ベルセルク 41巻、12月24日発売予定…!
それは惜しいというには、存在が大きすぎた…

:: 2014/4/17 木曜日::

■[漫画]近親相姦多め「穴の奥のいい秘部」

穴の奥のいい秘部 (セラフィンコミックス)
著者/訳者:流一本
出版社:ヒット出版社( 2014-04-11 )
コミック ( ページ )
作者サイト:リーフパーティー入り口

流一本さんと言えば寝取られ(NTR)系のエロ漫画で有名ですが、
実はそれ以外のジャンルも長いことやってるんですよね。
それが近親相姦であり、この「穴の奥のいい秘部」はそのネタが多い単行本になっています。

義理なんかではなく実の妹や実の姉との近親相姦と、
割りと容赦ないものになっています。
中には最後のオチにちゃんと妊娠までしているあたり、
流一本さんの容赦のなさが際立っていますね!

そして3部作になっている「欺母」は義母が薬で寝取られたので寝取り返すモノと、
近親相姦とNTR要素のハイブリッドになっていて総決算みたいでした。
グレていた所を救ってくれた中学校の女教師が義母になり、
仲が良い親子関係を築けていたのに心ない義母の同僚のせいでぶち壊され、
穏やかな笑顔の裏で快楽に堕ちたアヘ顔をしているとか切なくなってきますが、
その切なさもエロさのエッセンスの一つになっています。
そして寝取り返しても心が壊れてしまったが故にその結末が修復不可能な所がズシリと来ますね。
この読後感まで含めてエロ漫画の醍醐味だよなぁ。

それとこの単行本には今までの単行本「み~とほ~る」「NTR少女」「純愛コラプス」の、
阿吽本誌にだけ載っていた販促短編エロ漫画が収録されています。
販促だけにしておくには勿体ないエロすぎる短編だったので、
単行本に収録されたのは喜ばしい限りであります。

という訳で短編と中編以外はNTRはなかったですが、
充分エロいので流一本作品のエロさが好きな人は是非どうぞ。

関連エントリー


み~とほ~る (セラフィンコミックス)著者/訳者:流一本出版社:ヒット出版社( 2011-10-14 )コミック ( …

純愛コラプス (セラフィンコミックス)著者/訳者:流一本出版社:ヒット出版社( 2013-05-17 )コミック ( …

NTR少女 (セラフィンコミックス)著者/訳者:流一本出版社:ヒット出版社( 2012-06-15 )コミック ( ペ…

僕の知らない彼女の淫貌(カオ) (メガストアコミックス)著者/訳者:流一本出版社:コアマガジン( 2010-11-25…

したくなっちゃった。 出版社:ヒット出版社 作者名:杜拓哉 作者サイト:杜拓哉のホームページ.R18 作者twitte…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.357 sec. Powered by WordPress