ベルセルク 41巻、12月24日発売予定…!
それは惜しいというには、存在が大きすぎた…

:: 2009/1/28 水曜日::

■[ラノベ]TVアニメ化決定みたいですよ?「生徒会の四散 碧陽学園生徒会議事録4」

生徒会の四散 碧陽学園生徒会議事録4 (富士見ファンタジア文庫)
著者/訳者:葵 せきな
出版社:富士見書房( 2009-01-20 )
定価:¥ 609
文庫
ISBN-10 : 482913366X
ISBN-13 : 9784829133668
作者サイト:栄養の無いサプリメント
絵師サイト:◆Necotoxin◆

このラノベは正直言って富士見ファンタジアの中でも異端児だと思うのですが、
(今までのイメージだと正統派なのはフルメタ、BBB、伝勇伝あたり)
それでもTVアニメ化になるくらい好評且つ編集部プッシュされるというのが意外です。
でもまぁ、かつて漫画でもマガジンの異端児だった赤松健がラブひなで看板になり、
サンデーでも異色だったハヤテが看板になってたりするので、
一周遅れてラノベでも異端児が看板になる時期が来たのかも知れません。

相変わらずラノベというより君あるとかエロゲに近いノリで、
ハーレム宣言をする有能なんだけどバカな主人公の杉崎鍵を中心に、
パロネタを大量に塗り込め、ぐだぐだな日常を主題に置い、
生徒会の面々の変な毎日を綴った短編で構成されています。

今回は椎名姉妹にスポットが当たっているようで、
子供の頃の夢がお嫁さんな深夏は普段ボーイッシュなだけに可愛さ倍増だったし、
真冬に至っては杉崎に恋していることを告白するまでに至っており注目度アップ!
しかし”I love you,but don’t touch me!”って新手のイジメみたいデスネ。

個人的にはエピローグだけが変にラノベらしい設定なのが気になるんですよね。
今までエロゲ的日常で笑いと判りやすいラブコメ模様で楽しんでいた所に変に超常的なトコが入って、
何か世界観が変に壊れるというか、ぶっちゃけ蛇足っぽいというか。
でもまぁ、これが本編での杉崎の立ち位置に絡んできそうで無視できないので、
次巻以降での展開に期待していようと思います。

関連エントリー


生徒会の一存 (富士見ファンタジア文庫 166-7 碧陽学園生徒会議事録 1)著者/訳者:葵 せきな出版社:富士見書房…

生徒会の一存 8 (ドラゴンコミックスエイジ)出版社:富士見書房( 2013-01-09 )コミック ( 127 ペー…

生徒会の月末 碧陽学園生徒会黙示録2 (富士見ファンタジア文庫)著者/訳者:葵 せきな出版社:富士見書房( 2009-…

生徒会探偵キリカ1 (講談社ラノベ文庫)著者/訳者:杉井 光出版社:講談社( 2011-12-02 )文庫 ( 296…

生徒会の五彩 碧陽学園生徒会議事録5 (富士見ファンタジア文庫)著者/訳者:葵 せきな出版社:富士見書房( 2009-…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.034 sec. Powered by WordPress