殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」3巻は10月21日発売!
セガ公認メガドラミニ番外編も収録なるか?

:: 2012/11/28 水曜日::

■[漫画]そして物語は急転する。「紫色のクオリア」2巻

紫色のクオリア 2 (電撃コミックス)
著者/訳者:うえお 久光
出版社:アスキー・メディアワークス( 2012-11-27 )
コミック ( 172 ページ )
作者サイト:綱島志朗のケツバット日記
作者twitter:綱島志朗 (k2batto)さんはTwitterを使っています

1巻が出た当初は2巻は1,2年後かと思ってましたが年内に出ましたね。
これはまた嬉しい誤算ですよ。

そしてこの2巻から「紫色のクオリア」の本編たる「1/1,000,000,000のキス」が始まります。
そう、SFを扱ったラノベとしては屈指の評価を得た真骨頂が今ここに…!

ゆかりとガクちゃん、そして七美の普通とは違うけど平和な日常は、
ある日転校してきた一人の金髪美少女、アリスによって終わりを告げることに。
アメリカの天才が集う組織「ジョウント」から派遣されてきた彼女は、
数式を絵として認識して理解することが出来る天才で、
特異な目を持つゆかりを「ジョウント」にスカウトすることが目的で…

やはり綱島志朗さんのコミカライズは本当に神がかってますね!
原作からは文字から読み取るしかなかった場面場面でのキャラの心情が、
漫画という媒体は表情から読み取ることが出来ることで、
物語に一層の深みを与えてくれているんですよね。

ゆかりを「ジョウント」に勧誘する時のアリスの表情しかり、
ガクちゃんに対する負い目で追い詰められた表情をするアリスの表情しかり。
でも一番印象深かったのはゆかりがガクちゃんの言葉を受けての僅かな表情の変化ですね。
元々ゆかりは表情を持たなかったエピソードが冒頭で語られているだけに、
あの僅かな表情の変化に込められたモノを考えるとやりきれないものを感じます。

そして原作のうえお久光さんによって形作られるSF的世界観!
ゆかりによってもたらされた左腕に宿る携帯の機能を通して、
平行世界の自分と繋がることで無限の可能性を手に入れ、
ゆかりを救う為に光となって目標まで最短経路で突き進むガクちゃんの姿は、
正にSFですよ。

無限のガクちゃんの表現とか、漫画への落とし込み方はやはり一流と言わざるを得ないです。
かなり硬派な作品ですので通常の電撃大王作品とは一線を画しているので、
あまり一般受けはしないかもしれませんが、屈指の名作であることは確かです。
1巻だけでも充分面白い作品でしたが、
やはりこの「紫色のクオリア」という作品の魅力はこの2巻からだと思いますので、
是非ともこのまま最後まで読んでいって欲しいですね。

それと巻末の番外編ですが、extra:02はたぶん描き下ろしだと思うのですが…
まさか「紫色のクオリア」でここまで笑わされることになるとは思いませんでした。(笑
殺伐とした世界観に一発の目からビーム!
これは萌えるぜ…?(笑

関連エントリー


紫色のクオリア 1 (電撃コミックス)著者/訳者:うえお 久光出版社:アスキー・メディアワークス( 2012-02-2…

紫色のクオリア (電撃文庫)著者/訳者:うえお 久光出版社:アスキーメディアワークス( 2009-07-10 )定価:…

はたらく魔王さま!(10) (電撃コミックス)著者/訳者:柊 暁生 029 出版社:KADOKAWA( 2016-09…

ゴールデンタイム (4) (電撃コミックス)著者/訳者:梅ちゃづけ出版社:アスキー・メディアワークス( 2013-07…

紫色のクオリア (3) (電撃コミックス)著者/訳者:綱島志朗出版社:アスキー・メディアワークス( 2013-10-2…


 Comments (3)

3 Comments »

  1. まだアマゾンから届いていないので(書店だと発売日から入荷までに5日ほどかかるorz)読めていませんが、引きとしては「百合に目覚めた自分からの電話」の直前くらいですか?
    あとは、文章で淡々と書かれていた箇所がどれくらい肉付けされてるかですね。さすがに2、3コマ+セリフくらいってのは無いでしょうし。
    早く、魔法少女すーぱーまるちぷるマナちゃんのビジュアルが見たいなぁwww

    >目からビーム
    原作巻末の4コマ漫画的なヤツですよね。あれ好きで、もっと読みだいって思ってたので2巻に載ってて良かったwwwしかし何故1巻には載せなかったんだろう?って流石に雰囲気とかネタバレ的に厳しかったのかな。

    Comment by 亀 — 2012/11/30 金曜日 @ 15:30:38

  2. ヒキの部分は是非ご自分の目で確認して頂きたく!
    原作がそうだから仕方ありませんが、かなり文字が多くなってますが、
    それが可能な限り気にならないように漫画として仕上げているのでお楽しみください!

    Comment by フラン — 2012/12/1 土曜日 @ 0:00:04

  3. うえお久光:原作 綱島志朗:作画 紫色のクオリア第2巻

     うえお久光先生の小説を、イラストを担当した綱島志朗先生によって漫画化した「紫色のクオリア」の第2巻が先日発売されまして、私も読みましたので感想を書こうと思います。

    トラックバック by たかいわ勇樹の徒然なる日記 — 2012/12/2 日曜日 @ 12:55:23

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.450 sec. Powered by WordPress