殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」2巻は4月22日発売!
おじさん…!

:: 2014/7/12 土曜日::

■[漫画]巨乳でエルフな風森さんは魔法が使えない。「スピーシーズドメイン」1巻

凄く… キョン♀の漫画で見たことのある絵柄です…

キョンのTSC表紙漫画 by on pixiv

今まで商業誌では読み切りがポツポツ描かれてましたけど、ついに単行本の発売…!
別冊少年チャンピオンという少々マイナーな雑誌で連載していますが、
バイオレンスな漫画が多い中でのコメディ100%な漫画なので、
チャンピオン本誌における「イカ娘」や「実は私は」に近い立場な気がします。

異世界からの取り替え子が稀におこりエルフや翼人が普通に育つ世界での学園コメディ。
エルフの風森さんは美人で黒髪ロングで巨乳で孤高な雰囲気から、
魔法が使えるかもしれないと思われてるけど使えない、実はちょっと残念なトコもある女の子。

speciesdomain01_01

流石に小学生の頃のように無邪気に魔法が使えると思い込むこともないけど、
それでもやっぱりエルフなだけに魔法への憧れが捨てきれない時に出会ったのが、
トンネル効果で壁抜けする発明品を作ってしまう大機くん。
もう殆ど魔法としか思えない発達しすぎた独創すぎる科学を前に風森さんはブチ切れて…

speciesdomain01_02

大機くんが科学的すぎる発明品でボケて、
風森さんが猛烈にツッコミを入れるというのが基本的なノリですね!

途中からクラスメイトの翼人の羽井さんやノーマルの田中とか、
どんどんキャラが絡んできて素敵にカオスになっていくのも面白いし、
パンチ力増強シューズとか割りとギリギリなネタも突っ込んできて、
兎に角読んでて楽しいです。(笑

俊さんの同人誌が好きだった人にはもちろん、
コメディ漫画が好きな人には是非読んでハマって欲しいですね!
第1話の試し読みも可能ですし、Champion タップ!出張版もありますので、
まずはそちらで確認して頂ければと!

関連エントリー


スピーシーズドメイン 2 (少年チャンピオン・コミックス)著者/訳者:野呂俊介出版社:秋田書店( 2015-02-06…

スピーシーズドメイン 3 (少年チャンピオン・コミックス)著者/訳者:野呂俊介出版社:秋田書店( 2015-09-08…

スピーシーズドメイン(4): 少年チャンピオン・コミックス著者/訳者:野呂俊介出版社:秋田書店( 2016-04-08…

スピーシーズドメイン 5 (少年チャンピオン・コミックス)著者/訳者:野呂俊介出版社:秋田書店( 2016-10-07…

スピーシーズドメイン10巻 出版社:秋田書店 作者名:野呂俊介 作者サイト:ろくでなしの詩 作者twitter:野呂さ…


 Comments (2)

2 Comments »

  1.  ……あっ、確か因果関係で風が吹けば桶屋が儲かる的な運命を保有している野呂俊介先生! 野呂俊介先生ではないですか! ……野呂俊介先生が単行本を出版されたという事は自動的に野呂先生に連載業務が発生し、それとは同時期に掲載を開始した途端、音沙汰がなくなった俊先生のエナジーはここに注がれていたのですね! 謎は全て解けた。……「いけるとこまで」中学生メンバー編、期待してましたのに……(ギリィ)。
     まぁしかし、それはそれとして、一巻が出たからこそ今度は俊先生に風が向くというモノですよ。「いけるとこまで」……、更新してくれるかな!?(某番組風に)

     
    >3×3EYES外伝

     コチラも月刊ヤングマガジンでシッカリと拝見していました。コミックとして纏まるにはまだ原稿が些か足りないかな、という感じでしょうか。しかし当作品の絶頂期に育った人間として、個人的には是非、紙媒体で読みたいですねー。最近も一話、月刊ヤングマガジンに掲載された事ですし、3×3EYESで育った方々が現在、社会人で脂がのった所という感じですから、売れない事は無いと思うんですよね。
     しかし、無料公開されてしまいましたか……。紙媒体はパスでしょうかねぇ。勿体ない。

    Comment by Mya — 2014/7/16 水曜日 @ 5:32:41

  2. 俊さんのいけとこは…
    もしかしたらリニューアルして連載とかワンちゃんあるかも!?
    最近はギャル子ちゃんや徒然チルドレンとか色々ありますし!

    3X3EYESですが、これは確かに月刊ヤンマガに載ってましたね。
    エブリスタ用に描き下ろし追加して単行本出ないかなー、とか思ったりも。
    ちなみに私は中学生の頃に第二章のラストを読んで衝撃を受けた世代なんでクリティカルですね!
    今更全巻揃えなおすのは無理だけど、外伝だけなら買いたいです、はい。

    Comment by フラン — 2014/7/17 木曜日 @ 13:05:15

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 12.420 sec. Powered by WordPress