本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第五部「女神の化身Ⅻ」 12/9発売!
遂にシリーズ完結!
:: 2024/1/21 日曜日::

■[漫画]全ての戦いは勇者のためにせよ!「ドラゴンクエスト ダイの大冒険 勇者アバンと獄炎の魔王」9巻

勇者アバンが魔王ハドラーに挑む戦い…!
仲間たちが勇者を万全の状態でハドラーの元まで辿り着かせるために、
満身創痍になりながら敵と戦う姿はとても熱いです!
特にロカはダイの時代まで生きていないだけに、その生命の燃焼具合にはハラハラします。

ロカは勇者の親友というポジションがポップと同じで、
その親友のために命を削るところまでポップと同じなんだよなぁ…

ただ、ロカには竜の騎士の血という神々の遺産はなく、
全身全霊を掛けて戦ったという事実しかないんですよね…
良い男なだけに、生命を燃やし尽くしてしまうその在り方が惜しいです。

そしてその妻であるレイラもまた気高かった…!

ダイの時代の回想で出てきたポーズですが、
悲壮感ではなく、使命感があるものだったんですね。

それにしてもレイラが相対している敵が、
フレイザードの前身とも言えるのが面白いですね。
マァムと似たようなことになっているあたり、運命を感じます。
もっとも、マァムと違って僧侶としてだけではなく、
影女として戦うからこそ、撃破できたんですけどね。
マァムも武闘家として修行を積んでたらフレイザードも単独撃破できたかもですね…

そして最後に地獄の騎士バルトスと対峙するアバンですが…
ここからの展開は熱いですよ。
バルトスとの決戦もそうだけど、ハドラーとの決戦も楽しみですね。
無刀陣とアバンストラッシュ…
どのようにしてこの二つの必殺技を打つに至ったかが気になります点!

:: 2023/8/6 日曜日::

■[漫画]魔法使いたちの戦い「ドラゴンクエスト ダイの大冒険 勇者アバンと獄炎の魔王」8巻

アバンストラッシュが完成したこともあり、ついに魔王ハドラーを倒すために再度集った勇者一行。
対するハドラーは一度封印されたこともあって心境の変化が有ったようで、
側近であるガンガディアの献策を受け入れて待ちの姿勢に入って…

魔王ハドラーの居城に乗り込むのにたった4人というのは、
さすがに物量の差で押し潰されるだろうと思ってましたが、
ダイの最終決戦の時のように各地から援軍が駆けつける展開が有ったのは熱かったですね。
特に国家元首自らが乗り込むあたり、カールのフローラ王女からは愛が感じられますよ。

これほどの信頼と愛を受けておきながら、
十年以上も放置プレイをかますとか、アバン先生って非道いよなぁ…w
まぁ、何かしらの事情がこの後に描かれる可能性もありますけども。

そして攻め込んだ先でついに再び見えたガンガディアですが…
敵ながら憎みきれない、尊敬できる強者なんですよね。
この外伝で初めて出てきたキャラなんだけど、
頭脳派なボストロールという強みをここへきて前面に押し出してきて、ゾクゾクしちゃいました。

確かに魔法戦だったらメドローアを会得したマトリフが圧倒的に有利なので、
魔王ハドラーの腹心として、勝利のために理性的に考えた上で、
メドローアを撃たせないために、ボストロールの物理の力を倍加させるために、
ドラゴラムを使うというのが最高に熱い…!

マトリフとガンガディアの戦いはポップとシグマの戦いのように、
お互いの実力を認め合い、勝利した相手に土産を渡す、というところまで一緒でしたね。
この土産となった魔導書が後にアバンが受け取り、ダイの修行に活かされたんだなぁ…

そしてロカが挑む相手ですが…
ロカがダイの時代で故人となっている理由は間違いなくこの戦いだと思うので、
次巻での戦いは目が離せませんね…!

