ベルセルク 41巻、12月24日発売予定…!
それは惜しいというには、存在が大きすぎた…
:: 2021/9/11 土曜日::

■[ラノベ]風が吹く前「精霊幻想記 20.彼女の聖戦」

精霊幻想記 20.彼女の聖戦精霊幻想記 20.彼女の聖戦
出版社:ホビージャパン
作者名:北山結莉
作者サイト:北山結莉
作者twitter:北山結莉さん(@yuri_kitayama) / Twitter
絵師名:Riv
絵師twitter:Rivさん(@rivleaf) / Twitter
連載サイト:精霊幻想記(Web版)
紙書籍通販:精霊幻想記 20.彼女の聖戦
Kindle版まとめ買い:精霊幻想記
DMM電子書籍:精霊幻想記 20.彼女の聖戦

ハルトに心臓を貫かれても復活した聖女エリカはガルアーク王国への聖戦を布告する。
勇者として召喚された彼女が王制打倒のために破滅的に邁進する原因は、
貴族の横暴と村人の愚かさによって自分と婚約者を殺された凄惨な過去だった。
一方、ガルアーク王国へと帰国したハルトは勇者沙月への訓練を行うが貴族の反感を招き…

うーん、このオチは何とも…
カラー口絵が不穏な感じだったので身構えてましたが…
端的に言うとうしとら的な展開ですね…
これはしばらく鬱っちゃう感じだなぁ…

前半はリーゼロッテの恋(無自覚)が可愛らしかったり、
ドヤ顔セリア先生が可愛らしかったりと微笑ましかったんですが、
途中からグレゴリー公爵の足の引っ張り合いが見苦しくなりましたね…
まぁ、予想通りちゃんとざまぁ展開だったのにはスッキリしましたけども。
騎士のウィリアムはわりと好感が持てたけれど、公爵は最後までダメダメでしたね。

そして聖女エリカとの戦いですが、
はじめは不死の彼女を封印するものだと思ってたんですよ。
ただ、途中から一気によくわからない展開になったと思ったらアレですからね…
かなりチンプンカンプンなところにオチがアレなわけで…
うーん、この先がどうなるのか読めないわ…

:: 2021/5/3 月曜日::

■[ラノベ]ハルトに仕える者の矜持「精霊幻想記 19. 風の太刀」

精霊幻想記19. 風の太刀精霊幻想記19. 風の太刀
出版社:ホビージャパン
作者名:北山結莉
作者サイト:北山結莉
作者twitter:北山結莉さん(@yuri_kitayama) / Twitter
絵師名:Riv
絵師twitter:Rivさん(@rivleaf) / Twitter
連載サイト:精霊幻想記(Web版)
紙書籍通販:精霊幻想記 19.風の太刀
Kindle版まとめ買い:精霊幻想記
DMM電子書籍:精霊幻想記 19.風の太刀

聖女エリカから辛うじてリーゼロッテを救出できたハルト。
しかし覚醒勇者の圧倒的な能力には手ひどくやられてしまう。
ハルトが負傷しているのを好機と見たレイスは、
逆恨みに燃える天上の獅子団を使嗾してガルアーク王国に強襲を仕掛けて…

かつてハルトが危惧した通り、ハルトを恨む者たちが美春たちを襲うことになり、
レイスのチートな能力と傭兵たちの悪逆さに背筋が凍る思いでしたね。
サラにアルマといった精霊の里出身の女の子たちが強いのは分かってましたが、
それにしたってレイスに何枚も切り札をきられて窮地に陥ってしまったのにはハラハラしました。

でも、だからこそそこに間に合ったゴウキたちが輝いてましたね。
ハルトの両親にして親友夫婦の敵討ちに助力することは叶わなかったけど、
その仇敵の部下たちからハルトの大事な人たちを守ることが出来たとか、
武士として本懐を遂げたようなものでしょう。
ゴウキ夫妻は本当に良い仕事をしてくれたなぁ。

ただ、ハルトの手札が次々と明らかにされたため、
ガルアーク王国でもハルトの出生の秘密とかがバレる可能性もあるわけで…
しかもレイスがこれからも暗躍し、聖女エリカが侵攻してくるんだよなぁ…
ハルトはこれからも大変ですね。
とはいえ味方も多く、そして強いことが今回よく分かったので多少は安心できるかと思います。
女性関係に関してはゴウキさんは力になれそうもないですけどね…!w

:: 2020/12/17 木曜日::

■[ラノベ]破滅の聖女「精霊幻想記 18. 大地の獣」

精霊幻想記18. 大地の獣精霊幻想記18. 大地の獣
出版社:ホビージャパン
作者名:北山結莉
作者サイト:北山結莉
作者Twitter:北山結莉さん (@yuri_kitayama) / Twitter
絵師名:Riv
絵師Twitter:Rivさん (@rivleaf) / Twitter
連載サイト:精霊幻想記(Web版)
紙書籍通販:精霊幻想記 18.大地の獣
Kindle版まとめ買い:精霊幻想記
DMM電子書籍:精霊幻想記 18.大地の獣

聖女エリカを名乗る勇者・桜葉絵梨花に攫われたリーゼロッテを助ける為、
エリカを追うことになったリオとアリア。
そしてリオを危険視するレイスはリオを二重尾行し、
更には帝国で強襲部隊を編成しつつあり…

