殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」2巻は4月22日発売!
おじさん…!

:: 2018/7/25 水曜日::

■[漫画]18年ぶりの帰還「天国大魔境」1巻

天国大魔境1巻天国大魔境1巻
出版社:講談社
作者名:石黒正数
作者サイト:おかんの家4
作者twitter:石黒正数 (@masakazuishi) | Twitter
Kindle版:天国大魔境 (1)
DMM電子書籍:天国大魔境 (1)

先日星雲賞を受賞した「それでも町は廻っている」や、
10年前に「外天楼」を描いた石黒正数さんの新作がこの「天国大魔境」です。
元々石黒正数さんはアフタヌーンの四季賞出身ですので、
アフタヌーンで連載されることはおかしくないんですが、
それでもちょっと驚きましたね。

何か大きな災害が起こり、文明が崩壊した近未来世界を舞台にした物語です。
恐らくまだ21世紀、災害から15年と作中で語られているのでそう遠くない未来ということでしょう。
そこでは何か異形の生物が人を食い、人類は文明の残り香で何とか生活しているみたいで、
その世界で天国を求めて旅するマルとそのボディーガードのキルコ。
そして、マルと似た容姿のトキオという少年が過ごす、どこかの閉ざされているけど幸せそうな施設。
天国と魔境の二つが描かれた作品です。

この1巻の時点で伏線がメチャクチャ張り巡らされているのが分かります。
「それ町」もそうでしたけど、伏線の張り方が綿密であり長いんですよね。
世界観の説明も登場人物たちの会話から断片を拾って類推していかなくてはならなくて、
そういった楽しさもあったりします。
まぁ、総じて長編としての面白さが秘められているのがよくわかる内容なので、
覚悟を持って読んだ方が良いかもしれません。

あと、今までの石黒正数作品と違って、ちょっとエッチな要素はありますね。
女性の裸も描かれるし、キルコの身体とか妙に性的に描かれてるし。

退廃的な世界観だからインモラルさを出しているのか、
中々に悩ましくはあります。

第1話を読むことができますが、雰囲気を感じるくらいしかできないかもしれません。
恐らく長編になると思うので、この1巻だけでは面白さの半分も理解できてない気がします。
それでも今までの石黒正数作品の面白さを知っているので、期待は高まってしまいますね。
はたしてこの「天国大魔境」はどんな物語を描いてくれるのか…
とても楽しみです。

余談ですが、私みたいに性転換モノ好きな人は読むべきだと思います。
まさか… 中身が男だったとは…

関連エントリー


天国大魔境2巻 出版社:講談社 作者名:石黒正数http://www5.plala.or.jp/okan/ 作者twi…

石黒正数短編集 2 (リュウコミックス)著者/訳者:石黒 正数出版社:徳間書店( 2010-11-13 )コミック (…

木曜日のフルット 1 (少年チャンピオン・コミックス)著者/訳者:石黒 正数出版社:秋田書店( 2010-10-08 …

木曜日のフルット 4 (少年チャンピオン・コミックス)著者/訳者:石黒 正数出版社:秋田書店( 2014-09-08 …

木曜日のフルット 5 (少年チャンピオン・コミックス)著者/訳者:石黒正数出版社:秋田書店( 2015-12 ) 作者…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.246 sec. Powered by WordPress