殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」3巻は10月21日発売!
セガ公認メガドラミニ番外編も収録なるか?
:: 2011/9/30 金曜日::

■[漫画]家族団らんで大団円「FORTUNE ARTERIAL」7巻

FORTUNE ARTERIAL 7 (角川コミックス・エース 135-18)
著者/訳者:児玉 樹
出版社:角川書店( 2011-09-18 )
コミック ( 180 ページ )
作者サイト:きつねのてぶくろ

「FORTUNE ARTERIAL」も7巻目で見事完結。
瑛里華編をストレートに描いたコミカライズでしたが、
流石は児玉樹さんな出来でした。
やはりこの手の作品のコミカライズは児玉樹さんだなぁ。

島の吸血鬼と千堂家と東儀家の因縁が判った6巻から、
7巻に入ってからは孝平と瑛里華の二人が200年以上を生きる伽耶を相手に、
敵対ではなく「家族」になりたいという想いを真っ正直にぶつけ、
稀仁の遺志を伝えてわかり合っていくという展開に。

解決してハイ終わり、ではなくて伽耶と学校の時間も後半に十分持ってきて、
楽しげなみんなを描いたのは素晴らしいと思います。
また、描き下ろしの4コマと後書きに少しだけ見える一コマは、
演出面から考えても素晴らしいモノじゃないかな、と。

という訳で見事に家族団らんを最終回に持ってきて大団円を迎えましたが、
今度の児玉樹さんの新作は少年エースから魔女っ娘モノ「まほマほ」だとか。
今月発売のエースかららしいので既に読めると思いますので、
そちらも読んで応援していきたいですね。

:: 2011/3/26 土曜日::

■[漫画]恋する人の為、我が身を省みず…「FORTUNE ARTERIAL」6巻

FORTUNE ARTERIAL (6) (角川コミックス・エース 135-17)
著者/訳者:児玉 樹
出版社:角川書店(角川グループパブリッシング)( 2011-03-10 )
コミック ( ページ )
作者サイト:きつねのてぶくろ

想いは結ばれても吸血鬼の残酷な運命が孝平と瑛里華を翻弄する―。

平和な学園生活の裏側に張り巡らされた伽耶の思惑。
それを知ることで色々な感情が渦巻く二人。
6巻ということでどんどん物語の核心に迫ることになり、
また、瑛里華の限界も近付いてきて…?

という訳でコミカライズに定評のある児玉樹さんによる「FORTUNE ARTERIAL」の6冊目。
先月OAD付き限定版も出てますが、こちらは通常版。
通常版とはいえ表紙がロリ瑛里華ということもあり、お得感もあったりなかったり…?(笑

学園の日常的なエピソードが少なくなりシリアスな展開が続きますが、
孝平と瑛里華のラブっぷりはむしろ絶賛進行中で見所は沢山あります。
特に孝平の言動で赤面しまくる瑛里華はスンゴイ可愛いのです!
やはり元がエロゲなだけにこういったラブイベントが用意されてるのは良いですね!

さて、孝平の思い切った行動で謎が明らかになりつつありますが、
同時に瑛里華だけじゃなく孝平もピンチになってきて…
そろそろエンディングも近いと思うけど、どのようなラストを迎えるのか?
ハッピーエンドだとは思うんだけどホント気になるなぁ。

:: 2010/10/24 日曜日::

■[漫画]吸血鬼と眷属と人間と。「FORTUNE ARTERIAL」5巻

FORTUNE ARTERIAL (5) (角川コミックス・エース 135-15)
著者/訳者:児玉 樹
出版社:角川書店(角川グループパブリッシング)( 2010-10-26 )
コミック ( ページ )
作者サイト:きつねのてぶくろ

2ヶ月連続の刊行な上に今月は同作者による「てるてる天神通り」も同日発売という、
流石に今期から放送開始されたアニメと合わせたにしてもかなり無茶というか、
児玉樹さん大丈夫かしらと心配してしまうスケジュールですが、
一読者としては間を置かずに読めるのが嬉しいというのも本音だったりします。

前回から尾を引いて学園モノとしての内容はなりを潜めて、
核心となる吸血鬼の千堂家としきたりに縛られる東儀家を軸にした、
吸血鬼とそれに隷従する宿命を背負った眷属の物語になっています。

