ベルセルク 41巻、12月24日発売予定…!
それは惜しいというには、存在が大きすぎた…

:: 2015/7/25 土曜日::

■[漫画]幽霊を想って啼く小夜啼鳥の浪漫物語「黒博物館 ゴースト アンド レディ」上下

時は1852年、場所はロンドン ドルーリー・レーン王立劇場。
その場所に取り憑いている灰色の男幽霊、グレイ。
彼の元にある一人の女性が「自分を取り殺してくれる」と奇妙な依頼をしに訪れた。
彼女は後に世界中の人々に知られ、
彼女とその教えを受けた人々によって数え切れないほど多くの人を救った女性。
その名は…

ghostandlady01_01

フロレンス・ナイチンゲール。
後に「ランプの貴婦人」と呼ばれ、現代に受け継がれる”看護”の礎を打ち立てた偉人である。

クリミア戦争で残された銃弾が真っ正面からぶつかって出来た”かち合い弾”
ドルーリー・レーン王立劇場に現われていたという灰色の男の幽霊。
そして、世界に知れ渡る看護の偉人、フロレンス・ナイチンゲール。
全く関係が無さそうなイギリスに纏わる3つの伝記を、
藤田和日郎さんが奇怪で奇天烈で奇跡的な物語に仕上げたのが、
この「黒博物館ゴーストアンドレディ」になります。

これはもう本当に凄かった。
藤田和日郎さんの圧倒的な物語の構成力が冴え渡っており、
ラストにおける物語の畳み方の美しさは見事の一言。
また、自ら”看護”の道を切り開こうとするナイチンゲールがぶつかる、
頑迷な人々という、数々の困難を乗り越えていく強さもまた凄い。
グレイに取り憑かれてから少しずつ、そして確実に強くなる彼女の姿は美しく、
そして何よりも苛烈でした。

それにしてもクリミア戦争における問題人物、ジョン・ホールの憎らしさが半端ないですね。
この人、実在の人物であり、実際にナイチンゲールに数々の嫌がらせをしたんですよね。
それをもう藤田和日郎さんが嬉々として憎さ500%で描くからヒドい。(笑

ghostandlady01_02

現代日本で言うと新国立競技場の件で有名な森喜朗みたいなもんでしょう。
自分の見栄と面子を守るためだけに、他人の不幸を屁とも思ってないクズ中のクズ。
そんな悪役を最後にはきちんと成敗してくれるからスッキリするんですよね。
そこら辺は流石は藤田和日郎さんらしかったです。

そして何よりも藤田和日郎さんらしかったのはナイチンゲールとグレイの関係性。
うしととらのように、人間とそれに取り憑いた幽霊の相棒という関係性。
うしとらと違うのは二人が男と女ということ。
ナイチンゲールがグレイのことを知って徐々に惹かれていく様子もまた愛らしいんだよなぁ。

ghostandlady01_03

90歳で亡くなるまで生涯未婚だったナイチンゲールが愛した幽霊・グレイ。
彼女の最期で二人が再会したラストは本当に素晴らしいの一言でした…

「黒博物館」シリーズの第2弾は浪漫溢れる素晴らしい伝奇物語でした。
またの出会いを楽しみにしたいと思います。

関連エントリー


眼鏡橋華子の見立て2巻 出版社:講談社 作者名:松本救助 作者サイト:松本山 作者twitter:松本救助👓 (@to…

サイクリーマン2巻 出版社:講談社 作者名:原田尚 作者サイト: 作者twitter:harada_n (@n_aoo…

眼鏡橋華子の見立て(1) (モーニング KC)著者/訳者:松本 救助出版社:講談社( 2017-02-23 ) 作者t…

決してマネしないでください。(1) (モーニング KC)著者/訳者:蛇蔵出版社:講談社( 2014-12-22 ) 作…

焼いてるふたり1巻 出版社:講談社 作者名:ハナツカシオリ 作者サイト:works - ハナツカシオリ 作者Twitt…


 Comments (1)

1件のコメント »

  1.  時間が限られる中、何とか寸暇を割いて一気読みしました! 連載は追っていたんですが、いや一気に読むとまた別の爽快感がありますね。「ホーオオオォォォォル……」、敵役ながらキチンと仕事をしていたジョン・ホール氏に礼! ……今の世なら背任も良い所ですよねー……。
     で、私個人としましては脇役好きとしまして、フランス人シェフさんの助手である黒人さんが心配であったりします。キチンと生き残って居られますよね……? 心配です。

     
    >週刊アスキー 『ど根性ガエルの娘』

     旦那さんが今をときめく大井昌和先生との事ですが、処女作「ひまわり幼稚園物語あいこでしょ!」で仰っていた「俺が土下座したのは人生に一度、彼女にだけ(意訳)」との事でしたが、つまり大月悠祐子先生に何かやらかした訳ですかなw もしかしたらお見合い結婚とかでその土下座相手とは関係ないかも知れませんが、気になりますw

     
    >とめはねっ!鈴里高校書道部。

     そういえば、「とめはねっ」は図らずも縁のおばあちゃんが指導していた鈴里高校の方が書の甲子園で入賞点数を多く稼ぎ出してしまったんですね。これはあちらの笠置先生、憤死ものかも知れませんねー……。

     
    >「俺の後輩がこんなに可愛いわけがない」6巻。

     未だに黒猫ファンが多すぎるという訳で寧ろ自然な流れであったこちらのスピンオフ作品、「俺の後輩がこんなに可愛いわけがない」も終わりを迎えました。やー、これはもうなかじまゆか先生にもう一度、黒猫パワーを漲らせて頂いてまた同人誌で描いて頂きたいなぁという気分になりますね。このラストも存分にあり得た訳で(というかある訳で)、ギャルゲーで云えばメイン看板の二人ですからね! 黒猫ヒロイン編、良かったです!

     季節が移り変わって暑さ寒さも彼岸までとなりますが、フランさんもお身体に十分、気をつけて下さいませ!

    コメント by Mya — 2015/8/28 金曜日 @ 3:21:30

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 8.160 sec. Powered by WordPress