殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」3巻は10月21日発売!
セガ公認メガドラミニ番外編も収録なるか?

:: 2019/6/26 水曜日::

■[雑記]ロッロロロロロゥリィ!「ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」15巻

自衛隊の降下作戦により翡翠宮に立て籠もっていた日本使節団と、
ゾルザルによって監獄に囚われていた講和派も救出することが出来たが、
ピニャは皇城で囚われたままだった…
一方、伊丹たちはコダ村の村長たちが怪異に襲われている場面に遭遇し…

やっと原作の動乱編クライマックスに入りましたね。
アニメ版もこの動乱編までだったので知っている人も多いかと思います。
まぁ、この後にも総撃編と冥門編がある上に外伝、更にはSEASON2があるわけで…
竿尾悟さん、頑張ってください…!

しかし原作やアニメで知っていたけれど、
この作品におけるマスゴミ代表である古村崎のゴミっぷりにはとても辟易させられます。
古村崎に負傷した騎士団員たちを見世物にされてパナシュが激怒していましたが、
勇敢に戦った騎士団員ではなく一般市民と報道していた事実を知ったら更に激怒しそうですよね。
ゲートという作品の中でも古村崎は是非死んで欲しいキャラだな、と再認識させられました。

そして我らが主人公の伊丹たちですが、
コダ村の村長の窮地に現れるとか正にヒーローですね。
村長自身も恐怖に身を竦ませながらも、
子どもたちを守るために剣を持って怪異たちの前に立ちはだかるとか、
本当に格好良いな、と思いました。

それにしても無辜の自国民を焦土作戦のために怪異たちに襲わせるとか、
ゾルザルの作戦ってのは本当に悪辣ですよね。
その悪辣さが今の歪んだテューレを生み、そして操られるとか、
周りに悲劇を巻き起こす自業自得で、本当に傍迷惑だなぁ…

次巻ではついに動乱編も終わり、アニメの続きが描かれるはずです。
ただ… この後の総撃編と冥門編はあんまりスカッとしないので、
サクサクっと描いて欲しいな、と思う次第であります。
というか、早く外伝を竿尾悟さんに描いて欲しい…!
15巻でも悪所で伊丹の浮気現場的な修羅場を見せてくれてたけれど、
そういうのももっと南海漂流編でも見たいのです…!

関連エントリー


ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり14巻 出版社:アルファポリス 原作者名:柳内たくみ 原作者twitter:柳内…

ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり11巻 出版社:アルファポリス 原作者名:柳内たくみ 原作者twitter:柳内…

ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり13巻 出版社:アルファポリス 原作者名:柳内たくみ 原作者twitter:柳内…

ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 2 (アルファポリスCOMICS)著者/訳者:柳内 たくみ出版社:アルファポリ…

ゲート 5―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり (アルファポリスCOMICS)著者/訳者:柳内 たくみ出版社:アルファポリス…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.386 sec. Powered by WordPress