りゅうおうのおしごと! 12 小冊子付き限定版 2月14日発売!
小冊子はまるごと姉弟子だ!

:: 2020/3/11 水曜日::

■[漫画]他者を許せぬ断罪者の末路か弱さを乗り越える未来か「3×3EYES 鬼籍の闇の契約者」5巻

3×3EYES 鬼籍の闇の契約者5巻3×3EYES 鬼籍の闇の契約者5巻
出版社:講談社
作者名:高田裕三
紙書籍通販:3×3EYES 鬼籍の闇の契約者 (5)
Kindle版まとめ買い:3×3EYES 鬼籍の闇の契約者
DMM電子書籍:3×3EYES 鬼籍の闇の契約者 (5)

ウロボロスによって既に自分が死んでいる… 死人だと知らされた喜一。
暴走しかかっている喜一と対峙する八雲の前に、
思念体となった三只眼がやってきて緊張状態にあるところに、
ウロボロスがやってきてしまい…

いやはや、相変わらず人間の醜さがよく出ていますね。
喜一の実家に凸る野次馬どものなんと醜いことよ…
それでいて三只眼を見ると逃げていくとか本当に情けないなぁ…

同じ情けなくても喜一の方がまだ感情移入できますよ。
そりゃ自分はもう死んでいると知ったら取り乱しますよ。
問題は喜一の実力だと取り乱した結果の被害が大変なことになる、ということなんですよね。

亡き兄の想いを知り、平和を願った時に出会った仲間に支えられ、
スキウロスの言動を他山の石とすることで、
最後はちゃんと前向きになったのは嬉しかったですね。
三只眼の言うことは正しいと思いますよ。

そうだよなぁ…
何事も被害者だと思いこむと怒りが止まらなくなるんだよなぁ…
難しいことだと思うけど、心に刻み込んで生きていきたい言葉です。

さて、八雲たちがウロボロスの本体に近づくということは、
物語のクライマックスが近いということでしょうね。
そこにはベナレスがいるはずなんだけど…
はたして、どのような結末になるのか。
気になる…!

関連エントリー


3×3EYES 鬼籍の闇の契約者3巻 出版社:講談社 作者名:高田裕三 連載サイト:3×3EYES 鬼籍の闇の契約者|…

3×3EYES 鬼籍の闇の契約者2巻 出版社:講談社 作者名:高田裕三 連載サイト:3×3EYES 鬼籍の闇の契約者|…

3×3EYES 鬼籍の闇の契約者1巻 出版社:講談社 作者名:高田裕三 連載サイト:3×3EYES 鬼籍の闇の契約者|…

3×3EYES 幻獣の森の遭難者(3) (ヤンマガKCスペシャル)著者/訳者:高田 裕三出版社:講談社( 2016-0…

3×3EYES 幻獣の森の遭難者(2) (ヤンマガKCスペシャル)著者/訳者:高田 裕三出版社:講談社( 2015-1…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.068 sec. Powered by WordPress