りゅうおうのおしごと! 6 ドラマCD付き限定特装版 7月15日発売!
今大人気のライトノベルのドラマCDが聴ける!

:: 2017/11/29 水曜日::

■[漫画]ネバーエンディングかわいい「苺ましまろ」8巻

苺ましまろ8巻苺ましまろ8巻
出版社:KADOKAWA
作者名:ばらスィー
作者サイト:ばら画像置き場

7巻の感想で「8巻が出るのはこのペースだと2017年頃になるかも」と言いましたが…、
正にその通りでしたね!
「苺ましまろ」4年半ぶりの新刊です!
帯に書いてある「かわいさ、超オリンピック級!!」というコピーは、
4年ごとにしか単行本が出ないことを暗喩しているのでしょうか…(笑

一話あたりのページ数は変わらないけれど、
連載時の掲載ページ数が毎月3ページとかだからこれくらい掛かっちゃうんですよねー
なので、連載読んでても面白さがピンと来ないことが多かったんですが、
単行本になってまとめて読むと面白さが衰えてないことがわかります。

ただ、流石に連載が長いので色々と変わったなぁ、と思うところもあります。
具体的に言うとスマホが出てきたことでしょうか。

小学生がスマホを持つというのは珍しいですが、
そもそも連載開始時の2001年にはスマホとか出てないですからね。
ある意味時代に合わせているなぁ、と思いますですよ。
まぁ、やってるネタは不変的な面白さなんですけどね。
何しろ上の画像を見て分かるとおり、バカがバカやってますから。
そんなバカに素直に騙される純真な茉莉ちゃんは相変わらず可愛すぎる…

ちなみにアナちゃんだからさり気なく普通にスマホを使ってますが、
美羽が自分用を買って貰ったら見せびらかすんだろうなぁ、と思います。
現時点でお母さんのスマホを借りて使いこなしているあたり、
子供らしいポテンシャル魅せてますが。

他にも初詣行ったり美羽考案の謎解きをやったり、
イベントものも結構色々とやってますが、
紙ずもうをやり始めて熱血展開になったり、
女の子らしい恋バナ(?)やったりと日常的なモノもあります。
まぁ、どれも笑えるエピソードばっかりなのはとても「苺ましまろ」してますが。(笑

いつまで経っても笑えて萌える面白さです。
ですが、続きが4年後にしか読めないのはちょっと悲しいですね…
東京オリンピックの前には読めるようにお願いしたいところであります。(笑

関連エントリー


苺ましまろ 7 (電撃コミックス)著者/訳者:ばらスィー出版社:アスキー・メディアワークス( 2013-03-27 )…

三ツ星カラーズ3 (電撃コミックスNEXT)著者/訳者:カツヲ出版社:KADOKAWA( 2016-10-27 ) 作…

とらドラ! 5 (電撃コミックス)著者/訳者:竹宮 ゆゆこ出版社:アスキー・メディアワークス( 2012-03-27 …

三ツ星カラーズ (1) (電撃コミックスNEXT)著者/訳者:カツヲ出版社:KADOKAWA/アスキー・メディアワーク…

DOLLMASTERぱられるコミックレポートで見るワンフェス (電撃コミックス)著者/訳者:井原 裕士出版社:アスキー…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 0.853 sec. Powered by WordPress