りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!

:: 2008/11/13 木曜日::

■[漫画]叶は将来男泣かせに育つな…!「おたくの娘さん」第五集

おたくの娘さん 第五集 (角川コミックス ドラゴンJr. 100-5)
著者/訳者:すたひろ
出版社:富士見書房( 2008-11-10 )
定価:¥ 609
コミック
ISBN-10 : 4047125741
ISBN-13 : 9784047125742
すたひろ日和

「絶対☆アイドル」と並行して連載してた分が収録であります。
あ、でもあちらは須田洋さんだから別人と言えば別人ですね! すみません!
ブログでネタ振ったり、巻末漫画でネタ振ってたりするけど、
PN違いますもんね! うっかりしてました!
参ったなー、もう。

叶は子供の順応性の高さ故にか耕太に慣れてきて、
夏祭りの時には「パパ大好き」まで好感度が上がってますが、
対する耕太はパパとオタクの両立性に未だに悩んでたりしてて、
共感する部分もあるけど、もっとしっかりしろよ、とも思ったりします。
それがコミカルに描かれてるのが面白いんですよね。

後半は商店街の福引きで彼岸荘の住人が温泉旅行に行くエピソード。
ここでやっと叶の母である望が登場するんですが、
叶に耕太との時間が残り少ないことを知らせた為、
叶の心中が複雑になってしまうことになり、今後の動向から目が離せません。

それとこの漫画で目が離せない所は他にもあるんですよね。
そう、それは腐女子な担当編集さん。(笑
毎回巻末漫画で秀逸且つ濃い腐臭を感じさせてくれる方ですが、
今回もまた凄いコダワリを見せてくれました。
いやー、編集さんの目って厳しいんだなぁ…(笑

関連エントリー


おたくの娘さん 8 (ドラゴンコミックスエイジ す 1-1-8)著者/訳者:すたひろ出版社:富士見書房( 2010-0…

おたくの娘さん 10 (ドラゴンコミックスエイジ す 1-1-10)著者/訳者:すたひろ出版社:富士見書房( 2011…

おたくの娘さん 9 (ドラゴンコミックスエイジ す 1-1-9)著者/訳者:すたひろ出版社:富士見書房( 2010-1…

おたくの娘さん 11 (ドラゴンコミックスエイジ す)著者/訳者:すたひろ出版社:富士見書房( 2011-12-09 …

おたくの娘さん 第四集 (角川コミックスドラゴンJr. (KCJ100-4))著者/訳者:すたひろ出版社:富士見書房(…


 Comments (1)

1件のコメント »

  1. […] フランさんの記事で知ったのですが、絶対☆アイドルの原作もすたひろ先生なんですね。 これは読まねば!本棚に積んであったはずっ!(まて […]

    ピンバック by ちょいヲタ?バスタア日記 - おたくの娘さん第五集 [すたひろ] — 2009/12/17 木曜日 @ 18:10:16

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.130 sec. Powered by WordPress