殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」3巻は10月21日発売!
セガ公認メガドラミニ番外編も収録なるか?

:: 2014/7/27 日曜日::

■[漫画]大覇星祭編、完結!「とある科学の超電磁砲」10巻

とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲 (10) (電撃コミックス)
著者/訳者:冬川基
出版社:KADOKAWA/アスキー・メディアワークス( 2014-07-26 )

7巻から続いた大覇星祭編もついに大団円!

序盤は『不在金属』の捜索というほのぼの展開だったのに、
後半からは食蜂操祈と木原幻生の思惑が入り乱れた大混戦になり、
遂には御坂美琴を素体とするレベル6へ至る実験が始まってしまい…!

いやー、終わってみれば大覇星祭編は食蜂操祈の贖罪の物語でしたね。
原作では『心理掌握』という能力だけが先に出てきて、
その人格とかは判らずに、その能力から冷酷な策謀家というイメージが合ったんですが、
9巻で少しずつその普通の女の子らしさが見えてきてましたけど、
この10巻で確信できましたね。
食蜂操祈は泣いたり笑ったりする人間味溢れる魅力的な女の子だということが。

まず、事態に勘付いた上条さんを見付けた時の食蜂さんのとろける笑顔がヤバイ!

railgun10_01

元々記憶を失う前の上条さんと食蜂さんの面識があったというのは有名ですが、
この笑顔はただ面識があったというだけではすまされない笑顔ですね!
食蜂操祈さんマジ可愛い。

そしてドリーの悲劇を繰り返さないため、『妹達』のために、
生存率が高い策を放棄して、自分自身をも賭けにして幻生に挑む覚悟力!
これは緊迫感のある心理戦だった!

で、最後に描き下ろされた第70話「約束」におけるドリーへの懺悔。
懺悔の内容もそうですけどドリーに向ける表情を見れば、
ただそれだけで食蜂操祈という女の子がどういった心を持っているか。
それが心に伝わってくるようです。

それにしても9巻の59話と60話に載ってたドリーとのエピソードって、
ああいった伏線が張られていたとは、この70話を読むまで気付きませんでした。
てっきり操祈だから「みーちゃん」だったんだと思ってたんですよね。
『心理掌握』で自分と友達だという記憶をドリーに植え込んだとばかり思ってたんだけど、
そういうことだったとは…
言われて見れば二つの液体が入った瓶で遊ぼうとしたのも、

railgun10_02

なるほど、それは68話で警策看取がその能力を使ってドリーと一緒に遊んでいたモノだからで…

railgun10_03

これも前の友達が使っていたモノで遊ぼうとしていただけかと思ってたんだけど、
それもこれも『心理掌握』をああいう風に使ってたからなんだなぁ…

そして、その優しい嘘に気付いたのは匂いを嗅いだ時で、
だからこそ最期に名前を聞いたんだなぁ…

うん、この70話の描き下ろしを読んで本当に良かったです。
食蜂操祈という女の子の魅力がこれ以上ないほど伝わってきたし、
そして何より、かつて傷付いた少女たちが怪我だらけになり遠回りしながらも、
幸せな未来を掴み取ったという結末が本当に感動的で素晴らしかったです!

まぁ、お陰で御坂&上条さんの印象が相対的に薄くなってしまったのは否めませんが…(笑
御坂さんの婚后さんへのお見舞いと謝罪という描き下ろしも微笑ましかったし、
何より上条さんと軍覇の二大ヒーロータッグ戦はかなり燃えたんですけどね!
都市伝説の『不在金属』が現出したりと面白かったし!

でもまぁ、やっぱりこの大覇星祭編のヒロインは食蜂操祈だったなぁ、と感じました。
もう一度じっくり読んだら更なる伏線とかに気付けそうだし、
あとでゆっくり読み返して食蜂操祈という女の子の魅力を堪能したいと思います。

関連エントリー


とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲 (9) (電撃コミックス)著者/訳者:冬川基出版社:アスキー・メディア…

とある科学の超電磁砲 08―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス)著者/訳者:鎌池 和馬出版社:アスキー・メディ…

とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲 (11) (電撃コミックス)著者/訳者:冬川基出版社:KADOKAWA…

とある科学の超電磁砲 7―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス)著者/訳者:鎌池 和馬出版社:アスキー・メディア…

とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲(12) (電撃コミックス)著者/訳者:冬川 基 はいむら きよたか 出…


 Comments (4)

4 Comments »

  1. 雑誌掲載時に多くのファンを悶絶させましたからね、あの「にへー」は。
    8巻で上条さんと出会った時の意味深な描写から、知り合いだろうとは思っていましたが攻略済みだったとは。
    上条さんの右手のことまで知っていましたし、過去に何があったのでしょう。

    一応伏線ぽいものがありまして、大覇星祭の選手宣誓のシーンで小萌先生が食蜂さんのことを「食蜂ちゃん」と呼んでいるので、二人は知り合いの可能性がある。(ちなみに面識のない美琴のことは「御坂さん」と呼んでいる)
    小萌先生は心理学の専門家である。(精神関係繋がり?)
    小萌先生は過去上条さんとは「いろいろあった」らしい。
    以上を踏まえると記憶喪失前の上条さんとの出来事がボンヤリ見えてくるような気がします。
    食蜂さん存在だけなら原作1巻の頃から言及されていますし、上条さんの過去に関係してくるので今後が非常に楽しみです。

    Comment by カミサカ — 2014/7/30 水曜日 @ 0:14:59

  2. >一応伏線ぽいものがありまして、大覇星祭の選手宣誓のシーンで小萌先生が食蜂さんのことを「食蜂ちゃん」と呼んでいるので、二人は知り合いの可能性がある。(ちなみに面識のない美琴のことは「御坂さん」と呼んでいる)

    これ、よく気付きましたね!
    私は完全にスルーして気付かなかったです。
    しかもどうやらカミサカさんの考え通り伏線みたいですね!
    https://twitter.com/gouranga_/status/494465190298017792

    これは楽しみが増えてきたですよ!

    Comment by フラン — 2014/7/30 水曜日 @ 23:20:03

  3. “みーちゃん”繋がり、看取、操祈のこんな真摯なドリーへの思い10巻を読んで感動と感心をぶちこまれた次第です。
    特に完全な悪役としてた看取の背景を知ったところは堪らない気持ちになりましたね。

    Comment by mskwmskw — 2014/9/20 土曜日 @ 23:13:01

  4. ですよねー、看取の背景を知った時はキャラの印象が反転しました。
    三人ともこのまま幸せであって欲しいなー

    Comment by フラン — 2014/9/24 水曜日 @ 8:53:31

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.960 sec. Powered by WordPress