僕の心のヤバイやつ 3巻の特装版が6月8日発売!
山田と市川の両片想いに全力でニヤニヤしよう!

:: 2019/11/27 水曜日::

■[漫画]この想いは恋と言えないけれど「すべての人類を破壊する。それらは再生できない。」3巻

青春が眩しすぎて浄化されそうだ…!

神納はじめと沢渡慧美の青春MtGラブコメストーリーは3巻になっても眩しいです。
二人とほぼ同年代のアラフォーな私にとって二人の青春模様は今の年齢で読むとこっ恥ずかしいんですが、
その青臭さすらも今となっては眩しく感じて、心が震えちゃいますね。
今年は「天気の子」といい、若者たちの眩しい青春模様が感じられる作品が多い気がします。

特にこの3巻は初っ端からニヤニヤでドキドキで最高でしたね!
はじめに誕プレを渡す慧美とか、
告白イベントかと思ってトキメキまくりでしたね!

これは後ろから覗いていたおっさんたちを責められないですわ。
私もこの場に居れば同じことをしましたね! 間違いなく!
こんな美味しい、もとい、眩しい青春を見ないなんてありえないですよ!

その後も二人で一緒の帰り道、河川敷での接触イベントとかもう…! もう…!
はじめだけでなく、慧美も青春で頭がゆだってるよね!
これでまだ付き合ってないとかおかしいよね!

でも、二人がまだ付き合ってないからこそ、イベントが楽しくなってるんですよね。
遠足で慧美が来島くんと一緒の班行動をしてはじめがヤキモキするとか、
嫉妬イベントが楽しくてたまらなかったですし、
偶然再会した八雲とのフラグ構築イベントも垂涎モノでした。

特に八雲とは々ボンボン派だとか、漫画やアニメの趣味も合っているので、
慧美以上に相性が良さそうというのも良いですし、
何より八雲の方がちょっと積極的になっているのが素晴らしい…!

八雲の性格上、二人が付き合っているなら割り込まないと思うんだけど、
まだ付き合ってないなら割り込みたいと思ってもおかしくないわけですよ。
うーむ、三角関係とかオラとってもワクワクしてきたぞ!

しかし慧美… わりとバレバレだな…

だが、それが良い…

それにはじめの方も、親友である来島の参戦表明に対して、
真っ向から迎え撃とうとするはじめは男らしくてカッコイイですね。
勝負の決め方がMtGというのがこの漫画らしいですけど、
漫画の見せ方が上手いのでとても迫力があるものになってますね。

ちなみにこの勝負の決着は今月発売の少年エースに載っています。

【電子版】少年エース 2020年1月号 [雑誌]

気になって仕方がない人は買って読めば良いと思います!
凄く面白かったです!(←既に読んだ人

関連エントリー


すべての人類を破壊する。それらは再生できない。4巻 出版社:KADOKAWA 原作者名:伊瀬勝良 原作者サイト:伊瀬勝…

すべての人類を破壊する。それらは再生できない。5巻 出版社:KADOKAWA 原作者名:伊瀬勝良 原作者サイト:伊瀬勝…

すべての人類を破壊する。それらは再生できない。1巻 出版社:KADOKAWA 原作者名:伊瀬勝良 原作者サイト:伊瀬勝…

氷菓11巻 出版社:KADOKAWA 原作者名:米澤穂信 原作者サイト:汎夢殿 原作者twitter:米澤穂信 (@h…

また、片想う。1巻 出版社:KADOKAWA 作者名:タチバナロク 試し読み:ComicWalker 作者サイト:パン…


 Comments (2)

2 Comments »

  1. 実はこの巻読むまで八雲は男で慧美のこと好きになって、はじめに恋心を意識させる役回りなんだろうなと思い込んでました…
    実際には女ではじめのこと好きになって慧美に恋心を意識させるという逆の役回りだったわけですがw

    Comment by ひらなん — 2020/4/1 水曜日 @ 16:03:45

  2. あー、確かに八雲が男の子である可能性もわざと残しているようにしてましたねw
    どちらにしろ当て馬なのが悲しいところですが…
    いや、当て馬じゃない可能性もあるにはあると思う…!

    Comment by フラン — 2020/4/5 日曜日 @ 21:34:23

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.101 sec. Powered by WordPress