:: 2023/4/24 月曜日::

■[漫画]必殺剣の完成「ドラゴンクエスト ダイの大冒険 勇者アバンと獄炎の魔王」7巻

勇者アバンが”凍れる時間の秘法”によって魔王ハドラーを封印し、
束の間の平和を甘受している人間たち。
しかし、時間はいつまでも凍ったままではいてくれず、
魔界の神の手引きによって封印は破られようとしていた…

マトリフが厳重に封印されたハドラーを守っていたというのに、
ザボエラが見付け、クロコダインが潜入するという、悪の連携で強奪されるのは、
魔王軍ながら見事と思いました。
ただ、まさか解呪の方法をミストバーンがガンガディアの手を操って教えたとは思いませんでした…w

天使の自動筆記ならぬ、悪魔の自動筆記だな…!
もっとこう、古文書をさり気なく置いておくとか、
そういった方法で手助けするもんだと思ってましたが、文字通り手を助けるとは…
これが神の見えざる手か…w

ハドラーと同時に復活したアバンは、
直後に襲われるも、無刀陣の端緒となるような技の切れを見せるだけでなく、
勇者アバンもダイの時と同じようなアバンストラッシュの完成形を見せてくれ、
更にマトリフ師匠もポップと同じようなメドローアの見せ方をしてくれて…
本当に、往年のファンとしては感動に打ち震えてしまいます。

それと最後にもう一つニヤリとしたのが、ハドラーの根城を攻める時の拠点ですね。

これはかつてヒュンケルに一度敗れたダイとポップが、
バダックさんに匿われた場所ですね。
ということは、アバン先生がライデインを覚える可能性もあるのだろうか…
8巻が今から楽しみです…!

:: 2022/12/5 月曜日::

■[漫画]凍れる時間の秘法「ドラゴンクエスト ダイの大冒険 勇者アバンと獄炎の魔王」6巻

空烈斬に開眼し、アバンストラッシュの完成に一歩近付いたアバンだったが、
それを極めるのは難しく、命中率も中々上がらずにいた。
しかしハドラーの進行は待ってくれず、世界中で危機が陥る中で、
レイラのお腹の中に命の息吹を感じたアバンは秘法をもってハドラーを封じることにして…

ついに”凍れる時間の秘法”が使われる場面になりましたね…!
本家ダイでブロキーナ老師が過去の回想で語られてましたが、
今回、その全貌が明らかになるのです…!

日食の日時を知るのは学者のジュニアール家ならわかるだろうけど、
どうやってハドラーをおびき寄せたのか疑問だったのですが…
まさか鏡通信をやり返して挑発するとか、アバン先生も良い趣味してますよ…w

マトリフ師匠がこの時点ではメドローアを習得していないのは分かってましたが、
その兆しを師から教えられ、ガンガディアとの戦いでコツを掴んでいたとは…!
こういった展開の熱い妙味は、とてもダイの大冒険っぽくて最高ですよね。

そしてアバンが齎した束の間の平和の恩恵を受けたロカですが…

とてもロカらしいすがすがしさと誠実さが感じられましたね。
アバン先生との何気ない約束を覚えてるだけでなく、
きちんと履行するとか、気持ちの良いバカっぷりでしたよ。
流石はアバン先生とマトリフ師匠の親友だな、と感じ入りました。

それとパプニカの危機に駆けつけて空列斬を放つアバン先生が、
鬼岩城の時に駆けつけたダイの対比になってたし、
この時に倒したキラーマシンがその後レオナを危機に陥らす伏線になってたり、
本家ダイの大冒険との繋がりが感じられる描写が多々あって面白かったです。

次巻ではハドラーとアバンの封印が解かれるはずなので、
そこから空烈斬の完成、無刀陣の習得、があるんでしょうね。
まだまだ面白くなりそうです…!

:: 2022/7/15 金曜日::

■[漫画]マトリフの故郷「ドラゴンクエスト ダイの大冒険 勇者アバンと獄炎の魔王」5巻

アバンの修行のためマトリフの故郷ギュータへやってきたアバンたち。
伝説の賢者バルゴートが開いたと言われる隠れ里のような修行場で、
アバンは空を斬るための修行を自らに課すのだが…?

