殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」2巻は4月22日発売!
おじさん…!

:: 2017/1/12 木曜日::

■[漫画]男の戦い「食戟のソーマ」22巻

食戟のソーマ 22 (ジャンプコミックス)
著者/訳者:佐伯 俊 森崎 友紀
出版社:集英社( 2016-12-31 )

原作者twitter:附田祐斗(@tsukudayuto)さん | Twitter
作者twitter:傾国美塵
Kindle版:食戟のソーマ (22)
Kindle版まとめ買い:食戟のソーマ
DMM電子書籍:食戟のソーマ (22)

創真の退学を賭けた熊肉をテーマにした葉山とのリベンジマッチ!
並み居る三年生の強敵を退けて十傑入りしたスパイス調合の腕を持つ葉山と、
臭みが強いと言われる熊肉を扱った勝負とか逆境にも程があるけど、
そこを乗り越えるからこそ、少年誌的な面白さがあるんですよね。

かつて敗北を喫した圧倒的才能を持つ強敵との再戦とか、マジで燃えますよね。

これぞ少年漫画! と思わせる熱戦なんですが、
汚れてしまった大人の私は「凄く… BLです…」という感想も同時に持ってしまいます。
いや、だって、どう見ても創真×葉山じゃないですか!
葉山本人は潤に片想いしているノンケなのに、
創真は一途に葉山のためだけを思って料理を作るとかBLすぎるというか。
うーん、冬コミで毒されたかな…?

ただ、作者も少年誌的にしたって流石に熱いというか暑苦しいと思ったのか、
今回の審査員にロリ二人を追加しているのが良かったですね。

割りと無理矢理な感じとはいえおはだけというか、
お色気シーンを盛り込んできているのは流石というか。
そうだよね、初期のソーマはお色気シーンで人気を勝ち取ったんだもんね。
こういう展開があってこそのソーマだよね。

BLもとい少年漫画的決戦の決着は次巻に持ち越しですが、
週刊連載なので次巻はサクっと出ると思います。

まぁ、それはそれとして熊肉を食べてみたくなりますよね。
40年近く生きてきましたがまともに食べたことがないので、
いつか食べてみたいものであります。

関連エントリー


食戟のソーマ26巻 出版社:集英社 原作者名:附田祐斗 原作者twitter:附田祐斗 (@tsukudayuto) …

食戟のソーマ24巻 出版社:集英社 原作者名:附田祐斗 原作者twitter:附田祐斗 (@tsukudayuto) …

食戟のソーマ 13 (ジャンプコミックス)著者/訳者:佐伯 俊 森崎 友紀 出版社:集英社( 2015-06-04 )…

食戟のソーマ 11 (ジャンプコミックス)著者/訳者:佐伯 俊 森崎 友紀 出版社:集英社( 2015-03-04 )…

食戟のソーマ 16 (ジャンプコミックス)著者/訳者:佐伯 俊 森崎 友紀 出版社:集英社( 2016-01-04 )…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.215 sec. Powered by WordPress