僕の心のヤバイやつ 3巻の特装版が6月8日発売!
山田と市川の両片想いに全力でニヤニヤしよう!

:: 2016/12/13 火曜日::

■[ラノベ]想いの残響「アクセル・ワールド 21 -雪の妖精-」

アクセル・ワールド21 -雪の妖精- (電撃文庫)
著者/訳者:川原 礫
出版社:KADOKAWA( 2016-12-10 )

作者サイト:WORD GEAR
作者twitter:川原礫(@kunori)さん | Twitter
絵師サイト:天才卓球少女
絵師twitter:HIMA(@himapo)さん | Twitter
Kindle版まとめ買い:アクセル・ワールド

白のレギオンと加速研究会の関係を明らかにするために、
プロミネンスと電撃的に合併して領土戦に挑んだ新生ネガ・ネビュラス。
しかしそれを察知していた白の王は周到に準備をしていて罠を仕掛け、
全員を強制的に無制限フィールドに転移させた上で心意技での無限PK状態に陥らせる。
銀翼によってかろうじて無限PKから免れたクロウとベルだが、当然追っ手がかかって…

ゲームの中には高レベル同士の戦いだと持久戦ではなく、一瞬で勝負がつくことはありますが、
それにしてもこの目まぐるしい攻守の逆転劇は凄まじいものがありました。
というかブレイン・バーストは最大HPと防御力に対して攻撃力が高すぎるような気がするなぁ…
まぁ、心意技というチートのせいだとは思うんですが、それにしたってこのバランスはヒドい。(笑

しかし、予想はしていましたがやはり白の王は察知していたかー…
何重にも罠を張るところは流石と言えますが、それにしたって凄い…
それも加速世界という、時間はいくらでも掛けられる世界観だからこそでしょう。

結局白のレギオンの幾重にも張った罠を食い破ることが出来たのは、
危機を察知して駆けつけてきた黒雪姫たちの機転もそうですが、
トリリードという伏せていた強力なカードがあってこそなんですよね。
やはり情報ってのは大事だなぁ…

実際白のレギオン、というか白の王は情報の扱いが上手いんですよね。
若宮メグミという伏せたカードの使い方とかエグいというか…
テロ組織が十年以上も潜伏させた工作員を使うような手法に似ていて、
十代にしてその手腕は空恐ろしいものがあります。

白のレギオンもあれだけ結束力が高いだけに何かしら明確な目標があるのでしょうが、
人の気持ちを全く斟酌しない手段を選んでばかりだから、
こういった邪魔をされるのでしょう。
手段を選ばないのも体感で何十年も戦ってきて心が擦り切れた結果なのだとすると、
それはそれで悲しいものがありますよね。

試合に勝って勝負に負けた感があった今回の領土戦ですが、
まさか非力なあの子があんな鬼札を手に入れていたとは…
次巻は箸休め的な内容みたいですが、次のストーリー展開も楽しみですね。

関連エントリー


アクセル・ワールド 22 -絶焔の太陽神- 出版社:KADOKAWA 作者名:川原礫 作者サイト: 作者twitter…

アクセル・ワールド 23 -黒雪姫の告白- 出版社:KADOKAWA 作者名:川原礫 作者サイト: 作者twitter…

アクセル・ワールド24 -青華の剣仙- 出版社:KADOKAWA 作者名:川原礫 作者サイト:wordgear.x0.…

アクセル・ワールド (20) ―白と黒の相剋― (電撃文庫)著者/訳者:川原礫出版社:KADOKAWA/アスキー・メデ…

アクセル・ワールド (18) ―黒の双剣士― (電撃文庫)著者/訳者:川原礫出版社:KADOKAWA/アスキー・メディ…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 0.993 sec. Powered by WordPress