ベルセルク 41巻、12月24日発売予定…!
それは惜しいというには、存在が大きすぎた…

:: 2016/9/5 月曜日::

■[漫画]スプーン一杯のNTR「夜にとろける」1巻

夜にとろける 1 (楽園コミックス)
著者/訳者:志摩時緒
出版社:白泉社( 2016-08-31 )

作者サイト:SCARECROW
作者twitter:志摩時緒(@shimaso)さん | Twitter

この一冊は3つのシリーズを収録した短編集風味の単行本です。
前作「あまあま」に出てきた高梨さんの妹の愛ちゃんが出る「制服の恋人」
初々しい学生カップルとその周囲の友達4人が織りなす「こいはやみ」
表題作にして同人誌から出発したJKと男子大学生の「夜にとろける」シリーズ
この3本が順番に収録されています。

ちょっとエッチなラブコメなのは前作と同様なのですが、
だからこそ心に来る展開があります。
具体的に言うと「夜にとろける」シリーズの「初恋未満」です。

純香ちゃんと新太の二人の視点ではなく、
純香ちゃんのクラスメイトの視点だからこそのNTR感が心に来るんだわ…
気になっていた、少し仲が良いと勝手に思っていたのに、
いつの間にか人のモノになっていた事実を知り、
頭が混乱して胸に去来する複雑な感情…

わかる… わかるわ… わかってしまうわ…
あの得も言われぬ感情がこれでもかというほどに紙面から伝わってくるんだよなぁ。
自分がのんびりしている間に大人の階段を登って行かれたという、
あの圧倒的な絶望感に心が押しつぶされそうな気持ち!
なんだろう、とてもわかってしまうわ…
いや、別に、私にそんな過去があったわけではないですよ?
でも、なんでかわかっちゃうんだよなぁ…

もちろん、純香ちゃんたちのラブラブカップルっぷりの甘さも素晴らしかったけど、
あの一つの短編があったがゆえに、全部NTRに見えるから不思議だよね。
これからもずっとNTRに見える呪いに掛かった気分だわ…

他の2つのシリーズも良いモノがありましたが、
私としては「夜にとろける」が一番のオススメですね。
NTR初心者に強くオススメしたいです。
読んで、そして一緒に絶望しよう!

関連エントリー


夜にとろける3巻 出版社:白泉社 作者名:志摩時緒 作者サイト:SCARECROW 作者twitter:志摩時緒 (@…

夜にとろける2巻 出版社:白泉社 作者名:志摩時緒 作者サイト:SCARECROW 作者twitter:志摩時緒 (@…

あまあま3 (楽園コミックス)著者/訳者:志摩 時緒出版社:白泉社( 2014-05-30 )作者サイト:SCAREC…

あまあま4著者/訳者:志摩時緒出版社:白泉社( 2015-08-31 ) 作者サイト:SCARECROW 作者twit…

君にしか教えない 出版社:白泉社 作者名:志摩時緒 作者サイト:SCARECROW 作者twitter:志摩時緒 (@…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.056 sec. Powered by WordPress