リオはチートだと思ってましたけど、
本当のチートは勇者なんですね…
リオは努力と才能でチートに近い実力を得ているだけで、
神から与えられただけで大地を揺るがす力を得たとか、
勇者は本当にチートだわ…

エリカだけど、民衆が破綻することをわかっていながら王制を破壊しようとしているような…
王制による権力構造で婚約者を殺されてしまったなら、
破滅願望を抱いて民衆を率いてこの世界がどうなろうとも、
王制を全部破壊してしまおう、というつもりなのかも知れませんね…

それにしてもレイスは本当に不気味ですね。
こいつだけは何をやるつもりなのかさっぱりわかりません。
敵討ち部隊はリオを襲うつもりなのか、それともガルアーク王国の仲間を襲うつもりなのか…
後者の場合ならムラクモからの部隊が活躍してくれそうですね…

:: 2020/9/19 土曜日::

■[ラノベ]聖女STRIKE!「精霊幻想記 17. 聖女の福音」

精霊幻想記17. 聖女の福音精霊幻想記17. 聖女の福音
出版社:ホビージャパン
作者名:北山結莉
作者サイト:北山結莉
作者twitter:北山結莉さん (@yuri_kitayama) / Twitter
絵師名:Riv
絵師twitter:Rivさん (@rivleaf) / Twitter
連載サイト:精霊幻想記(Web版)
紙書籍通販:精霊幻想記 17.聖女の福音
Kindle版まとめ買い:精霊幻想記
DMM電子書籍:精霊幻想記 17.聖女の福音

ガルアーク王国での平和な日々の中、
シャルロット王女の要望で護衛騎士たちへの教導をすることになったリオ。
女性ばかりで居たたまれなさがありながらも平穏で充実していたけれど、
復讐が完遂した報告のためにも精霊の民の里へ行くことになり、
セリアも一緒に赴くことになるんだけど…

セリアなら大丈夫だと思ってましたけど、やはり精霊の民たちにはすんなり受け入れられましたね。
やはりその性格もさることながら、リオの恩師というのが大きそうです。
そして精霊の里でまさかの再会をすることになったらカラスキ王国の忠臣たちですが、
ゴウキたちは納得なんですが、サヨとシンの兄妹も一緒とは…
サヨさん、本当にリオのことが好きなんだなぁ…

それだけにリオのハーレム(仮)を見て萎縮してしまわないかと心配だったのですが、
そこは美春ちゃんが良い仕事してくれましたね。
まさかこの二人にこんな共通点があったとは気付きませんでした。
意外とサヨさんにもワンちゃんあるのかもしれない…

しかし聖女の来襲には驚きましたね。
言ってることが無茶苦茶だと自覚してそうなのに、
あそこまでやることが強引なのは破滅願望でもあるのでしょうか…
好きな人と絶対に会えなくなったから自暴自棄にでもなってるのかな…
まぁ、勝手に召喚されたんだから正当な怒りだとは思いますが、
リーゼロッテさんは完全にとばっちりだよね…

それはそうと坂田弘明くんですが…
彼はずっとオタ活していたらかなり平和なのではないでしょうか…w
正直ちょっと可愛く思えてきた今日このごろですw

:: 2020/4/11 土曜日::

■[ラノベ]これぞハーレムラブコメ!「精霊幻想記 16. 騎士の休日」

精霊幻想記16. 騎士の休日精霊幻想記16. 騎士の休日
出版社:ホビージャパン
作者名:北山結莉
作者サイト:北山結莉
作者twitter:北山結莉 (@yuri_kitayama) | Twitter
絵師名:Riv
絵師サイト:SOLOIST
絵師twitter:Riv (@rivleaf) | Twitter
連載サイト:精霊幻想記(Web版)
紙書籍通販:精霊幻想記 16.騎士の休日
Kindle版まとめ買い:精霊幻想記
DMM電子書籍:精霊幻想記 16.騎士の休日

Web版を読んでたんですがここ最近の更新はないし、
そもそもここしばらく文庫版と内容が分岐しちゃってるので、
年末年始あたりに既刊がKindleでセールだったので読破し、
この度最新巻を購入して追いついた次第です。

前世の名前であるハルトを偽名として名乗りながら、
リオとしての人生の仇敵であるルシウスを討ったことで、
一区切りがついたんだけど、
ハルトとしてではなく、あくまでリオとしての人生をいきてくることにして…

うーん、とってもハーレムルートですね。
ハルトを巡って恋心を表に出すか出さないかの違いだけで、
みんなハルトにラブってるのが最高にニヤニヤできますね。
幼馴染みスキーの私は美春推しなんですが、
ライバルが手強すぎるのがちょっと心配ですね。

召喚勇者は瑠衣と沙月以外はちょっと印象が悪いんですが、
今回Web小説のことで怜くんと盛り上がっている弘明を見てると、
ちょっと好感度が上がってしまいましたねw
たまたま貰ったチート能力で無双したいだけの努力もしないイキリ馬鹿という認識だったんですが、
単なる年相応の男の子なんだな、と思わされたというか。
彼は怜くんとオタトークしているだけの方が幸せなんじゃないかな…

それにしてもWeb版とは結構分岐しましたね。
はたして次はどうなるのかな。
そろそろカラスキ王国の人たちと再会したりしないかな?
とは思うのですが、ラストになんか変な人も出てきたし…
うーん、読めない…

HTML convert time: 0.738 sec. Powered by WordPress