りゅうおうのおしごと! 15 小冊子付き特装版 9月15日頃発売!
幼馴染みの年上の巨乳JDが本気を出してきたぞ!

:: 2013/2/13 水曜日::

■[漫画]カナコさんはとても不思議「ふたりの恋愛書架」1巻

ふたりの恋愛書架 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
著者/訳者:ヤマザキ コレ
出版社:芳文社( 2013-02-12 )
コミック ( 178 ページ )
作者サイト:灰色境界
作者twitter:ヤマザキコレ@ティアG04a (EzoYamazaki00)さんはTwitterを使っています

「ビブリア古書堂の事件手帖」を初め、古書店を扱う男女のラブコメは古今多々ありますが、
歳の差カップルな上に男の方が学生というのは珍しいと思います。
しかも出会って直ぐにラブい関係になって同棲というのが、
意表をついてきており、中々にgoodなのであります。

二人の出会いは京都の古本市。
そして再会は地元の北海道の古書店ピリカ堂。
父の後を継いでピリカ堂を営むカナコさんは、
懐かしい雰囲気を持つ青年、秋生くんに惹かれてしまい、
思わずプロポーズしてしまい…

お互い一目惚れに近い状況なんだろうけど、
スピード感が凄いというか、早いです。
プロポーズはまだ秋生くんが学生(というか初登場時は中三)なので、
しばらく保留になったんだけど、あっという間に同棲し始めて、
ラブラブになっている訳ですよ!
何と羨ましい…

物語としてそれほど大きな山がある訳ではなく、
ジェットコースター的にラブラブになってて驚きはあるのですが、
年上だけど生活力がないカナコさんの積極的なラブ具合が、
何ともむず痒い甘さがあって読んでてニヤニヤします。

まだ1巻ということなので序盤も序盤ですけど、
これからの展開に期待したい作品です。

関連エントリー


ふたりの恋愛書架 (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)著者/訳者:ヤマザキ コレ出版社:芳文社(…

ぼっちな僕らの恋愛事情 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)著者/訳者:志摩 時緒出版社:芳文社…

据次タカシの憂鬱 (1) (まんがタイムKRコミックス)著者/訳者:あどべんちゃら出版社:芳文社( 2008-07-2…

ぼっちな僕らの恋愛事情 (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)著者/訳者:志摩 時緒出版社:芳文社…

据次タカシの憂鬱 (5) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)著者/訳者:あどべんちゃら出版社:芳文社(…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.011 sec. Powered by WordPress