水上悟志新作「プラネット・ウィズ」1巻が7月30日に発売!
7月からTVアニメ放送開始!

:: 2011/12/10 土曜日::

■[漫画]オタクだからこそ譲れないものがある!「おたくの娘さん」第11集

おたくの娘さん 11 (ドラゴンコミックスエイジ す)
著者/訳者:すたひろ
出版社:富士見書房( 2011-12-09 )
コミック ( 228 ページ )
作者サイト:すたひろ日和
作者twitter:すたひろ (stuhiro) on Twitter

単行本1巻が出たのが2006年12月なので丁度5年経っての完結!
とはいえWEB連載が始まったのが2005年2月23日なので実質7年弱になりますね。
同人版1巻の後書きによるとくろがねぎんさんの一言をキッカケに生まれた作品みたいですが、
それがまさか萌え漫画雑誌に載るには重厚&生々しすぎる物語になるとは誰が予想したでしょうか。
まぁ、すたひろさんは「家族計画」好きだったからなぁ…、そういった方向に行くのもむべなるかな。
何はともあれ見事に完結! おめでとう! おめでとう!

いやー、第11集の怒濤の展開には圧倒されましたよ。
叶を迎えに、というより攫いに来た望さんが彼岸荘に来たことから始まり、
名探偵遥の口から明かされる真実!

名探偵遥

更に登場する前沢さんと驚きの連続でした!

それにして望さんマジ外道… というか非道ですね…
考えが浅いとは以前にっち先輩が言ってたけどここまでだったとは。
果たしてハッピーエンドに行けるのか?
そもそも遥の恋の行方は?
と読んでて凄く気になりましたね!

ただ何というか…、耕太が不憫すぎるピエロで泣けてくるね…

不憫なピエロ

高校時代、少々内向的だっただけでにっち先輩の下僕にされて、
そのとばっちりで望さんに純情な男心を散々利用されるとかホントに不憫。
まぁ、そんな不憫な境遇も彼岸荘での数々の出来事で翻弄されながらも成長し、
むしろ叶が居るという事に幸せを見いだす健気さにはジーンと来ちゃいましたね。
最後にはしっかりと男を見せたのには感動すら覚えましたよ!
まぁ、その直前でのブヒブヒな展開は不意打ちすぎてズッコケましたが。(笑

そして健気で不憫と言えば忘れてならないのがもう一人のヒロイン有坂遥
登場初期は乃木坂遥というどこぞの秘密を持ってるお嬢様みたいな名前だったのが、
読者からの総ツッコミ(私含む)を受けて改名したあの遥がヒロインしてますよ!
初期の頃は売り上げ優先ないけすかない同人作家だったのに、いつの間にか恋する乙女に。

恋する乙女な遥

心が折れた耕太を献身的に介護する遥が健気で可愛くて…
でも精一杯頑張ったのに耕太に選ばれない遥が切なくて…

おたくにはよくある勘違いから一方的に始まる恋愛(参考資料:私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!
それで二度もトラウマを植え付けられた耕太相手だからなぁ。
重度の女性不信に陥っているも同然な相手にツンデレは相性最悪ですよ。
それこそ肉親からの無償の愛か、真っ正直に真っ向から言葉で伝えないとなー
態度だけで判って欲しいというのはおたくの悪い癖ですよね。
そういった意味だとやはり遥もおたくの娘さんなんだなぁ、と。

そしてメインヒロインだった叶。
耕太と同じく1年間でめざましい成長を遂げた叶は、
耕太が一度失敗したとしても迎えに来てくれると信じる強さを持つまでに!

おたくの娘さん

この漫画は耕太だけじゃなくて叶の成長物語でもあったんですよね。
耕太とは今後も良い親子関係をずっと保っていって欲しいです。

それにしても後書きの後のボーナストラック。
最初読んだ時は非常に驚きましたが読み返すとちゃんと伏線があったことにビックリ!

遥が黒いオーバーニー穿いてたのが…

黒オーバーニー

黒いコマの後では脱いでるんですよ。

遥の生足

ちなみに耕太も半ケツになっています。(笑

耕太の半ケツ

うーむ、雑誌で読んでた時は正直全く気付きませんでしたよ。
でもこれに気付いたら、すたひろさんのどや顔が脳裏をよぎりました。(笑

しかし再会フラグ立ってるだけにここで終わられると続きが凄く読みたくなりますよ!
そこで一縷の望みを託してカバーを開けたらアレですよ。
更に裏表紙の方も見たら予想以上のアレですよ…
これを見た後、すたひろさんのどや顔が脳裏をよぎりました。
おのれすたひろさん…!

でもすたひろさんは今度の冬コミに出るらく、
そこで「おたくの娘さんafter」本を出されるみたいですしね!
本当に凄く期待したいで冬コミが今から楽しみです!
まぁ、読んだ後にまたすたひろさんのどや顔が脳裏をよぎるかもしれませんが。(笑

何はともあれ、7年弱お疲れ様でした!
凄く面白く、楽しかったです!
ありがとうございました!

