僕の心のヤバイやつ 3巻の特装版が6月8日発売!
山田と市川の両片想いに全力でニヤニヤしよう!

:: 2011/11/25 金曜日::

■[漫画]ひまわりさん、好きだぁー!「ひまわりさん」2巻

ひまわりさん 2 (MFコミックス アライブシリーズ)
著者/訳者:菅野 マナミ
出版社:メディアファクトリー( 2011-11-22 )
コミック ( ページ )
作者サイト:Pi.Pi.Pi

学校の前にある個人書店”ひまわり書房”の美人女主人のひまわりさんと、
そんなひまわりさんが大好きな女子高生、風祭まつりとその仲間たちが繰り広げる、
陽だまりの暖かさが感じられる日常の物語。

ひまわりさんはどちらかというと生真面目なんだけど凄く人気があるんですよね。
ストレートに好意を表してくるまつりだけじゃなく、
商店街のみんなにも好かれていて、
ちょっと近所を一周しただけで両手に持ち切れない貰い物が集まるほど。

その見た目もそうですが、落ち着いた雰囲気も合わせて好かれているんですよね。
例えばまつりと同じくひまわりさんが大好きな立花ちゃんの話。
立花ちゃんはストレートに好意を出せない少々奥手な性格で、ちょっと意固地な所があるんだけど、
そんな彼女にしおりをプレゼントして心の余裕を持たせてあげたりする大人な所が良いんですよね。

そんなひまわりさんも昔からひまわりさんだったわけではなく、
この2巻では先代のひまわりさんのお話が収録されています。
どちらかというと人形のように無表情だったひまわりさんが、
病弱なんだけどいつも朗らかに笑っていた先代ひまわりさんに会うことから変わっていきます。

ひまわりさんと先代ひまわりさん

笑顔になるのが苦手だったひまわりさんが、現在の微笑みが可愛いひまわりさんになるまで、
一体どんなエピソードがあったかは読んでのお楽しみです。

コミカライズが多いアライブの中では珍しい清涼飲料水のような爽やかさがあるオリジナル作品です。
超常とかそういうのが全くない、「よつばと!」に代表される日常系の面白さがあります。
表紙とその折り返し部分への印刷とか装丁含めて凝っていて面白いです。
まだ2巻ですが、今後にも大いに期待できる作品だと思います。

関連エントリー


ひまわりさん10巻 出版社:KADOKAWA 作者名:菅野マナミ 作者サイト:Pi.Pi.Pi Kindle版:ひまわ…

ひまわりさん 7 (MFコミックス アライブシリーズ)著者/訳者:菅野 マナミ出版社:KADOKAWA( 2016-0…

ひまわりさん 5 (MFコミックス アライブシリーズ)著者/訳者:菅野 マナミ出版社:KADOKAWA/メディアファク…

ひまわりさん (MFコミックス アライブシリーズ)著者/訳者:菅野 マナミ出版社:メディアファクトリー( 2011-0…

ひまわりさん (6) (MFコミックス アライブシリーズ)著者/訳者:菅野 マナミ出版社:KADOKAWA/メディアフ…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.336 sec. Powered by WordPress