ベルセルク 41巻、12月24日発売予定…!
それは惜しいというには、存在が大きすぎた…

:: 2009/4/13 月曜日::

■[ラノベ]語る騙り部「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 死後の影響は生前」

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん〈7〉死後の影響は生前 (電撃文庫)
著者/訳者:入間 人間
出版社:アスキーメディアワークス( 2009-04-10 )
定価:¥ 536
文庫
ISBN-10 : 4048677594
ISBN-13 : 9784048677592
絵師サイト:Left side

衝撃的なラストを飾ったみーくんまーちゃんの6巻が出てから早7ヶ月。
途中青春電波小説「電波女と青春男」を出してこれが結構面白かったから、
この路線で行くのかな-、と思ってたらまさかのみーくんまーちゃんの7巻発売。
えぇー? 6巻でラストじゃないの? 何故? ホワイ?
え? 騙り部が大江湯女?
…あー、確かにみーくんと精神的双生児の大江湯女なら主人公はれるかなぁ。
でもなぁ、それだとみーくんまーちゃんというタイトルじゃないんじゃ…

とか何か色々と思ってたらですね! いやはやね!
もうね、何というかね、一言でいうなら「やられた!」ね!
そうだよねー、みーくんは嘘つきだもんねー
タイトルになってくるから重要なキーワードですもんね! ハハハ!
「電波女と青春男」すらも壮大な伏線だったのかと。
オラびっくりしちまっただよ!

まぁ、これは読んでみないと判らないだろうし、ネタバレすべきじゃないですよ。
ただ面白いのは保証しますよね、ええ。
少なくとも今までのみーくんまーちゃんが好きだった人なら大丈夫ですよ。
多分驚きの連続だと思うけどね。
嘘じゃないけど。

関連エントリー


嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん〈8〉日常の価値は非凡 (電撃文庫)著者/訳者:入間 人間出版社:アスキーメディアワー…

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 6 (6) (電撃文庫 い 9-6)著者/訳者:入間 人間出版社:アスキー・メディア…

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん『i』―記憶の形成は作為 (電撃文庫)著者/訳者:入間 人間出版社:アスキーメディアワ…

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん〈9〉始まりの未来は終わり (電撃文庫)著者/訳者:入間 人間出版社:アスキーメディア…

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 3 (3) (電撃文庫 い 9-3)著者/訳者:入間 人間出版社:メディアワークス(…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.122 sec. Powered by WordPress