殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」2巻は4月22日発売!
おじさん…!

:: 2011/10/6 木曜日::

■[ラノベ]シロエの論理的飛躍的思考「ログ・ホライズン4 ゲームの終わり(下)」

ログ・ホライズン4 ゲームの終わり(下)
著者/訳者:橙乃ままれ
出版社:エンターブレイン( 2011-09-30 )
単行本 ( ページ )
作者サイト:m2lade JAM
作者twitter:橙乃ままれ (marmalade_macro) on Twitter
絵師サイト:instantGarden

マリエのバカンスとミノリたちの新人育成を兼ねての夏期合宿で遭遇した、
ゴブリン軍勢による進軍から始まる大きな流れ。
その流れは冒険者たち代表の円卓会議と、大地人代表の自由都市同盟の会合にも影響し、
事態はより混迷を極めていくことに…

という訳で徐々に群像劇の色濃くなってきたログホラ。
特に今回は老獪な貴族たちや腹黒なシロエたちの思惑を飛び越え、
何も知らないからこそ思い切った考えや行動をとることができる、
レイネシア姫やトウヤたちが爽快で気持よかったですね。
中でもレイネシア姫の演説に挿絵が付いてるのが非常に良かったです!
いやー、Web版見てる時、是非ともこれはイラストを見たいと思ってたんですよ。
構図的にもバッチリはまってて思わず拳を握ってしまいました。(笑

群像劇とはいえ物語の中心、もとい主人公はシロエなことに変わりないです。
今回活躍、成長したミノリも最後にはシロエに頼ったし、
その期待に見事に応えたのには、さすがは主人公だな、と思わせられます。

基本的に今までのままれさんの作品は大小ありますが結局は
「システムの構築」というのが命題なんですよね。
今回もシロエは通信網の確立という地味な作業がメインでしたが、
最後には「おおっ」と思わせられる展開で驚かされます。
今までその伏線は出てきていましたが、その発想が凄いんですよね。
論理的には何も間違ってないんだけど、
常人だと常識の壁が立ちはだかるのに、それを軽く飛躍させる発想には感嘆させられます。
しかもそれを土壇場で実行して成功させられるのが凄いよなぁ。

さて、1,2巻は倦怠した雰囲気と戦い、3,4巻では魔物と戦ったわけですが、
5巻では刃を交えない人との戦いが待っているわけですが、
一番の見所は5巻はガチでラブコメることにあります。
大学生なのに中学生に見えるロリ系美少女なアカツキと、
ガチな中学生の献身的美少女なミノリの二人がシロエにアタックですよ!
いやー、今から楽しみです!(頬をにやけさせながら

関連エントリー


ログ・ホライズン3 ゲームの終わり(上)著者/訳者:橙乃 ままれ出版社:エンターブレイン( 2011-08-31 )単…

ログ・ホライズン10 ノウアスフィアの開墾著者/訳者:橙乃ままれ出版社:KADOKAWA/エンターブレイン( 2015…

ログ・ホライズン5 アキバの街の日曜日著者/訳者:橙乃ままれ出版社:エンターブレイン( 2011-11-30 )単行本…

ログ・ホライズン1 異世界のはじまり著者/訳者:橙乃 ままれ出版社:エンターブレイン( 2011-03-31 )単行本…

ログ・ホライズン6 夜明けの迷い子著者/訳者:橙乃 ままれ出版社:エンターブレイン( 2013-03-30 )単行本 …


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.315 sec. Powered by WordPress