僕の心のヤバイやつ 2巻、9月6日発売予定!
恋を自覚した市川と、恋を自覚する山田の悶絶、両片想いラブコメ最新巻!

:: 2012/11/2 金曜日::

■[ラノベ]乙種呪術が解かれる時「東京レイヴンズ 8 over-cry」

東京レイヴンズ8 over-cry (富士見ファンタジア文庫)
著者/訳者:あざの 耕平
出版社:富士見書房( 2012-10-20 )
文庫 ( 398 ページ )
作者サイト:あざログ
作者twitter:あざの耕平 (k_aza) on Twitter
絵師サイト:—マッチョリ—
絵師twitter:すみ兵 (suminiku) on Twitter

あざの耕平さんの乙種呪術に見事に掛かっていたボクです。
もうね、言われてみればその通りですし、コアなファンならもっと早く解ってたんでしょうけど、
私なんて大友先生が夏目の変装を見抜けなかった、という時点でやっと気付く体たらく。
乙種呪術についてはごく初期から繰り返しその内容と効果が指摘されたのになぁ…
それにしても土御門泰純も本当にえげつないことをするもんですねぇ…
まさか夏目じゃなくて春虎が夜光の生まれ変わりだったとは…

シェイバの暴走の中で自力で封印を半端に解き、霊力が暴走するようになった春虎。
そしてその場にいた生徒たち全員に女であったことが露呈してしまった夏目。
それを知ってしまったことで、初恋の相手が春虎だと気付いてしまった京子。
そんな若者たちの苦悩の裏では大人たちが暗躍しており、
ただでさえ大変な土御門の二人は実家が火事で全焼したことを知り、更に混乱することに…

しかし鈴鹿ってば良い子だよなぁ、本当に。
天馬もすっかり成長してるし、京子もちゃんと決着つけて前に進んでるし。
自分の想いを全力でぶつけるとか、いやはや青春してますよ、みんな。
それに引き替え相馬さんトコのお姫様は悪い子ではないんだけど、
自分が信じる正義に盲目過ぎて悲劇を巻き起こしちゃうとか…
というかどうなるんだろう、この展開。
夏目の境遇とか悲劇にすぎるし、このままとかあり得ないよね!?
まさかこの輝かしい表紙ですらも乙種呪術だったとはね…!

それにしてもあざの耕平作品は大人が格好いいよなぁ。
大友先生の登場シーンとかめっちゃ頼もしく感じられたし、
春虎の両親もいい歳して現役バリバリの強さとか見せてくれて痺れましたしね!
まぁ、大友先生は夏目の変装を見破れなくて間抜けな顔を見せてくれたり、
何か夏目には経験が籠もってるかのような助言をしてたりと、
どこまでも完璧、という訳では無いんですけどね。
でも、だからこそ魅力的に映って見えるんですよね。

恐らくここがこの物語のターニングポイントになると思いますが、
果たして「東京レイヴンズ」がどういった方向に向かうのか。
戦々恐々としながらも楽しみです。

関連エントリー


東京レイヴンズ5 days in nest II & GIRL AGAIN (富士見ファンタジア文庫)著者/訳者:あざ…

東京レイヴンズ4 GIRL RETURN & days in nest Ⅰ (富士見ファンタジア文庫)著者/訳者:あざ…

東京レイヴンズ6 Black Shaman ASSAULT (富士見ファンタジア文庫)著者/訳者:あざの 耕平出版社:…

東京レイヴンズ (13) COUNT>DOWN (富士見ファンタジア文庫)著者/訳者:あざの 耕平出版社:KADOKA…

東京レイヴンズ (12) Junction of STARs (富士見ファンタジア文庫)著者/訳者:あざの 耕平出版社…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.394 sec. Powered by WordPress