殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」3巻は10月21日発売!
セガ公認メガドラミニ番外編も収録なるか?

:: 2015/8/2 日曜日::

■[ラノベ]異世界の住人による地球グルメdiary「異世界食堂」2巻

異世界食堂 2 (ヒーロー文庫)
著者/訳者:犬塚 惇平
出版社:主婦の友社( 2015-07-29 )

作者サイト:犬塚惇平(犬派店主)
絵師サイト:エナミカツミ ウェブサイト
絵師twitter:エナミカツミ(@enonami)さん | Twitter

昨今話題になっているライトノベル×グルメものですが、
その一角を担っている「異世界食堂」の2巻が発売になりました。
グルメものであり、ラブコメ要素がほぼ無いという異色の作品ですが、
それ故なのか近所の本屋では文芸エリアで平積みされてました。
面白い売り方されるものだなぁ。

1巻の終盤で出てきた新人ウエイトレスのアレッタが表紙です。
2巻では彼女を雇うことで物語に新たな広がりを見せてくれます。
シャワーや石鹸に驚くところも初々しいし、
何よりまかないで出てくる珍しいメニューが多彩で面白いんですよね。
店主の中華料理店での修行時代のメニューが出てきたりと、
洋食のしばりが無いというのが多彩さの理由の一つですね。

もちろん料理がこの作品の面白さの根幹を為しているのは変わりません。
納豆スパを好むエルフと、納豆ご飯を発想する若いエルフだとか、
生魚が好きなセイレーンたちにぴったりのカルパッチョ。
一流の商会令嬢も驚くクッキーアソート。
出身地がバラバラな冒険者たちの故郷の味を楽しめるオードブル。
どれをとっても面白いです。

その中でも一番好きなのはきこり一家のエピソード「ハムカツ」ですね。
「ねこや」での食事が月に一度の贅沢というところが、
自分が子供の頃に食べたデパートでの食事を彷彿とさせるんですよねー…
決して他の客のように経済的に豊かではないんだけど、
それ故に食事を心の底から楽しんでいるのがわかるから微笑ましいんですよね。
このエピソードは昭和テイストがすると思います。

それとお客同士の交流もまた心温まります。
「ねこや」で出会った王子と王女の初々しいラブコメだとか、
フェアリーの女王とハーフエルフのヴィクトリア女王の遊戯だとか、
東と西の大陸に住む少女たちの「ねこや」での交流だとか、
「ねこや」を介した人間ドラマも面白さの一つなんですよね。

色々な面白さが詰め合わされた良いグルメものです。
一風変わった作品ではありますが、面白いので是非読んで欲しいですね。

関連エントリー


異世界食堂5巻 出版社:主婦の友社 作者名:犬塚惇平 作者サイト:犬塚惇平(犬派店主) 絵師名:エナミカツミ 絵師tw…

異世界食堂4巻 出版社:主婦の友社 作者名:犬塚惇平 作者サイト:犬塚惇平(犬派店主) 絵師名:エナミカツミ 絵師tw…

異世界食堂 1 (ヒーロー文庫)著者/訳者:犬塚 惇平出版社:主婦の友社( 2015-02-28 ) 作者サイト:犬塚…

異世界食堂 3 (ヒーロー文庫)著者/訳者:犬塚 惇平出版社:主婦の友社( 2016-09-30 ) 作者サイト:犬塚…

理想のヒモ生活 3 (ヒーロー文庫)著者/訳者:渡辺 恒彦出版社:主婦の友社( 2013-03-29 )文庫 ( 32…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.803 sec. Powered by WordPress