ベルセルク 41巻、12月24日発売予定…!
それは惜しいというには、存在が大きすぎた…

:: 2012/7/28 土曜日::

■[漫画]決戦! 桶狭間!「織田信奈の野望」2巻

織田信奈の野望 (2) (カドカワコミックス・エース)
著者/訳者:青刃 時雨
出版社:角川書店(角川グループパブリッシング)( 2012-07-06 )
コミック ( 152 ページ )
作者サイト:無責任進行形
作者twitter:青刃-AOBA- (ABS17)さんはTwitterを使っています

アニメ放送真っ盛りな「織田信奈の野望」のコミカライズ2巻!
コンプエースで連載中の原作に沿ったコミカライズですが、
この2巻には歴史にはなかった道三の救出から歴史上最も有名な桶狭間の戦いまでが収録されています。
個人的には「織田信奈の野望」は今の所桶狭間と金ヶ崎の二つが盛り上がる所だと思うので、
中々に見所であります。

キャラの可愛さが魅力的と話題の「織田信奈の野望」ですが、
やはりキモはメインヒロインである信奈のツンデレっぷりっでしょう!
こじらせたツンデレ信奈+女心に鈍感な良晴=信奈の赤面ですよ!

赤面信奈

いやー、信奈ってば可愛いですな!
でもまだまだ序盤なのでデレが少ない方ですよ!
原作7巻あたりでは二人きりだともうデレッデレですからね!
青刃時雨さんがどう調理して萌えさせてくれるのか今から楽しみで仕方ないですよ!

そういえばコミカライズされて感じたのは丹羽長秀ちゃんが萌えだということです。
原作からして頼り甲斐のあるお姉さんキャラでしたが、
青刃時雨さんが描かれるとそれに更に磨きが掛かっているように感じます。

長秀ちゃん

あぁ…、長秀ちゃんに甘えたい、膝枕されたい…(←ダメ人間

他にも今川義元も美人だし、勝家もおっぱいだしとどのキャラも可愛いです。
これからも沢山姫武将が出てくることを考えたら、アニメともども楽しみです。
取り合えず直近だと明智光秀ちゃんのうざ可愛さに期待したい所存であります!

関連エントリー


織田信奈の野望 (3) (カドカワコミックス・エース)著者/訳者:青刃 時雨出版社:角川書店(角川グループパブリッシン…

織田信奈の野望 (5) (カドカワコミックス・エース)著者/訳者:青刃 時雨出版社:KADOKAWA/角川書店( 20…

光秀ちゃん

織田信奈の野望 (4) (カドカワコミックス・エース)著者/訳者:青刃 時雨出版社:角川書店( 2013-06-24 …

織田信奈の野望 全国版 (14) (ファンタジア文庫)著者/訳者:春日 みかげ出版社:KADOKAWA/富士見書房( …

織田信奈の野望 全国版 (15) (ファンタジア文庫)著者/訳者:春日 みかげ出版社:KADOKAWA/富士見書房( …


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 2.112 sec. Powered by WordPress