黒幕的な役割となる伽耶だけでなく、伊織も暗躍し、
瑛里華と孝平の二人は代理戦争に近いことになっていますが、
そこは本人たちの意志こそが重要で今後どういった展開になるかは二人の意志次第。

伽耶の眷属である桐葉が語る250年近く前の伽耶の様子と、
現在の伽耶の違いとなった確執を取り除くのが瑛里華と孝平の役回りだと思います。
まぁ、かなり大変そうではありますが、それこそが物語の核となり、
作品の面白さの醍醐味だと思うので二人の不器用な恋には頑張って欲しいトコです。

:: 2010/9/25 土曜日::

■[漫画]求められる覚悟「FORTUNE ARTERIAL」4巻

FORTUNE ARTERIAL (4) (角川コミックス・エース 135-13)
著者/訳者:児玉 樹
出版社:角川書店(角川グループパブリッシング)( 2010-09-25 )
コミック ( ページ )
作者サイト:きつねのてぶくろ

孝平の心からの言葉で人間を信じてみようと決心した瑛里華が、
陽菜に施したのは記憶の封印ではなく、全く逆の記憶の封印の解除。
封じられていた記憶を思い出したことにより、
陽菜だけじゃなく、瑛里華も一歩前進して孝平も一安心だけど…

吸血鬼と人間が織り成す複雑な人間関係は更に複雑になってきて、
眷属だったことが判った推定250歳の紅瀬さんの主が瑛里華たちの母親の伽耶だったり、
その伽耶さんがロリな見た目とは裏腹に根本的な女王様体質で、
中々にこの先大変そうで…

自分が何故こんなに瑛里華に対して色々と心を配ってしまうのか、
自分の中の恋心を自覚しちゃった孝平で恋模様もまた動きそうです。
ですが、相手の瑛里華がまだ吸血鬼としての懊悩を抱えていて、
それでも真摯な孝平に応えるように少しずつ前向きになっていくのはほっとしますね。

いやしかし児玉樹さんの手によるエロゲコミカライズはやはり良いですね。
綺麗に整った絵柄といい、安定した面白さがあって安心します。
続刊も早めに出るみたいだし5巻以降にも期待です。

:: 2009/10/31 土曜日::

■[漫画]ドキッ! スク水だらけのプール開き!「FORTUNE ARTERIAL」3巻

FORTUNE ARTERIAL (3) (角川コミックス・エース 135-11)
著者/訳者:児玉 樹
出版社:角川書店(角川グループパブリッシング)( 2009-10-25 )
定価:¥ 588
Amazon価格:¥ 588
コミック ( ページ )
ISBN-10 : 4047153044
ISBN-13 : 9784047153042
作者サイト:きつねのてぶくろ

そりゃもう学校なわけですからスクール水着なのは当然ですけど、
旧スクだとは随分マニアックな学校だと思わざるを得ないです。
まぁ、原作がエロゲなんでマニアックなのは当然かも知れません。
それにしても児玉樹さんが描くスク水姿はエロ可愛いし、おっぱいも申し分ないのですが、
中学時代に感じたクラスの女子のスク水姿を見ている時の、
何というかこう、いたたまれなさ的なものを思い出してしまいます。

かなでさん発案のバーベキュー大会に、
前述したプール開きとイベントは結構ありますけど、
3巻のメインは表紙にあるように紅瀬さんだったかな。
味覚が鈍感で、眠り姫な彼女の正体が垣間見られたんだけど、
そこはお節介焼きな主人公、孝平はそれでも受け止めて心を僅かに開かせます。

そう、この作品の主人公である支倉孝平はお人好しでお節介焼きなんですよね。
児玉樹作品にしては珍しくぶっきらぼうで三白眼じゃない主人公なんですが、
他人に伝染していく程のお人好しっぷりを持つってのも案外合うものですね。
恥ずかしい台詞を何気なくサラっと言っちゃうのはこっちが恥ずかしくなりますけど。(笑

そしてラストではメインヒロイン瑛里華が物語の中心に。
人間離れした所を陽菜を見られて動き出すエピソードだけど、
孝平の傍に一緒に居たからこそ、瑛里華の心も徐々に動かされてきたんだな…
というのが判る展開でちょっと微笑ましかったです。
結構良い所で終わっているので続きが楽しみですね。

:: 2009/1/12 月曜日::

