殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」2巻は4月22日発売!
おじさん…!

:: 2019/5/24 金曜日::

■[ラノベ]草太、東奔西走「陶都物語 ~赤き炎の中に~」二巻

陶都物語 ~赤き炎の中に~二巻陶都物語 ~赤き炎の中に~二巻
出版社:ホビージャパン
作者名:まふまふ
作者サイト:まふまふのホームページ
絵師名:一乃
Kindle版:陶都物語 ~赤き炎の中に~ 二
DMM電子書籍:陶都物語 ~赤き炎の中に~ 二

1巻が出た時に打ち切り食らったという話を聞いたのですが、
何がどうなったのか2巻が出て驚いています。
でもまぁ、この作品は好きなので2巻が出たのは素直に喜ばしいですね。
小説家になろうの方でも更新が再開したみたいだし、
このまま売れてコミカライズとかしてもらえないかな…

お妙ちゃんとの共同制作にして遺作となった「ボーンチャイナ」
その作品を売るにしても西浦屋だと買い叩かれるのが分かりきっているので、
美濃の山奥から尾張は名古屋まで出張るだけでなく、
待ちの状態でも止まらず京都まで行く草太とそれに振り回される大人たち。
行動力の化身のような草太はトラブルにもめげずに猛進して…

身分制度が色濃く存在する江戸末期で難渋することもあるけれど、
人情も存在する中で草太は藻掻きながらも泳ぎ切っており、
バイタリティーの凄さには関心させられますね。
また、当時の人たちの息遣いを感じられるような人物描写は、
とてもよく出来ていると思います。

現代知識チート持ちの草太だけが先の先まで見据えた将来に向けて動けるんだけど、
だからこそ当意即妙でない周囲の大人たちを見てるともどかしいでしょうね。
まぁ、それでも理解のある祖父に、付き合ってくれる伯父もいるし、
何より今回出会った大店の浅貞さんは流石の傑物さを見せてくれて、
草太の行動力のお陰でどんどん有能な知り合いの輪が広がるのは見ていて面白いですね。

ただ、その行動力のせいで幕末を彩る有名人とも知り合ってしまうあたり、
前途がどうなるのか不透明というか何というか。
歴史モノのifモノとしての性格も出てきて楽しみになってきますね。

関連エントリー


陶都物語 ~赤き炎の中に~壱巻 出版社:ホビージャパン 作者名:まふまふ 作者サイト:まふまふのホームページ 絵師名:…

普通のおっさんだけど、神さまからもらった能力で異世界を旅してくる。疲れたら転移魔法で自宅に帰る。6巻 出版社:ホビージ…

普通のおっさんだけど、神さまからもらった能力で異世界を旅してくる。疲れたら転移魔法で自宅に帰る。5巻 出版社:ホビージ…

普通のおっさんだけど、神さまからもらった能力で 異世界を旅してくる。疲れたら転移魔法で自宅に帰る。2 (HJ NOVE…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.543 sec. Powered by WordPress