殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」3巻は10月21日発売!
セガ公認メガドラミニ番外編も収録なるか?

:: 2011/9/29 木曜日::

■[漫画]星間愛情物語「あかとき星レジデンス」

あかとき星レジデンス (電撃コミックス)
著者/訳者:犬上 すくね
出版社:アスキー・メディアワークス( 2011-09-27 )
コミック ( ページ )
作者サイト:docile -犬上すくねファンサイト-
作者twitter:犬上すくね (sukuneinugami) on Twitter

犬上すくねさんの新作とか電撃大王GENESISは的確に私を狙ってるとしか思えない。

恋愛漫画の伝道師と言われちゃったりする犬上すくねさんの新作は、
公団住宅「あかとき星レジデンス」に住む異星からの移住調査員たちが織り成す、
地球人との愛の絆のオムニバスストーリー
ちょっと不思議な要素を入れるのは昔からありましたが、
異星からっていうのは珍しいですね。
キャラクター原案を担当した「かしまし」以来じゃないでしょうか。

とはいえ異星云々はあまり物語的に重要な要素ではないんですよね。
確かに第1話の野見山夫妻の話では帰星することが物語の核になってますが、
それ以外の話だと異星からの調査員という主人公の自覚が表に出ているだけで。
一番重要なのは地球人との間にいつの間にか絆ができていて、
それを愛おしいという気持ちなのではないかと思います。

どの調査員もはじめは淡々としており、美形なのに薄味というか地味で。
でも、それがいつの間にか感情を顕にしていくのが微笑ましかったり切なかったりするんですよね。

野見山夫妻の夫婦の絆はどこか暖かく。
本田春乃はふとした事から同級生の依鈴勇悟に興味を持ち、
いつの間にか二人の仲が近づいていく若い青春の絆は微笑ましく。
羽取秋馬はその細君と出会い、そして永遠に会えなくなるも、
目を閉じると彼女のことばかりを思い出す絆には切なくなる…

そんな一人ひとりが違う絆の姿を見せてくれて面白かったです。
ちなみに最後の早川姉弟と磯山親子の家族ぐるみの話は、
描き下ろしの更に3年後な話が非常によかったです。
恋する小姑なまそらちゃん可愛い。(笑

関連エントリー


明日もコトコト 3 完結 (バンブーコミックス)著者/訳者:犬上 すくね出版社:竹書房( 2015-04-27 ) 作…

より道カフェ通り (バンブーコミックス)著者/訳者:犬上すくね出版社:竹書房( 2012-10-27 )コミック ( …

ういういdays ⑪ (バンブーコミックス)著者/訳者:犬上 すくね出版社:竹書房( 2012-04-17 )コミック…

あいカギ 3 (サンデーGXコミックス)著者/訳者:犬上 すくね出版社:小学館( 2011-11-18 )コミック (…

あいカギ 2 (サンデーGXコミックス)著者/訳者:犬上 すくね出版社:小学館( 2011-04-19 )コミック (…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 3.572 sec. Powered by WordPress