水上悟志新作「プラネット・ウィズ」1巻が7月30日に発売!
7月からTVアニメ放送開始!

:: 2013/4/30 火曜日::

■[ラノベ]バグ満載のゲーム世界へようこそ!「この世界がゲームだと俺だけが知っている」1巻

この世界がゲームだと俺だけが知っている 1
著者/訳者:ウスバー
出版社:エンターブレイン( 2013-04-27 )
単行本 ( 451 ページ )
作者サイト:ウスバー
絵師サイト:『とくになし』イチゼンのブログ
絵師twitter:おっぱい村のイチゼン村長 (ichizen_works)さんはTwitterを使っています

1年ほど前にお勧めしたWeb小説が遂に書籍化ですよ!(ドヤァ
発売元はまおゆうやログホラで有名なエンターブレインなんですが、
他の作品以上に分厚い内容となっている上に、1巻から既にオーディオドラマ化しており、
帯の折り返しのURLにアクセスすればDLして視聴できるんですが、
前半部分はYouTubeでアップされているので、まだ買ってない人はそちらで確認していただければと思います。

主人公がいつも通りVRゲームをやっていたらひょんなことからゲームの世界に取り込まれるという、
割りとよく聞く設定なんですが、そこから伸身一回転捻りをしているのがこの猫耳猫です。
まず、そもそも取り込まれたVRゲームは「New Communicate Online」というタイトルなんだけど、
タイトルに反して一人用のオフラインゲームである上に、
制作者の悪意としか思えない極悪なクエストばかりなクソゲー of クソゲー!
しかし主人公の相良操麻はそんなクソゲーを愛し、大学生活も授業以外は猫耳猫に費やす重度のぼっち。
そんな操麻が即死級トラップ満載のゲーム世界でバグ技を駆使しながら冒険する、
痛快娯楽コメディ小説がこの「この世界がゲームだと俺だけが知っている」なのです!

初見殺しのイベントなんかまだ生温く、敵を攻撃したら回復するバグなんかもまだ可愛い方で、
剣カテゴリーのはずの武器なのに斧技しか出せないとかは常態化しており、
むしろ遭遇したら完全に詰んでしまうイベントも盛り沢山なゲームの完成度がムダに再現されている世界で、
NPCでなくなったキャラクターたちと、
元がゲームだと認識している操麻が繰り広げる冒険が面白いんだな、これが!

この1巻では冒険初期の困ったちゃんNPCのトレインちゃんがメインヒロインなんですが、
初期エリアの近くで長時間レベル上げをしていると悪意なくモンスターをトレインしてMPKしてくるという、
制作者の悪意としか思えない設定がされているんですよね!
それでも純真で可愛いのでヒロインとしての魅力はちゃんとあるんですが、
それにしたって困ったキャラですよ、ホント。

ちなみにこの作者のウスバーさんは非常に設定と伏線と叙述トリックが巧みなので、
今後更に面白くなってきますから、2巻以降も是非楽しみにしていただきたいですね!
まぁ、我慢が出来なくなったらWeb版を読めば良いんじゃないでしょうか!
ストックは残り3冊分くらい余裕である上にハイペースな執筆速度ですので、
期待出来るかと思います!

関連エントリー


天啓的異世界転生譚 1 (ファミ通文庫)著者/訳者:ウスバー出版社:KADOKAWA/エンターブレイン( 2014-0…

【Amazon.co.jp限定】 天啓的異世界転生譚 2 かきおろしイラストペーパー付 (ファミ通文庫)著者/訳者:ウ…

天啓的異世界転生譚 3 (ファミ通文庫)著者/訳者:ウスバー出版社:KADOKAWA/エンターブレイン( 2015-0…

ログ・ホライズン3 ゲームの終わり(上)著者/訳者:橙乃 ままれ出版社:エンターブレイン( 2011-08-31 )単…

ログ・ホライズン1 異世界のはじまり著者/訳者:橙乃 ままれ出版社:エンターブレイン( 2011-03-31 )単行本…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 6.228 sec. Powered by WordPress