殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」2巻は4月22日発売!
おじさん…!

:: 2011/7/22 金曜日::

■[ラノベ]夏目は割りと懲りない自業自得「東京レイヴンズ 5 days in nest II & GIRL AGAIN」

東京レイヴンズ5 days in nest II & GIRL AGAIN (富士見ファンタジア文庫)
著者/訳者:あざの 耕平
出版社:富士見書房( 2011-07-20 )
文庫 ( 398 ページ )
作者サイト:あざログ
作者twitter:あざの耕平 (k_aza) on Twitter
絵師サイト:—マッチョリ—
絵師twitter:すみ兵 (suminiku) on Twitter

前回に引き続き短編&中編の二重構成になっており、
内容も同じく1年生の頃の短編と鈴鹿を交えての中編になっています。
それぞれは特にバトルらしいバトルもなく、
全体的に平和な雰囲気に満ちている穏便な5巻です。
どうやら次回はバトルらしいですが…

短編は年末年始に一泊二日で帰省した夏目と春虎の何気ない雪道の会話を描写しただけの静かな話の他に、
寮の夕食が出ない日にみんなで鍋やったら酒飲んでベロンベロンになってしまう話だったりと、
PTAに推奨されたいのか勧告されたいのか分からなくなる構成だったりします。(笑

しかし特に注目してしまうのは、意外と動物好きな春虎が、
動物恋しさに無意識にコンの尻尾を触りまくって、それに夏目が激昂するという、
春虎の良い人ポジションを争う二人(もとい一人と一匹)の仁義なき戦いですね。
というか夏目は自分のスキルを無駄に使いすぎというか、
北斗という少女を作り出した時の教訓が全く活かされてませんね!

春虎を騙してしまうことにより言い出せないもどかしさと罪悪感に落ち込むとか、
中編でもやってたけど、何というかアホだなぁ、と。
その隙にコンではなく夏目と似た立場の鈴鹿が良い人ポジションを奪取する機会を得そうで、
春虎の鈍感さによる世知辛い恋愛事情は少女達には大変そうです。
春虎奪取は鈴鹿と夏目のどちらが早く素直になるかに掛かってる気がします。

しかし鈴鹿と京子の関係は意外というか、鈴鹿と夏目と京子で三竦みが出来そうですね。
こりゃー、次回以降も楽しみですわい。

関連エントリー


東京レイヴンズ4 GIRL RETURN & days in nest Ⅰ (富士見ファンタジア文庫)著者/訳者:あざ…

東京レイヴンズEX3 memories in nest (ファンタジア文庫)著者/訳者:あざの 耕平出版社:KADOK…

東京レイヴンズEX1 party in nest (富士見ファンタジア文庫)著者/訳者:あざの 耕平出版社:富士見書房…

東京レイヴンズEX2 seasons in nest (ファンタジア文庫)著者/訳者:あざの 耕平出版社:KADOKA…

東京レイヴンズ (13) COUNT>DOWN (富士見ファンタジア文庫)著者/訳者:あざの 耕平出版社:KADOKA…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.921 sec. Powered by WordPress