僕の心のヤバイやつ 2巻、9月6日発売予定!
恋を自覚した市川と、恋を自覚する山田の悶絶、両片想いラブコメ最新巻!

:: 2011/10/30 日曜日::

■[ラノベ]おっさんの格好良さを見よ!「東京レイヴンズ6 Black Shaman ASSAULT」

東京レイヴンズ6 Black Shaman ASSAULT (富士見ファンタジア文庫)
著者/訳者:あざの 耕平
出版社:富士見書房( 2011-10-20 )
文庫 ( 346 ページ )
作者サイト:あざログ
作者twitter:あざの耕平 (k_aza) on Twitter
絵師サイト:—マッチョリ—
絵師twitter:すみ兵 (suminiku) on Twitter

あざの耕平さんが書くおっさんたちの格好良さは異常。

BBBの時もそうでしたけど、あざの耕平作品のおっさん連中は本当に格好いいんですよね。
こういう大人が傍に居たら間違いなく憧れるし尊敬してしまうおっさんばかり。
美少女わんさかが当然のラノベ業界では珍しい部類に入るとは思うのですが、
読んでてワクワクしてしまうこの興奮は何物にも代えがたいモノだと思うのです。

北斗の正体は夏目かもしれない…
という読者からすると「今更かよ!」とツッコミを入れたくなる疑念を持ち始めた春虎と、
天馬のスランプもありギクシャクしだした鈴鹿を加えたいつもの面子。
しかしそこへ舞い込むDこと伝説の陰陽師、芦屋道満からの大胆不敵な挑戦状。
力業で攻め込むDに対して、その圧倒的な戦力差で押し潰されそうになり、
夏目の顔にも絶望の影が差す所に登場するのは隻脚の教師で…

と、もうね、大友先生ってばマジヒーローすぎ。
霊力には圧倒的なまでの差があるのにそれに抗うだけの術を持ち、
大胆不敵にも次々と手を打っていく姿は本当に痺れますよね!
超一流の戦いを間近で見ることで春虎たちも色々感動してたみたいですが、
それも当然と言える美しい戦い方でした。

しばらく短編が続いていたこともあり、1冊丸々使っての長編は読み応えがあり、
久しぶりのあざの耕平作品におけるおっさんの格好良さを堪能できて大満足でした。
また、ヒロインたちの萌えもちゃんと忘れずに補充してたのが良かったと思います。
春虎に「惚れちまいそうだ」と言われた鈴鹿の動転っぷりは良いツンデレだと思いますよ!
まぁ、正ヒロインの夏目は今回萌えポイントは少なかったですが…
次回以降がんばれ…、夏目…!

関連エントリー


東京レイヴンズ3 cHImAirA DanCE (富士見ファンタジア文庫)著者/訳者:あざの 耕平出版社:富士見書房(…

東京レイヴンズ1 SHAMAN*CLAN (富士見ファンタジア文庫)著者/訳者:あざの 耕平出版社:富士見書房( 20…

東京レイヴンズEX4 twelve shamans (ファンタジア文庫)著者/訳者:あざの 耕平出版社:KADOKAW…

東京レイヴンズ10 BEGINS/TEMPLE (富士見ファンタジア文庫)著者/訳者:あざの 耕平出版社:富士見書房(…

東京レイヴンズ8 over-cry (富士見ファンタジア文庫)著者/訳者:あざの 耕平出版社:富士見書房( 2012-…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.242 sec. Powered by WordPress