌えでしたが…
その物語の寄り道が面白かっただけに、終着点が物悲しいんだよなぁ。

相変わらずのアニメ関連のメタな発言だとか時系列を無視した発言とか、
そういった面白いさから、言葉遊び的なものは化物語シリーズそのものです。
萌えもあるし、トンデモな忍の行動に呆れることもあるけれど、
相変わらず猫物語(白)以降は取っつきにくいものがあるかも知れません。
まぁ、鬼物語はロリコンな人なら割りと満足できるのではないでしょうか。(ぉ

:: 2011/7/11 月曜日::

■[ラノベ]よしっ。撫子がんばるっ「囮物語」

囮物語 (講談社BOX)
著者/訳者:西尾 維新
出版社:講談社( 2011-06-29 )
単行本(ソフトカバー) ( 292 ページ )
絵師サイト:青 春 電 繪 物 語 – 無名小站

千石撫子は可愛い。

それはもう、化物語シリーズを知っている人なら周知のことと思います。
八九寺や忍も可愛いけど、言動含めて全てが可愛いのが千石撫子なのです。
そしてその「可愛い」を西尾維新が西尾維新らしく突き詰めていったところ、
暗喩でもネタでもなく、千石撫子はララボスになったのです。
失礼、神でした。(><)

本当にね、撫子は可愛い子ぶってるんじゃなくて、可愛い子なんですよ。
天然で、あるがままで、一挙手一投足、その言葉も声までもが可愛いんですよ。
ただ、可愛くて内気に見えて、引っ込み思案のようでいて、実はめんどくさがりや。
エッチなことに実は興味津々で、阿良々木くんのエロ本を熟読したり。
いい子じゃなくて、逃げてばかりで、困ってるようで困ってなくて。
そんな面倒くさいのが千石撫子という女の子なのです。

そしてそんな千石撫子が大好きな阿良々木暦お兄ちゃんに彼女が居ることを知った時から、
静かに物語は始まってて、ラスボスへと到る道に迷い込んでしまったのです。
そりゃー、忍野扇という少女の存在や阿良々木月火ちゃんという、
実は怖くて超絶ブラコンな妹のバッサリした行動が、
ラスボスへと到るまでに後押ししたのは確かなんですけど、
それもこれも千石撫子というキャラクターだからこそそこへ到った、
というのは反論のしようもないと思います。

阿良々木くんが妻妾同衾なキャラクターだったらまた違ったのかもしれませんが、
アレで阿良々木くんは戦場ヶ原に対して一途ですからね。
まぁ、撫子とは一緒のベッドで寝ようとしてましたが。

化物語セカンドシーズンはどれもがキャラクターを掘り下げていて、
そうすることで単なる萌えキャラでなくなり、ショックを受けざるを得ないんですが、
しっかりと面白いという手に負え無さがなんとも西尾維新だな、と。
アニメの化物語で花澤ボイスの撫子に萌え転がっていただけの人にとっては凶器的な。
そんな囮物語でした。

:: 2011/4/11 月曜日::

■[ラノベ]ガンバル駿河ちゃん「花物語」

花物語 (講談社BOX)
著者/訳者:西尾 維新
出版社:講談社( 2011-03-30 )
単行本(ソフトカバー) ( 292 ページ )
絵師サイト:青 春 電 繪 物 語 – 無名小站

第変話「するがデビル」は「猫物語 白」第懇話「つばさタイガー」と同じく、
阿良々木暦視点ではなく、ヒロイン視点で語られており、
即ち神原駿河が主人公であり語り部という形式になっています。
しかもてっきり「つばさタイガー」のサイドストーリー的な話かと思いきや、
時間もすっ飛び、阿良々木くんたちが卒業した後の神原が3年生に進級した直後の物語。

悪魔の左手が完治するまで忍野の目算で残り2年と言った所の神原だけど、
阿良々木くん視点では脳天気に見えながら結構繊細な神原駿河。
進級したある日、忍野の甥を名乗る後輩の扇やバスケ仲間の日傘から聞かされた、
相談したら何でも解決してくれる「悪魔様」の話が「無意識の自分」ではないかと疑い、
会える場所と聞かされた学習塾跡の焼け野原に行くと、中学時代のバスケの宿敵・沼地蝋花に会う…

今回は阿良々木くん視点ではないのでそのぶっ飛んだ行動は少ししか出てきてないですが、
少しでも充分変態というか、実妹と爪切りプレイとか実妹への愛情が留まる所を知らない状態で、
正直大丈夫かこいつと思わざるを得ないのですが、まぁ阿良々木くんですからね!
阿良々木くん以外では貝木と電話口の火憐ちゃんとくらいしか既存のキャラが出てこないという、
神原と新キャラメインな悪魔な話なんですが、神原の区切りを付ける話としては納得な内容でした。

しかし会話の端々に出てくる羽川のその後だとか聞いてると、
そっちの話も読みたいし、「つばさタイガー」の神原視点ではどうなってるのか気になるのですが、
まぁ、次回はなでこメデューサなのでいつか出るかも知れない話を期待しながら、
ボチボチと生きたい所であります。

HTML convert time: 3.928 sec. Powered by WordPress