勇者のレベルアップのために魔法使いの故郷に来て、
魔法使いがボコられるという展開が本家ダイの大冒険そのまんまでしたね。
物語の展開まで含めて本家を彷彿とさせるものがありますが、
直接的に関わっているものもあります。
それがこれです。

凍れる時間の秘法。

古文書を頼りに研究を重ねてきた、
と言っていたのでアバンの実家に伝わる古文書かと思ってたんですが、
マトリフの師匠が持っていたんですね。

アバンが凍れる時間の秘法を使ったのは、
アバンストラッシュが未完成の時だったはずなので、
空裂斬を身に付ける前にハドラーとの決戦があると思ってたんですが…
空裂斬がキギロの核に当たらなかったことからまだ極められていないのか、
それともAタイプとBタイプの使い分けが出来ていないのか…
はたまた無刀陣を習得する前、という意味があるのかもしれませんね。

そして偽勇者たちとパーティーを組んでいたまぞっほ。

彼が若い頃にマトリフと兄弟弟子だったことは本家でも語られていましたが、
それがこのギュータの地だったということには納得です。
厳しい修行とおのれの本質を突きつけられ、
乗り越えられずにドロップアウトしてしまったんだなぁ…
これを乗り越えられるのが数十年後、極北の地というのは数奇な運命だと思いますよ。

それにしてもマトリフとカノンさんの話はなぁ…
悲しいけれど、最期に会えたのは幸せなのではないかな、とも思いますね…

:: 2022/7/14 木曜日::

■[漫画]大地を斬り、今、海を斬る…!「ドラゴンクエスト ダイの大冒険 勇者アバンと獄炎の魔王」3,4巻

アバンの次の目的地は海破斬の修行が出来る場所。
ダイたちとは違って目標となる技が見えてない状態なのに、
次に目指す技を掴めているあたりがとても天才なんですよね…
暗中模索の状況で要件定義が的確にできるのは天才以外の何者でもないですよ。

そんな状況の中でもエロを忘れないマトリフってばマジエロ親父ですね…!

あぶない水着とか、ドラクエシリーズでは必須級のアイテムですし!
それを躊躇無く着てしまうあたり、レイラってばデンジャラスですわー

もちろん元祖ドラクエへのリスペクトではありません。
本家ダイの大冒険へのリスペクトもしっかりあります。
アバンが海破斬を会得した時のポーズがダイと全く同じなんですよね。

こういった細かいところから、
ザボエラとザムザというわかりやすいところまで、
色々とダイの大冒険へのリスペクトが詰まっているからとても興奮するのですよ。

4巻ではアバンと戦いにハドラー自らがやってきてましたが、
確かにダイの大冒険でアバンがキルバーンに言ってましたもんね。
ハドラーはアバンとの戦いの最前線にやってきていた、と。
とはいえ戦場になったサババの港は可哀想でしかないのですが…
ダイの大冒険でもヒムとダイたちの戦場になっていたからなぁ…
そういう運命なのかもしれない…

そしてハドラーはハドラーなりに自らを強化していて、
それでもアバンに破れた結果としてバーンからの声を聞くことになるんですが…

ハドラーはこの時点では魔界のことは知っていても、
大魔王バーンのことは知らない、ということなんでしょうね。

魔界を知っていてもそれは表層に近いところでしかないのか、
それとも魔界が想像以上に広くて深いのかはわかりません。
まぁ、幽遊白書の朱雀たちが雷禅たちを知らなかったみたいなものかもしれない…

それはそうとレイラとロカですが、
もう少しラブコメするかと思いきや、案外さっくりとまとまりましたね。
二人の仲が深まるのは微笑ましいんだけど、
ロカはどこかの時点では亡くなってしまうのがわかっているからなぁ…
それが今からツラいです。

HTML convert time: 0.181 sec. Powered by WordPress