殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」3巻は10月21日発売!
セガ公認メガドラミニ番外編も収録なるか?

:: 2017/3/31 金曜日::

■[漫画]はじめてのかみ「だめてらすさま。」1巻

だめてらすさま。1巻だめてらすさま。1巻
出版社:小学館
作者名:藤木俊
作者サイト:藤木屋 – livedoor Blog(ブログ)
作者twitter:藤木俊(@shunfujiki)さん | Twitter
Kindle版:だめてらすさま。 (1)
DMM電子書籍:だめてらすさま。 (1)

こわしや我聞」「はじめてのあく」の藤木俊先生が帰ってきたぞー!

「はじあく」連載終了後の2013年に脳出血で倒れてしまった藤木俊先生。

復帰が危ぶまれいましたが、この度無事に新作単行本が出ることに。
内容は神様の力を手に入れた主人公のコーヘイが厄介事相手に奮闘しつつ、
生来のスケべ心も自制しないという、とても80年代サンデーを思い出す内容です。

今までの作品の主人公はベクトルに差はあれど真面目系だけだっただけに、
この往年のサンデー主人公らしい、煩悩に素直なところはとても好感が持てます!
だって私にとってサンデー主人公は横島忠夫や諸星あたるなんだもの…!

国津神の殆どがニートになってしまい大変なので、
神になってくれと言われた主人公のコーヘイが、
1000年間のガチムチ男神との修行が嫌だから、
ちょっとだけ神様になって奮闘する話なんですが、
バトルモノというよりもコメディ作品ですね!

エロコメではないです。(多分

実家の温泉旅館にてらすとヤタさんが泊まっているので、
従業員の立場を利用して執拗に覗きを狙うコーヘイってばマジサンデー主人公。
頑張って女性の裸を描こうとする藤木俊先生は、
サンデー読者の欲求をとてもよく分っていると思います!

私としてはもう少しラブい雰囲気になっても良いのですが、
取りあえずは温泉おっぱいの眼福に与れるのでこれはこれで。
でも、もっとラブでコメっても良いのよ?
と、そう思う吉宗なのであった…

関連エントリー


だめてらすさま。2巻 出版社:小学館 作者名:藤木俊 作者サイト:藤木屋 - livedoor Blog(ブログ) 作…

はじめてのあく 5 (少年サンデーコミックス)著者/訳者:藤木 俊出版社:小学館( 2010-05-18 )定価:¥ …

はじめてのあく 13 (少年サンデーコミックス)著者/訳者:藤木 俊出版社:小学館( 2012-02-17 )コミック…

はじめてのあく 6 (少年サンデーコミックス)著者/訳者:藤木 俊出版社:小学館( 2010-08-18 )コミック …

はじめてのあく 8 (少年サンデーコミックス)著者/訳者:藤木 俊出版社:小学館( 2011-01-18 )コミック …


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.860 sec. Powered by WordPress