■[漫画]原作既読も未読も楽しめる理想的なコミカライズ「FORTUNE ARTERIAL」2巻

FORTUNE ARTERIAL (2) (角川コミックス・エース 135-9)
著者/訳者:児玉 樹 オーガスト
出版社:角川グループパブリッシング( 2009-01-10 )
定価:¥ 588
コミック
ISBN-10 : 4047151629
ISBN-13 : 9784047151628
作者サイト:きつねのてぶくろ

私のオーガストに対する印象は「大当たりはしないけど決してハズレを作らない」
そして、「非常に優等生な作品」を世に出しているもので、
その期待を裏切らない安心感故かファンも多いように思えます。
で、そういった根強いファンが納得できるコミカライズを手掛けることが出来る人と言えば、
やはり児玉樹さんしかいないよなぁ、と読んでてしみじみと思いました。

基本的にメインヒロインの瑛里華を中心に据えて物語が進んでいくんですが、
サブヒロインのイベントもきっちり重要なトコは押さえてくれてるんですよね。
原作での人気投票No.1の陽菜には美化委員のメイド服を着させて、
しかも主人公の孝平とのラブコメ展開までしてくれる訳ですよ。
ラブコメ好きとしては非常に美味しいんですよねー

紅瀬桐葉や東儀白とのエピソードも交えつつ、孝平の成長物語としての側面も見え、
更に瑛里華と陽菜のプチ三角関係まで描かれてて、
読んでいると非常にニヤニヤしてしまいます。
いやはやラブコメ好きとしては(以下略

欠点があるとすれば漫画版の時点で滅茶苦茶面白いため原作に手が伸びないことでしょうか。
原作をやり混むことで漫画版との違いを把握する楽しみは生まれるでしょうし、
やはりエロゲなのでエロシーンまできっちり描かれている原作も魅力的ではあるのですが。
うーん、満足度が高すぎる故のジレンマです。
まぁ、漫画版のネタバレを見たくないので少なくとも完結するまでは原作はやらないだろうなぁ。(笑

:: 2008/7/25 金曜日::

■[漫画]稀代のエロゲコミカライズ作家が送る「FORTUNE ARTERIAL」1巻

FORTUNE ARTERIAL (1) (角川コミックス・エース 135-8)
著者/訳者:児玉 樹 オーガスト
出版社:角川グループパブリッシング( 2008-07-26 )
定価:¥ 567
コミック
ISBN-10 : 4047150819
ISBN-13 : 9784047150812
作者サイト:きつねのてぶくろ

「Canvas2」で原作を超える魅力を内包したコミカライズを成し遂げた児玉樹さんですが、
その実力を買われたのかオーガストの新作エロゲ「FORTUNE ARTERIAL」コミカライズ担当に抜擢。
期待に違わず漫画版の面白さは十全で、コンプティークという漫画雑誌としてはマイナーなのに大人気。
そしてこの度、待望の1巻発売となりました。

父の仕事の都合で転校を繰り返す主人公、支倉孝平は7年前に去った珠津島に戻り、、
幼馴染みの悠木姉妹との再会や級友の八幡平と知り合う機会に恵まれるんですが、
一番印象的な出会いを果たしたのは最初に歓迎してくれた千堂瑛里華との邂逅。

さい先良いのか悪いのか、兎に角面白い出会いになったのは間違いありません。

エロゲからエロを抜いた後に残るラブコメという魅力を120%発揮し、
そのすっきりとした読みやすい絵柄で読者に幸せな想いを伝えていきます。
勿論18禁にならない程度にはサービスシーンは用意されております。
具体的にはヒロイン瑛里華の入浴シーンに居合わせるトコとか。
ちなみにここでの一番の見所は全裸ではなく、見られて恥ずかしがる瑛里華です。
そして会長のイタズラだと判り瑛里華の為に食ってかかる孝平の事をを知って、
孝平に対する心象が変化するトコとかはラブコメとして非常に美味しいです。

1巻終盤で普通の学園モノだけではないことが判明する訳ですが、
やはりこの作品の見所はラブコメで間違いないので、
この設定をどう使ってそういった展開に持って行くのか楽しみです。
原作既読の人にもそうでない人にもお勧めしたい漫画です。
これからの極上のラブコメ展開に期待。

HTML convert time: 1.183 sec. Powered by WordPress