りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!

:: 2008/10/6 月曜日::

■[ラノベ]卒業式前日の過ごし方「マリア様がみてる 卒業前小景」

マリア様がみてる卒業前小景 (コバルト文庫 こ 7-59)
著者/訳者:今野 緒雪
出版社:集英社( 2008-10-01 )
定価:¥ 460
文庫
ISBN-10 : 4086012146
ISBN-13 : 9784086012140

今でもマリみてを継続して読んでる人は少ないと思いますが、
安心して楽しめる、信頼と実績の面白さな作品なので偶には読んで欲しいなぁ。
特にアニメも4期が始まるし、まだまだマリみては楽しめますよ。
この原作でも祥子様たちの卒業が近いということで盛り上がってますしね。

今回は副題の通り、祥子様たちが卒業する前日の模様を描いた短編集。
今までの脇役を含めた登場人物たちがそれぞれの卒業式の前日を過ごすという、
寂しくもあり、切なくもあり、そして感動もある。
そんなエピソードで物語は綴られています。

それにしても驚いたのはあの桂さんが主役のエピソードがあるということ。
今までファン層の間でもネタキャラ化してきた桂さんにスポットが当たる日が来るとは…
しかも平凡な桂さんだからこそ、と言える内容だっただけに違和感がなく、
そして平凡だからこそ感情移入もしやすく感動できる内容で二重に驚きでした。
いやー、長くファンをやってみるもんですねぇ。

勿論、ラストにしてこの本の主題は何と言っても紅薔薇姉妹。
二人だけの間に伝わるメッセージと、1巻に繋がるハプニング。
そしてそこからの二人の触れ合いは崇高で、美しく、切ないものがありました。

あー、やっぱりマリみてって面白いなぁ…

関連エントリー


マリア様がみてる―ハローグッバイ (コバルト文庫)著者/訳者:今野 緒雪出版社:集英社( 2008-12-26 )定価…

マリア様がみてる―リトルホラーズ (コバルト文庫)著者/訳者:今野 緒雪出版社:集英社( 2009-07-01 )定価…

マリア様がみてるマーガレットにリボン (コバルト文庫 こ 7-57)著者/訳者:今野 緒雪出版社:集英社( 2008-…

マリア様がみてるキラキラまわる (コバルト文庫 こ 7-56)著者/訳者:今野 緒雪出版社:集英社( 2007-12-…

タイトル:一日にして成らず。 サークル:unknown. 通販:とらのあな、メロンブックス ふみあかは尊い… 大森林さ…


 Comments (2)

2 Comments »

  1. HINAKAです。

    フラン様

    以前、「お釈迦様も見てる」のところでコメントしましたが、「マリみて」しっかり読んでいます!
    今回の「卒業前小景」は、この作者の力量が、これは拙ブログの右側にあるサイド・バー内の〈カテゴリー〉にある「『マリア様がみてる』について」をクリックしていただき、まだそれが最新の「マリみて記事」となっている、「マーガレットにリボン」の書き込みを、御参照いただければと思いますが、今回も作者の小説家としての力量が上がったという印象を、強く受けました。
    まァ、以前から懸案の《引き延ばし戦術》は、別の問題として……。

    ただ、上手くなった分、それが小説家の宿命かも知れませんが、小綺麗にまとめ過ぎている感が拭えません。
    この辺は、いずれ近い内に、拙ブログに書き込ませていただきたいと、思っております。最近、体調不良で更新が停滞気味ですが……。

    それでは、今回はこれで失礼させていただきます。

    コメント by HINAKA — 2008/10/7 火曜日 @ 19:40:01

  2. マリア様がみてる『卒業前小景』は、すっかり手慣れた感じ!?

    目出度く、第4期のアニメ版がOVA版を挟んで、2009年1月よりのTV放映化が決定したという「マリア様がみてる」シリーズの最新刊、『卒業前小景』です。 前作の 「マーガ…

    トラックバック by 『あんのん』ブログ・HINAKAの雑記です! — 2008/10/10 金曜日 @ 7:32:58

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.126 sec. Powered by WordPress