ベルセルク 41巻、12月24日発売予定…!
それは惜しいというには、存在が大きすぎた…
:: 2021/9/27 月曜日::

■[漫画]王太子媚薬事件「Unnamed Memory」2巻

Unnamed Memory2巻Unnamed Memory2巻
出版社:KADOKAWA
原作者名:古宮九時
原作者サイト:Unnamed Memory -info-
原作者twitter:古宮九時さん(@furumiyakuji) / Twitter
作者名:越水ナオキ
作者サイト:15th floor
作者twitter:越水ナオキさん(@miz2215th) / Twitter
紙書籍通販:Unnamed Memory (2)
Kindle版まとめ買い:Unnamed Memory
DMM電子書籍:Unnamed Memory (2)

「沈黙の魔女」に子孫を残せない呪いを掛けられた王太子オスカーと、
オスカーが塔を攻略した報酬に結婚を申し込まれた「青き月の魔女」ティナーシャ。
二人の王都での日常は少しずつ波乱に満ちたものへと移り変わっていきそうで…

1巻では殺人事件だったので、次はどんな凄惨なことが起こるのかと思ってたら、
まさかの王太子媚薬事件とは…

わりと明け透けに迫っていたのであまり感じなかったんだけど、
オスカーにも普通に性欲があったんだなぁ。
ティナーシャのおっぱいと絶対領域に惑わされるとは、
良い審美眼を持ってらっしゃる。

王太子に媚薬を盛るとか、セキュリティどうなってるのかと思ったけど、
叔父にあたるパスヴァール公爵が主犯だったということで納得です。
というかこの公爵、身元もよくわからない老魔法士に言われたことを信じたり、
迂闊にもほどがあるというか、考えが足りないというか。
自分にとって有益な情報に飛びつくあたり、軽率にすぎますよね…
そりゃ、こんなのが叔父だとオスカーもあんな顔をするわなぁ…

まぁ、今回はティナーシャが魔女だったことで事なきを得ましたが、
こんな嫌がらせのような事件も全てはドルーザの魔法湖の異変に続いており、
それを見破ったティナーシャが解決に向かうことに。
オスカーもついてきて、更には護衛たちも当然来るんだけど、
そこにオスカーのことが好きなメレディナがいることで、
ちょっと複雑なことになってるのが微笑ましいんだけど、ピンチでもありますね。

自分が好きな人が自分以外に夢中で、
しかもその相手が自分より強くて美しいとか、
そりゃ焦っちゃうよなぁ…
それでも自分ができることを頑張ってるメレディナは健気で可愛いと思うんですよ。

とはいえメレディナはティナーシャが魔女だということも知らないし、
オスカーに結界が張られていることを知らないのが可哀想だったというか…
まるでピエロのようでちょっと可哀想でしたね。

次の3巻で今回の一連の事件が一段落しそうですが、
メレディナの乙女心がどうなるのか心配なところです。

:: 2021/4/23 金曜日::

■[漫画]悠久の魔女と努力家の王子「Unnamed Memory」1巻

Unnamed Memory1巻Unnamed Memory1巻
出版社:KADOKAWA
原作者名:古宮九時
原作者サイト:「Unnamed Memory」 書籍情報
原作者twitter:古宮九時さん(@furumiyakuji) / Twitter
作者名:越水ナオキ
作者サイト:15th floor
作者twitter:越水ナオキさん(@miz2215th) / Twitter
紙書籍通販:Unnamed Memory (1)
DMM電子書籍:Unnamed Memory (1)

悠久の時を生きる5人の魔女が陰ながら君臨する大陸に存在する大国ファルサスの王太子オスカー
「沈黙の魔女」に掛けられた子孫を残せない呪いを解くため、
塔を踏破すれば褒美が授けられる「青き月の魔女」ティナーシャの塔を攻略するも、
呪いではなく祝福であるため解呪が難しいと言われてしまう。
そこでオスカーは胎児の力に母体が耐えられないという呪いに打ち勝てるティナーシャを妻にと望むが断られ、
折衷案として1年一緒に過ごすことになるが…

同名のライトノベルのコミカライズで、作画担当は「絶対ナル孤独者」の越水ナオキさんです。
原作はこのラノでも高評価で面白そうなんだけどまだ手を出してない状態だったので、
これ幸いとばかりに飛びついて読み始めた次第であります。
越水ナオキさんのコミカライズの実力は「絶対ナル孤独者」で存じていますので、安心ですしね。

まずオスカーのキャラが良いですよね。

真面目で努力家で部下思いで戦闘力も高いイケメンと完璧なんだけど、
塔の攻略をほぼ独力でやっちゃおうとする向こう見ずなところと、
初対面のティナーシャを妻に迎えたいという破天荒さもあるのが魅力的です。
GS美神で高島がメフィストに願った「俺に惚れろ!」並みに良い願いだと思いますw

そしてティナーシャも良いです。

数百年を生きているとは思えない若々しい反応も良いし、
妻になるのは断ったのにオスカー相手にはわりと気を許してるところも良いし、
宙に浮かんでリラックスしてるのも良いです。

塔から降りて身分を偽った生活をして早々に殺人事件に巻き込まれたりと、
大変な目に遭ってますが、これから更に大変なことになりそうな予感がビシビシしてますね。
この1巻はまだ序盤でしょうが、既に充分以上に面白いのでこれからの展開に期待が持てますね。
2巻も楽しみです。

ComicWalkerでも連載中なのでそちらで第1話と2話まで読めますのでどうぞ。

HTML convert time: 1.087 sec. Powered by WordPress