殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」2巻は4月22日発売!
おじさん…!

:: 2019/5/6 月曜日::

■[ラノベ]頂上決戦「インフィニット・デンドログラム 3.超級激突」

インフィニット・デンドログラム3.超級激突インフィニット・デンドログラム3.超級激突
出版社:ホビージャパン
作者名:海道左近
作者サイト:海道 左近
絵師名:タイキ
絵師サイト:LUSTER
絵師twitter:タイキ / taiki (@taiki99) | Twitter
Kindle版:インフィニット・デンドログラム- 3.超級激突
Kindle版まとめ買い:インフィニット・デンドログラム
DMM電子書籍:インフィニット・デンドログラム- 3.超級激突

東の大国、黄河の決闘ランキング第二位の迅羽と、
王国の決闘ランキング不動の一位フィガロ。
二人の超級エンブリオ持ちの<超級>が激突するという、
世紀の一戦が開催されるギデオンは大いに盛り上がるんだけど、
北の皇国による魔の手が忍び寄っていて…

装備とスキルと見た目がどんどんと悪役じみていくレイだけど、
ジョブは聖騎士な上に志も高潔ではあるというアンバランスさが面白いですね。
まぁ、このチグハグさが後の伏線になっているあたり、
本当に緻密に組み上げられている作品だなぁ、と思います。

迅羽とフィガロの決闘もそうだけど、
わかりやすい伏線を配置しながら、
その隙間を縫うようにさり気なく散りばめられた伏線が、
後で大きく花開くのがこの作品の面白さの一つですね。
例えばユーゴーとレイの会話でも、
西、というわかりやすい伏線とは別に、
モンスターを生産する、というのも伏線の一つだったりします。

この3巻では巻末にルークとマリーが主役の番外編があります。
レイも大概トラブル巻き込まれ体質ですけど、
この二人もかなり似たり寄ったりというか類友なんでしょうね…!
特にマリーはかなり大事に巻き込まれてましたけど、
マリーだからなんとかなったのは良かったというか。
マリーの正体が判明する短編でもあるんですけど、
これはかなりわかりやすい伏線だったからみんなわかってたのではないでしょうか。

さて、この3巻ではついにわかりやすい悪役が出てきましたけど…
まぁ、ラノベではよくある自分本位のマッドサイエンティストなので、
かなりめんどくさいけど、レイには頑張ってもらうしかないですね。
頑張れ、主人公。

関連エントリー


インフィニット・デンドログラム5.可能性を繋ぐ者達 出版社:ホビージャパン 作者名:海道左近 作者サイト:海道 左近 …

インフィニット・デンドログラム6.<月世の会> 出版社:ホビージャパン 作者名:海道左近 作者サイト:海道 左近 絵師…

インフィニット・デンドログラム8.遺された希望 出版社:ホビージャパン 作者名:海道左近 作者サイト:海道 左近 絵師…

インフィニット・デンドログラム2.不死の獣たち 出版社:ホビージャパン 作者名:海道左近 作者サイト:海道 左近 絵師…

インフィニット・デンドログラム10.嵐の後、嵐の前 出版社:ホビージャパン 作者名:海道左近 作者サイト:海道 左近 …


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.268 sec. Powered by WordPress