関連エントリー


おたくの娘さん 10 (ドラゴンコミックスエイジ す 1-1-10)著者/訳者:すたひろ出版社:富士見書房( 2011…

おたくの娘さん 第五集 (角川コミックス ドラゴンJr. 100-5)著者/訳者:すたひろ出版社:富士見書房( 200…

おたくの娘さん 8 (ドラゴンコミックスエイジ す 1-1-8)著者/訳者:すたひろ出版社:富士見書房( 2010-0…

おたくの娘さん 第四集 (角川コミックスドラゴンJr. (KCJ100-4))著者/訳者:すたひろ出版社:富士見書房(…

おたくの娘さん 9 (ドラゴンコミックスエイジ す 1-1-9)著者/訳者:すたひろ出版社:富士見書房( 2010-1…


 Comments (3)

3 Comments »

  1.  遂に終わりましたねーおたむす! いやもう凄く面白かったです。

     
    >遥が黒いオーバーニー穿いてたのが…
    >黒いコマの後では脱いでるんですよ。

     ……こまかっ!? ってフランさんに指摘して頂くまで私はトンと気が付きませんでしたわ!? そして望センパイもハルカも共に水揚げ(※隠語)手合いで一発必中着床完了! なコータ超恐るべし……。
     個人的には第六十話の扉絵が近未来図だと信じますっ! 「娘っ」と呼ぶハルカに対して堂々と「お母さん(ママ呼びは望センパイ専用)」呼ばわりして中学の三者会談に呼び出すとか夢が広がりまくりますね。薄い本が作れちゃいそうですねわっふるわっふる。

     
    >ただ何というか…、耕太が不憫すぎるピエロで泣けてくるね…

     実は「やだ格好いい……」と思ってしまった一人です。

     
    >「いろいろ思い知らされて身の丈にあった現実を見るようになったのか」

     違うよ叶! コレは「こんな私を好きになってくれた人を好きになる」んだよっ! そういうの判らないので婉曲な言い回しとか止めて下さい本気で。鈍いんで。気づけないので。

     
    >そこで一縷の望みを託してカバーを開けたらアレですよ。

     石崎君は大丈夫なのかッ!? ハルカアフターは!? まさに……げど……う……。

     
     総じて個人的に「おたむす」は本当にアニメ化して貰いたい作品でしたねー、内容的にも作品的にも。やはり単行本11冊という長さがネックだったんでしょうか……? 無念です。後は据次タカシの憂鬱に託すしかないのでしょうか……。

     
    >そこで「おたくの娘さんafter」本を出されるみたいですしね!
    >最終巻で描けることは描ききっちゃった感があるので、新作っぽい感じにしようと思います。

     すたひろさん公認でハルカと叶の親子象は見られないという事ですか無念……。私の方はコミックのおたむすキャラが出演するか否かで購入を決めようと思います。
     余談ですが髪を落とした管理人さんにゾクッと来ました。

     アニメ化と云えば、キルミーベイベーの次のきらら枠は「あっちこっち(異識著)」みたいですね。今度こそ「ゆゆ式(三上小又著)」だと思っていたのですが無念! しかし異識先生はお目出度う御座います!

    Comment by Mya — 2011/12/10 土曜日 @ 20:13:59

  2. > 実は「やだ格好いい……」と思ってしまった一人です。
    一周回って格好いい的な!

    >まさに……げど……う……。
    ふと思ったんだけど、あの外道は実は颯太だったのでは…(ぉ

    Comment by フラン — 2011/12/12 月曜日 @ 14:20:43

  3.  「よつばと!」のポップは粗方、描き終わりました。……若干、デッサンが狂いました申し訳なし(後、縮尺をミスして左足が少し切れましたスマンよつば!)。

     ざらさんの新刊、

    ・わがままDIY 1巻(ざら/インプレスジャパン)

     が今月の22日に発売されます。フランさんの予定表にありませんでしたのでお節介申し訳ないですがご報告までに。「パーツのぱ」はページ数が多く雑誌の発売頻度も多い為、コミックスの発売も用意でしたが「わがままDIY」がコミックスに纏まるとは本当にファンとして感無量です。

     
    >otakubeam atmarkさん のりタマ

     …………!? オオツカマヒロさんってオタクビームさんだったんですか!? 連載当初から「のりタマ」を読んでいただけに、気が付かなかった自分の節穴への絶望感が半端ありません……。大王で鳴子ハナハルさんが「かみちゅ」を連載していた時のような温かさがあった「のりタマ」は凄く面白かったので、二巻で終わってしまったのが個人的に残念でしたううう。黒髪ロングのぱっつんネコミミ、最高ですううう……。

     
    >ふと思ったんだけど、あの外道は実は颯太だったのでは…(ぉ

     イヤン日本で既にテンプレートが公開されているだけにソレは酷いw 仮にそうだとしたらハルカがぶち切れて薄い本で逆襲しますねw

     
     そして同じく本日、惜しまれつつも最終巻が発売した「マコトの王者(福井あしび/小学館)」4巻のコミックカバー裏が恐すぎて大笑いしましたw 二人とも美人なんだからそんなにメンチ切らないで下さいw
     マコトの王者は同じ「マコト」の名前を持った二人の、全く異なった来歴を持つボクサーがタイトルマッチで「人格だけ入れ替わってしまう」というストーリーですが、流行のTSや女性ではなく今日日、珍しい純粋な男性の人格変換モノです。もう少し貧乏マコトin元王者マコトのドタバタ日常が見たかった気もしますが、福井先生お疲れ様でした!w

     
     しかし、12月末は「しなこい完全版下巻(黒神遊夜&神崎かるな/角川書店)」「竹刀短し恋せよ乙女1巻(黒神遊夜&神崎かるな/角川書店)」「旦那が何を言っているか判らない件(クール教信者/エンターブレイン)」「わがままDIY1巻(ざら/インプレスジャパン)」、そして冬コミと、個人的にチョット涙が出そうです。嬉しい悲鳴ですぎゃー。

     そんな訳で要らぬお節介でした。わがままDIYの件に目を通して下さいましたらこの書き込みは是非、消して下さいな~。さぁ仕事に復帰! ……げふぅ。

    Comment by Mya — 2011/12/12 月曜日 @ 20:34:14

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.711 sec. Powered by WordPress