水上悟志新作「プラネット・ウィズ」1巻が7月30日に発売!
7月からTVアニメ放送開始!

:: 2018/11/22 木曜日::

■[漫画]愛の見開き三段活用「化物語」3巻

化物語3巻化物語3巻
出版社:講談社
原作者名:西尾維新
原作者サイト:西尾維新オフィシャルサイト
作者名:大暮維人
Kindle版:化物語 (3)
Kindle版まとめ買い:化物語
DMM電子書籍:化物語 (3)

十数年前に起こった悲劇は覆せないけれど、
今そこにある悲劇は救うことができる。
誰でも助ける阿良々木さんは蝸牛も助けるのだ。

というわけで八九寺真宵編もクライマックス。
これ読んでる人でストーリー展開を知らない人の方が少ないでしょうが、
やはり大暮維人さんの漫画というのは読み応えがあるので読み込んでしまいます。
作画の美しさは元より、見せ方もやっぱり凄いと思うわけですよ。

例えば羽川と会話してるだけなのに、
視点はずっとおっぱいに釘付けな阿良々木さんのゆっさゆさっぷり。

いやー、素晴らしいおっぱいの揺れですよ。
見せ方が上手いというか、魅せ方が上手すぎるというか。
斜め後ろからのアングルだから、形の綺麗さもわかるというか。
制服が乳袋とか最高すぎるじゃないですか。
羽川 is おっぱい。

とはいえ、それ以上に凄かったのは戦場ヶ原の見開き3連続でしたけどね。
これは是非とも実際に読んでみて欲しいんですが、
できれば電子書籍版で見た方が良いと思うんですよ。
紙だとどうしてもノドの部分とか見えないですからね。
電子書籍版で大きなディスプレイで見開きで見ることをお勧めします。
あれは圧巻だし、何より見開きにして大正解だと思わされましたから。

電子書籍と言えば、この漫画は紙で読むよりも、
電子書籍で読んだ方が良いんじゃないかな、と思うことが多いですね。
紙質が良い単行本ならともかく、雑誌は電子書籍の方が絶対に良いです。
だって、黒の綺麗さが雑誌だと潰れちゃいますから。
大暮維人さんの白と黒の芸術的な使い方を堪能するなら、
電子書籍の方が良いんじゃないかな、と思う次第であります。

関連エントリー


化物語2巻 出版社:講談社 原作者名:西尾維新 原作者サイト:西尾維新オフィシャルサイト 作者名:大暮維人 Kindl…

化物語1巻 出版社:講談社 原作者名:西尾維新 原作者サイト:西尾維新オフィシャルサイト 作者名:大暮維人 Kindl…

化物語アニメコンプリートガイドブック出版社:講談社( 2010-10-28 )単行本(ソフトカバー) ( ページ )公…

化物語(下) (講談社BOX)著者/訳者:西尾 維新出版社:講談社( 2006-12-04 )定価:¥ 1,575単行…

化物語(上) (講談社BOX)著者/訳者:西尾 維新出版社:講談社( 2006-11-01 )定価:¥ 1,680単行…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 0.810 sec. Powered by WordPress