水上悟志短編集「放浪世界」が1月10日発売!
久しぶりの水上悟志作品が登場! 「二本松兄妹と木造渓谷の冒険」と同日発売!

:: 2015/11/14 土曜日::

■[漫画]エロのほたる、ラブコメのサヤ。「だがしかし」3巻

だがしかし 3 (少年サンデーコミックス)
著者/訳者:コトヤマ
出版社:小学館( 2015-10-16 )
作者twitter:コトヤマ(@cot_510)さん | Twitter

Kindle版:だがしかし (1)
Kindle版:だがしかし (2)
Kindle版:だがしかし (3)

「サンデーで一番面白い漫画は何か?」

その問いには色々な答えがあるかとは思いますが、
「サンデーで一番エロい漫画は何か?」

という問いの答えは間違いなくこの「だがしかし」だと思います。

何というかね、エロいんですよ。
基本的に昔ながらの駄菓子屋で扱っている駄菓子やオモチャを題材に、
ちょっとした話をしているだけなのにエロいんですよ。

dagashikashi03_01

ホント、台詞の随所からエロいのが滲み出すんですよね。

そのエロさの源泉はやはりほたるさんだと思うんですよね。
夏の通り雨で濡れ透けした時のほたるさんとかごっつエロい。

dagashikashi03_02

天然なんだけど、その悉くがエロいんですよね。
これは青少年であるココノツには毒やわー
それ以外にもエロいのが多いんですが、
青少年には刺激的すぎる内容のエロさも!

dagashikashi03_03

これはハイレベルやで、ホンマ。

そしてラブコメ成分を一手に担っているのがサヤ師。
子供の頃にお医者さんごっこをしたことがあるという、
幼馴染みの強みがあるサヤ師が夏祭りでも良いラブコメを見せてくれましたよ!

dagashikashi03_04

しかしサヤ師はチョロいと思うんだ。
浮かれてココノツに奢りまくるとか、
将来がダメンズに引っかかりそうでちょっと心配であります。
まぁ、このままココノツと一緒になることができても、
いつまでも漫画家志望のココノツを養う未来しか見えないんですけどね。(笑

今度アニメ化されるとのことですが、
このエロさとラブコメをどう表現してくれるのかが心配であり、楽しみです。
現時点でもエロくて薄い本がいっぱい出てるけど、
更に出そうだから期待とか色々なモノが膨らみますね!

関連エントリー


だがしかし 5 (少年サンデーコミックス)著者/訳者:コトヤマ出版社:小学館( 2016-05-18 ) 作者twit…

だがしかし7巻 出版社:小学館 作者名:コトヤマ 作者twitter:コトヤマ(@cot_510)さん | Twitt…

だがしかし 6 (少年サンデーコミックス)著者/訳者:コトヤマ出版社:小学館( 2016-10-18 ) 作者twit…

だがしかし9巻 出版社:小学館 作者名:コトヤマ 作者twitter:コトヤマ (@cot_510) on Twitt…

だがしかし 4 (少年サンデーコミックス)著者/訳者:コトヤマ出版社:小学館( 2015-12-18 ) 作者twit…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.026 sec. Powered by WordPress