さらば愛しきたわわ「ソードアート・オンライン プログレッシブ」7巻 | フラン☆Skin


水上悟志新作「プラネット・ウィズ」1巻が7月30日に発売!
7月からTVアニメ放送開始!

:: 2018/5/15 火曜日::

■[漫画]さらば愛しきたわわ「ソードアート・オンライン プログレッシブ」7巻

原作2巻のエピソードで比村奇石さん版のSAOPコミカライズは終了です。
非常に残念ではあるし勿体無いとは思うのですが、
比村さんほどの”自分で稼げる作家”をKADOKAWAが養えるほどの甲斐性があるとは思えませんからね。
これも時代なのかな…

これで完結とはいえ比村さんは最後まで仕事はきっちりとやってくれました。
原作とはかなり違った展開になっていますが、
絵で魅せるメディアである漫画ではこちらの方が良いですよね。
何せ、原作だと終盤はほぼ会話だけで成り立っちゃってるもんなぁ…
原作そのままだとどう考えても地味すぎる…!

しかしバトルメインにするにしても、
そこでキズメルさんの胸の装甲だけ剥落させてたわわ分を過剰に供給するあたりは、
比村さんが職権濫用しているとしか思えませんでしたね!(笑
いや、私は大好きですけども!

それと、キズメルの仇討ちとキリトvsモルトの両方で感じたんですが、
敵の言動へのイラツキ度合いが半端ないですね!
川原礫作品では悪辣な悪役が多いとはいえ、これはちょっとベクトルが違っているというか。
比村さんのバックボーンから考えると間桐慎二の遺伝子を感じざるを得ない…!
まぁ、そんな悪役をキッチリ倒してカタルシスを感じるのはSAOPだなぁ、と思います。

それにしても最後までキズメル、アスナ、アルゴといった女性陣が輝くコミカライズでした。
一応この続きは別の作家さんが描かれるとのことですが、
比村奇石版SAOPはこれが最後なのかと思うと残念ですね。
まぁ、月曜日のたわわでたわわには毎週会えるのでそれほど淋しさはありませんけども。

取りあえずお疲れ様でした!
また比村奇石さんの漫画の次回作に会えることを楽しみにしています。

関連エントリー


ソードアート・オンライン プログレッシブ6巻 出版社:KADOKAWA 原作者名:川原礫 原作者サイト: 原作者twi…

ソードアート・オンライン プログレッシブ (2) (電撃コミックスNEXT)著者/訳者:比村奇石出版社:KADOKAW…

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃コミックスNEXT)著者/訳者:比村奇石 原作者サイト:WOR…

ソードアート・オンライン プログレッシブ (3) (電撃コミックスNEXT)著者/訳者:比村奇石出版社:KADOKAW…

ソードアート・オンライン プログレッシブ (5) (電撃コミックスNEXT)著者/訳者:比村奇石出版社:KADOKAW…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 0.934 sec. Powered by WordPress