殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」2巻は4月22日発売!
おじさん…!

:: 2019/4/22 月曜日::

■[漫画]エロ・グロ・バイオレンス「化物語」5巻

化物語5巻化物語5巻
出版社:講談社
原作者名:西尾維新
原作者サイト:西尾維新オフィシャルサイト
作者名:大暮維人
Kindle版:化物語 (5)
DMM電子書籍:化物語 (5)

するがモンキーの中盤からクライマックスにかけて描かれている5巻です。
アニメと違って尺の都合とかもないので、
原作のくっそ長いセリフとかも演出込みで詰め込まれているので、
原作原理主義者な読者にも納得がいく出来になっていると思われます。

それとなんといっても神原駿河のエロ可愛さを120%引き出している、
大暮維人作画の素晴らしさには感服させられますよ。

正直ね、神原は私のエロターゲットじゃなかったんですよ。
あけすけなシモネタが苦手というわけではないんですが、
私のエロターゲットになっていたのは羽川翼ですからね。
あ、撫子は一応ストライクゾーンに入ってるか。

まぁ、そんなわけでアニメでビジュアル化されて、
沢城みゆきボイスがついても神原に対して性欲は喚起されなかったわけなんですが…
正直、この大暮維人作画による神原は… 有りだな、と…!

くそぅ、やっぱり大暮維人って凄いよ。
女体をエロ可愛く描くことに関してはトップランナーだよ!
そう認めざるを得ないよ!
余裕でシコれるよ!

まぁ、そんな神原で肉片飛び散るバトルを描くのも大暮維人さんらしいんですよね…

むしろ大暮維人さんが描きたいのはこっちなんだろうなぁ…
という気がとてもするんですよね。
なんか今までにも増してページ数かけてるような気がしますし。
そのせいなのか、この5巻だけでするがモンキーは終わってないので、
終局は6巻にお預けになっています。
大丈夫、週刊連載なので単行本出るの早いから。
きっと大丈夫だよ…!

関連エントリー



 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.454 sec. Powered by WordPress