僕の心のヤバイやつ 2巻、9月6日発売予定!
恋を自覚した市川と、恋を自覚する山田の悶絶、両片想いラブコメ最新巻!

:: 2016/11/14 月曜日::

■[漫画]エッチなのはいけないと思います「Kiss×sis」17巻

Kiss×sis(17) (KCデラックス ヤングマガジン)
著者/訳者:ぢたま 某
出版社:講談社( 2016-11-04 )

作者twitter:ぢたま某(@ditamabow)さん | Twitter
Kindle版:Kiss×sis (17)
Kindle版まとめ買い:Kiss×sis

前回は三国がフィーチャーされてましたが、
今回は三国はちょっと脇役的な立場です。
まぁ、あこ姉に対して決意表明同然のことをしたりと、
見せるところは魅せてくれてますけどね。

ただ、今回のヒロインは三日月とあこ姉だったな、と。
まさかここに来て三日月がこれほど躍進を見せてくるとは…!
今まではからかい半分だっただけに本気で取ってなかったんですが、
からかい半分だったのに圭太のエロ攻勢に屈してしまい、
ガチで恥ずかしがってるところが最高に萌えでしたね!
これだよ! やはりこういうのだよ!
からかい半分だったはずなのに、負けて本気になってしまった恥じらい!
これぞ萌えですよ!
からかわれたらやり返してガチで恥じらってもらいたいものなのです。

そしてあこ姉は…
何というか、その、エロすぎだよね…
酔っ払った圭太に対してやってきたことの揺り戻しというかね。
間欠泉の描写は青年誌における聖水エロの限界ギリギリを攻めているなぁ…
と、無駄に感心しましたね。
というか聖水エロに違和感がないあたり、
私はぢたま某さんの漫画に慣れきってるなぁ、と思いました。

しかし賢者モードというか、何というか。
まさかのあの圭太がエロに対する自制心を発揮してくるとは…
夕月先生ももう少し早く攻勢にでていればねぇ…
何というか、ことごとく機を逃す女性だ…(笑

関連エントリー


Kiss×sis19巻 出版社:講談社 作者名:ぢたま某 作者twitter:ぢたま某@スランプ脱出できないフレンズ …

Kiss×sis(9) (KCデラックス)著者/訳者:ぢたま 某出版社:講談社( 2011-11-30 )コミック (…

Kiss×sis(16) (KCデラックス ヤングマガジン)著者/訳者:ぢたま 某出版社:講談社( 2016-04-0…

Kiss×sis(7) (KCデラックス)著者/訳者:ぢたま 某出版社:講談社( 2010-11-22 )コミック (…

Kiss×sis(6) (KCデラックス)著者/訳者:ぢたま 某出版社:講談社( 2010-06-04 )定価:¥ 5…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.844 sec. Powered by WordPress