殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」2巻は4月22日発売!
おじさん…!

:: 2013/7/22 月曜日::

■[ラノベ]雛鳥たちのコメディな日常「東京レイヴンズEX1 party in nest」

東京レイヴンズEX1 party in nest (富士見ファンタジア文庫)
著者/訳者:あざの 耕平
出版社:富士見書房( 2013-07-20 )
文庫 ( 264 ページ )
作者サイト:あざログ
作者twitter:あざの耕平 (k_aza) on Twitter
絵師サイト:—マッチョリ—
絵師twitter:すみ兵 (suminiku) on Twitter

あの驚異的なヒキで第一部が終わった本編はちょっとお預けで、
今回からEXが付くようになった東京レイヴンズ短編集の発売です。
この短編集は時系列がまだ春虎たちが一年生の頃の話なんですよね。
だから鈴鹿はまだ出てこないからちょっとツンデレ女子分が不足気味かも?
まぁ、何故か挿し絵には鈴鹿が天馬の妄想とはいえで出てきてるんですけど。(笑

短編集ということもあってか春虎以外のキャラがメインの話ばかりです。
隠形出来なくなったコンが陰陽塾で騒動を起こしまくったり、
夏目とデートすることになった京子が張り切ったり、
誕生日をサプライズで祝われるはずがカオスなオチが待っている天馬の話だったり、
霊災に遭った冬児が未だ引きずる後遺症の話だったり、
北斗と春虎が出会った頃のエピソードだったりが綴られています。

しっかし、本編のシリアスさが微塵も感じられないコメディっぷりですね!(冬児除く
特に天馬の短編のオチがもの凄いツボって比喩抜きで腹を抱えて笑い転げましたよ。
このシーンは是非アニメで見たいんですが、今度のTVアニメで放映されないですかねコレ!(笑
それと今回の短編で一番可愛かったのはコンでしょうか。
本編でその正体が判っているとそのギャップで更に萌えることが出来ますしね!
あと、倉橋塾長も年甲斐もなくお茶目すぎて可愛いと思います。

第一部終盤の盛り上がりが激烈だったので忘れそうになりますけど、
あざの耕平さんは短編コメディも上手いんですよねー、ホント。
またたまにはこうやって短編集を出してくれると嬉しいですね。
まぁ、今は早く第二部を出してくれ! と思ってしまいますけど。(笑
いや、ホント早く出してくれないでしょうか…
おそらくTVアニメが放映開始と同時期になるんだろうから、
9月か10月発売になるんだろうけど…
うーん、待ち遠しい!

関連エントリー


東京レイヴンズEX2 seasons in nest (ファンタジア文庫)著者/訳者:あざの 耕平出版社:KADOKA…

東京レイヴンズEX4 twelve shamans (ファンタジア文庫)著者/訳者:あざの 耕平出版社:KADOKAW…

東京レイヴンズ 15 ShamaniC DawN 出版社:KADOKAWA 作者名:あざの耕平 作者サイト:あざログ …

東京レイヴンズ4 GIRL RETURN & days in nest Ⅰ (富士見ファンタジア文庫)著者/訳者:あざ…

東京レイヴンズEX3 memories in nest (ファンタジア文庫)著者/訳者:あざの 耕平出版社:KADOK…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.242 sec. Powered by WordPress