殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」2巻は4月22日発売!
おじさん…!

:: 2013/3/23 土曜日::

■[ラノベ]五つの封印「東京レイヴンズ 9 to The DarkSky」

東京レイヴンズ9 to The DarkSky (富士見ファンタジア文庫)
著者/訳者:あざの 耕平
出版社:富士見書房( 2013-03-19 )
文庫 ( 443 ページ )
作者サイト:あざログ
作者twitter:あざの耕平 (k_aza) on Twitter
絵師サイト:—マッチョリ—
絵師twitter:すみ兵 (suminiku) on Twitter

まさかのメインヒロイン死亡という展開だった8巻のラストから続き、
絶望の帳が落ちるオープニングから始まった第一部のクライマックス!
最も親しい人を失った春虎たちの絶望と困惑と焦燥が痛いくらいに伝わってきて、
読み進めれば読み進むほどに胸をかきむしりたくなる面白さがここにはあります。

今回は第一部で一番の見せ場という事で多くの登場人物に見せ場があります。
蘆屋道満と当代最強の陰陽師にして不動明王の化身とも言われる宮地の対決、
夜叉丸こと大連寺至道の深遠にして傲岸不遜な手腕に、
京子の「星読み」としての覚醒、そして全員を出し抜いた天馬の活躍と、
誰一人取ってもそれぞれの能力に見合った最高の舞台が用意されていて、
ぐいぐいと物語の中に引き込まれていきます。

そして今回一番の見せ場を持っていき、中心となった人物は飛車丸ですね!
今まで封印されてきたのが解呪されて、
本当の姿を取り戻して活躍する展開は少年漫画みたいで盛り上がりましたよ!
飛車丸が覚醒した姿はもとより、今まで見せてきた忠義の美しさが心を打ちますね!
というか絶世美女が旧日本軍の軍服っぽい格好とか最高にマニアックだなぁ…
つまりは夜光はとてもマニアックだったということなのだろうか…(笑

敵側にいる倉橋長官を含めた大友先生や木暮といった大人たちは元からそうですが、
今まで塾生だった春虎や天馬たちも雛鳥から一歩成長することでそれぞれに信念を持ち、
それでもって生き方を選んでいるのが感じられましたね。
それに比べるとどうしても鏡は三下っぽく感じられるんだよなぁ…
能力だけが高くても、信念が感じられないとやはり下郎と誹られても当然な気がします。

これで第一部完とのことですが現時点でこれだけ面白いのに、
果たして第二部ではどこまで面白くなるのか期待に打ち震えてしまいますね。
あざの耕平さんはやはり長編シリーズでこそその真価が発揮されるので、
ちょっと巻数が多いけど、それに臆することなく読んで欲しい作家さんです。

うーん、しかし今から次の10巻が楽しみでならない…!

関連エントリー


東京レイヴンズ7_DARKNESS_EMERGE_ (富士見ファンタジア文庫)著者/訳者:あざの 耕平出版社:富士見書…

東京レイヴンズ 15 ShamaniC DawN 出版社:KADOKAWA 作者名:あざの耕平 作者サイト:あざログ …

東京レイヴンズ2 RAVEN゛s NEST (富士見ファンタジア文庫 あ 2-5-2)著者/訳者:あざの 耕平出版社:…

東京レイヴンズEX4 twelve shamans (ファンタジア文庫)著者/訳者:あざの 耕平出版社:KADOKAW…

東京レイヴンズ8 over-cry (富士見ファンタジア文庫)著者/訳者:あざの 耕平出版社:富士見書房( 2012-…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.230 sec. Powered by WordPress