殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」2巻は4月22日発売!
おじさん…!

:: 2013/2/21 木曜日::

■[漫画]橘明道の軌跡「ツマヌダ格闘街」13巻

ツマヌダ格闘街 13 (ヤングキングコミックス)
著者/訳者:上山 道郎
出版社:少年画報社( 2013-02-19 )
コミック ( 193 ページ )
作者サイト:別冊兄弟拳
作者twitter:上山道郎 (ueyamamichiro) on Twitter

ドラエさんはなぜ明道流武術の後継者にミツルを選んだのか?
そもそもミツルはなぜ都合よくファイトタウンに住もうと思ったのか?
この漫画が始まった当初に感じた、素朴で基本的な疑問の答えが、
この13巻で詳らかに明かされています。

その答え自体は連載途中からある程度予想しており、実際その通りでしたが、
予想よりも答えに辿り着くまでにドラマが内包されており、心に染みこんできましたね。
特に戦時中、そして戦後の橘明道氏が経験したシベリア抑留という地獄。
そしてそんな地獄の中でも見失わない”強さ”には、
人として、男として、大人としての理想が詰まっていました。

また、登場当初からほぼ完成の域に達していたドラエさんが動揺し、
明らかに弱くなった所から、ミツルの祖母の言葉で立ち直った事。
そして祖父である橘明道氏の死によって心が弱り、
そこから祖父から伝えられた教えに気付くことで立ち直ったエピソードからは、
ドラエさんもまた一人の人間なんだなぁ、と感じたような気がします。

それはそれとして、ドラエさんがシベリアに居た頃の姿ですけど、
縦セタで巨乳な上に、今よりも髪が長くてメイド姿とは別の魅力がありますね。
そしてもしかしてメイドになる時に髪を切ったのは、モチーフとなったドラえもんが、
昔ネコミミだったけど、今はなくなっていることの暗喩だったりするのでしょうか?
もしそうだったなら深く考えられててホント凄いと思います。

関連エントリー


ツマヌダ格闘街 11 (ヤングキングコミックス)著者/訳者:上山 道郎出版社:少年画報社( 2012-02-20 )コ…

ツマヌダ格闘街 14 (ヤングキングコミックス)著者/訳者:上山 道郎出版社:少年画報社( 2013-08-16 )コ…

ツマヌダ格闘街 12 (ヤングキングコミックス)著者/訳者:上山 道郎出版社:少年画報社( 2012-08-20 )コ…

ツマヌダ格闘街 19巻 (コミック(YKコミックス))著者/訳者:上山 道郎出版社:少年画報社( 2016-02-16…

ツマヌダ格闘街 (16) (ヤングキングコミックス)著者/訳者:上山道郎出版社:少年画報社( 2014-08-16 )…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 2.189 sec. Powered by WordPress