りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!
:: 2012/6/22 金曜日::

■[漫画]クロエがまだ二十歳だった頃「BLOOD ALONE」8巻

BLOOD ALONE(8) (イブニングKC)
著者/訳者:高野 真之
出版社:講談社( 2012-06-22 )
コミック ( 186 ページ )
作者サイト:高野真之のHP
作者twitter:高野真之 (masayuki_takano) on Twitter

今回はほぼ全編がクロエが20歳の時の過去編となっているので、
表紙を飾っているミサキは殆どといって良いほど出番がありません。
なのでロリ分は足りませんが、クロエが女性の尻に敷かれているのは相変わらずなので、
ある意味いつも通りの「BLOOD ALONE」と言えるのかも知れません。

吸血鬼を狩る狩猟者としてまだ駆け出しのクロエが若かりし頃、
霧けぶる冬のロンドンで起こった、ある事件の記憶。
今回はクロエはむしろ脇役で主役はクロエの恩人にして、
先輩狩猟者、そして何よりミサキの父親である湊レイジ。

亡き妻の仇を討つために狩猟者として暮らし、
クロエとノエルの師として吸血鬼を狩る一本芯の通った男。
その圧倒的な力もさることながらブレない姿は格好いいですよね。
まだこの頃のクロエが色々と初心な所を見せるギャップも相まって、
大人の男を見せられる感じがします。

復讐の螺旋の中、自分はどう在るのかという命題を突きつけられるような過去編でしたね。
何故ミサキが吸血鬼となっているのか、クロエの立場はどのようなものなのか、
そういった物語の核心へと少しずつ迫っているようにも見えます。
まぁ、それはそれとして次の9巻ではもう少しミサキの出番が増えたら良いですね。
やはりミサキがいてこその「BLOOD ALONE」だと思いますので。

:: 2011/2/24 木曜日::

■[漫画]新天地で始まる夜の物語「BLOOD ALONE」7巻

BLOOD ALONE(7) (イブニングKC)
著者/訳者:高野 真之
出版社:講談社( 2011-02-23 )
コミック ( 186 ページ )
作者サイト:高野真之のHP
作者twitter:高野真之 (masayuki_takano) on Twitter

長期間の休載から復帰したと思ったら、突然「電撃大王」からの移籍が決まり、
しかも移籍先がどちらかというと硬派寄りな雑誌「イブニング」だから驚きです。
イブニングKCとして再刊行されてましたが、この7巻からが未収録となるので、
「電撃大王」版で追いかけていた人たちはこの7巻から買うと良いかと。

掲載誌が変わったことで内容に若干硬派なものが混じってますが、
基本的にはクロエとミサキの、親子のような恋人のような二人が描かれています。
旧知の友人が吸血鬼の少女と恋をして、添い遂げようとするのを目の前にして、
自分たちと重ね合わさざるを得なく、ちょっと焦るクロエというのは新鮮ですね。

そのクロエもサイノメ関連の超常事件では硬派に決めてるのは、
イブニングっぽくはあるんだけど、ミサキの前でのアレコレを知っていると、
ちょっとほくそ笑んでしまったりも。(笑
ミサキの出番が少ないのは残念だけど、たまにはこういった展開も良いのかも。

まぁ、硬派になったとしてもスーツ姿のミサキとか、
そういったのが見られるのならそれはそれで有りかなー
とか考えている私が居ます。(笑
頑張る女の子ってのも可愛いもんです。(しみじみ

HTML convert time: 0.640 sec. Powered by WordPress