殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」3巻は10月21日発売!
セガ公認メガドラミニ番外編も収録なるか?

:: 2009/5/22 金曜日::

■[ラノベ]完結、感動、感涙…!「BLACK BLOOD BROTHERS 11 賢者転生」

BLACK BLOOD BROTHERS11 ―ブラック・ブラッド・ブラザーズ 賢者転生― (富士見ファンタジア文庫)
著者/訳者:あざの 耕平
出版社:富士見書房( 2009-05-20 )
定価:¥ 840
文庫
ISBN-10 : 4829134038
ISBN-13 : 9784829134030
作者サイト:あざログ

素晴らしかった…! 兎に角素晴らしかった…!

全世界を舞台にした吸血鬼と人間の時空を超越した壮大なドラマ。
最初から最後まで緻密に配置された伏線を巧みに操りながら、見事に回収し、
その圧倒的なスケールで繰り広げられた物語が見事に完結し、
その感動の余韻にただただ翻弄されるばかりです。
本当に面白く、そして素晴らしい作品でした…

特区奪還作戦の機先を制されてまたもや「九龍の血統」に主導権が奪われるかと思いきや、
ジローの呼びかけにミミコが一心不乱に特区を目指し、朱姫の協力で縮地で到着し、
サユカが合流し、バウワウ卿が立ちはだかり、ジローが遅参し、ケインが駆けつけ、
レジスタンスもジャネットなど、誰一人の頑張りが欠けても成り立たない綱渡りの総力戦が展開され、
戦いの優劣は目まぐるしく入れ替わり、ぐいぐいと物語に引き込まれていきます。

「九龍の血統」も全力を出し、知謀の粋を尽くして「生きる」為に戦い、
挑み、破り、破られ、一進一退の戦いを見せてくれる姿に敵ながら感動させられました。
”宿命的に弱者”である「導主」の血族が世界に抗い、「生きる」為に最後まで全力で戦い、
そして散っていったその様は儚くも熱いものがありました。

勿論、吸血鬼同士の戦いだけでなく、人間だからこその戦い方も素晴らしかった。
ミミコの起死回生の策とそれを実行に移すカンパニーと十字軍の仲間たちが起こす奇跡。
そしてその起こった奇跡を希望の光とする為に奮闘するレジスタンスの人間たち。
また、倒れそうになるジローを立たせ、最後まで生き残らせた人間ミミコの血。
どれ一つとっても掛け替えのない輝きを放ってました。

バトルも素晴らしかったけど、エピローグも感動させられました。
ミミコの「調停屋」としての凄みというのを最後に再確認させられたし、
特別な能力は無くとも本当に素晴らしいヒロインであり、主人公だったと思います。

前作「Dクラッカーズ」を読み終わった時、地方都市一つを舞台で完結するには勿体ない、
もっと壮大なスケールで書いたら更に凄い作品が出来るのではないか…、と思ったものですが、
「BBB」はその時に思ったことが間違いではなかったことが証明された傑作でした。

この作品は富士見ファンタジア文庫を代表する傑作と言って良い出来だと思いますし、
もっと読まれて、もっと評価されて欲しい作品だと思います。
出来るなら、より多くの人に読まれ、より多くの人に感動が得られますように…

関連エントリー


BLACK BLOOD BROTHERS9 ―ブラック・ブラッド・ブラザーズ 黒蛇接近― (富士見ファンタジア文庫 9…

BLACK BLOOD BROTHERS(S)6 ―ブラック・ブラッド・ブラザーズ短編集― (富士見ファンタジア文庫 …

BLACK BLOOD BROTHERS S 5―ブラック・ブラッド・ブラザーズ短編集 (5) (富士見ファンタジア文…

BLACK BLOOD BROTHERS10 ―ブラック・ブラッド・ブラザーズ 銀刀出陣― (富士見ファンタジア文庫)…

東京レイヴンズ6 Black Shaman ASSAULT (富士見ファンタジア文庫)著者/訳者:あざの 耕平出版社:…


 Comments (1)

1件のコメント »

  1. とらのあなにて『ガンガンJOKER』購入時に抽選して複製原画とか当たるのやってますよっと。
    以前紹介されてた『プラナス・ガール』複製原画サイン入りが一発で当たりましたよっと。
    サインは直筆っぽいデス

    Comment by 通りすがりの — 2009/5/23 土曜日 @ 9:49:16

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.313 sec. Powered by WordPress