殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」2巻は4月22日発売!
おじさん…!

:: 2011/2/24 木曜日::

■[漫画]新天地で始まる夜の物語「BLOOD ALONE」7巻

BLOOD ALONE(7) (イブニングKC)
著者/訳者:高野 真之
出版社:講談社( 2011-02-23 )
コミック ( 186 ページ )
作者サイト:高野真之のHP
作者twitter:高野真之 (masayuki_takano) on Twitter

長期間の休載から復帰したと思ったら、突然「電撃大王」からの移籍が決まり、
しかも移籍先がどちらかというと硬派寄りな雑誌「イブニング」だから驚きです。
イブニングKCとして再刊行されてましたが、この7巻からが未収録となるので、
「電撃大王」版で追いかけていた人たちはこの7巻から買うと良いかと。

掲載誌が変わったことで内容に若干硬派なものが混じってますが、
基本的にはクロエとミサキの、親子のような恋人のような二人が描かれています。
旧知の友人が吸血鬼の少女と恋をして、添い遂げようとするのを目の前にして、
自分たちと重ね合わさざるを得なく、ちょっと焦るクロエというのは新鮮ですね。

そのクロエもサイノメ関連の超常事件では硬派に決めてるのは、
イブニングっぽくはあるんだけど、ミサキの前でのアレコレを知っていると、
ちょっとほくそ笑んでしまったりも。(笑
ミサキの出番が少ないのは残念だけど、たまにはこういった展開も良いのかも。

まぁ、硬派になったとしてもスーツ姿のミサキとか、
そういったのが見られるのならそれはそれで有りかなー
とか考えている私が居ます。(笑
頑張る女の子ってのも可愛いもんです。(しみじみ

関連エントリー


BLOOD ALONE(8) (イブニングKC)著者/訳者:高野 真之出版社:講談社( 2012-06-22 )コミッ…

幼なじみは女の子になぁれ(1) (イブニングKC)著者/訳者:森下 真央出版社:講談社( 2014-04-23 )コミ…

幼なじみは女の子になぁれ(2) (イブニングKC)著者/訳者:森下 真央出版社:講談社( 2014-10-23 ) 作…

のりりん(9) (イブニングKC)著者/訳者:鬼頭 莫宏出版社:講談社( 2014-05-23 )作者サイト:パズルピ…

のりりん(8) (イブニングKC)著者/訳者:鬼頭 莫宏出版社:講談社( 2013-11-22 )コミック ( 200…


 Comments (1)

1件のコメント »

  1. >しかも移籍先がどちらかというと硬派寄りな雑誌「イブニング」だから驚きです。

     CHOCO先生がまさかの「イグナクロス零号駅」を連載再開なされたというタイミングと時を同じくして、高野真之先生が突如、イブニングに移ってこられたときには目を見張りました。イブニングはしっかり見ていたのですが、大王は余り見ていなかったので尚更です。……何があったんでしょうね? 出版社が異なるので少し気になる所ではありますが、新境地でも頑張って頂きたい所存です。そしてクロノスヘイズも再開して下さい(真剣

     全般的に月刊誌の太い種類は(BIRZとかOURs位が境界)繁忙期だとどうしても読む事をスルーしてしまう事が多いのですが、そんな中で唯一、読み欠かさないのが月刊アフタヌーン。……お願い斑目先輩をこれ以上、弄らないで幸せにしてあげてェ……。自己投写しやすいので巻き込まれ体質の斑目先輩が既定路線に巻き込まれるとやはり実に面白いのですが、一方で自己投写が過ぎて血を吐きますゲフゥ。
     あ、フランさん、以前のifストーリーはお教え頂き有り難う御座いました。私は「斑目先輩が幸せを感じているなら」ガンガン応援しちゃいますあのカップリングOKです!

     いもうとデイズは完結。見事な物語の収束手腕でした。最終巻も購入決定です。本当に良いお話でした。

     
    >上の妹ちゃんは大変なんだなぁ…

     下の妹ちゃんと併せてこの三姉妹、本当に楽しいのですなw

    Comment by Mya — 2011/2/25 金曜日 @ 13:47:31

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.375 sec. Powered by WordPress