本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第五部「女神の化身IX」 8月10日発売予定!
ゲルラッハ攻防戦!

:: 2021/12/25 土曜日::

■[漫画]未完の大作「ベルセルク」41巻

ベルセルク41巻ベルセルク41巻
出版社:白泉社
作者名:三浦建太郎
紙書籍通販:ベルセルク (41)
Kindle版まとめ買い:ベルセルク
DMM電子書籍:ベルセルク (41)

作者の三浦建太郎さんが亡くなる直前にペン入れされていた「朝露の涙」まで収録されたベルセルク41巻です。
あまりにも惜しい人を亡くしてしまい、訃報を知った時は呆然としてしまいましたが、
「朝露の涙」がこれまた凄い終わり方をしているので更に呆然となってしまいました。
本当に、これからどうなるのか予想が出来ないだけに…
これからこの物語がどう紡がれていくのか、更にワクワク出来てしまうだけに…
とてもつらい。

「俺の国を手に入れる」
グリフィスはその夢を着実に叶えつつある。
かつては敵対した佞臣たちを忠臣に変え、国家運営を論じて力を合わせ、
国家一丸となって生存圏を広げながら繁栄&拡張していく姿は本懐なんだろうけど、
まさか… あんな秘密があったなんて…

キャスカは記憶と心が戻ったことで、
剣士としても復活してくれたのは心強いです。

ただ、やはり蝕の記憶だけはまだ向き合えてないため、
ガッツが報われてないのが可哀想すぎるんですよね…

髑髏の騎士の過去もわずかながら垣間見え、
魔女フローラとの関わりとか含めて、とても気になるんですよ。
興味が掻き立てられるんですよ…!
それだけに、本当に残念でならないです。

それにしてもラストのアレはどういうことなんでしょうね。
グリフィスの依り代となっている肉体がガッツとキャスカの子供だから、
そちらに引っ張られている、ということなんでしょうか。
だとしたら、とても残酷ですよね…
運命は、本当に残酷だ…

関連エントリー


ベルセルク39巻 出版社:白泉社 作者名:三浦建太郎 Kindle版:ベルセルク (39) Kindle版まとめ買い:…

ベルセルク40巻 出版社:白泉社 作者名:三浦建太郎 Kindle版:ベルセルク (40) Kindle版まとめ買い:…

ベルセルク 38 (ヤングアニマルコミックス)著者/訳者:三浦建太郎出版社:白泉社( 2016-06-24 ) Kin…

ギガントマキア (ジェッツコミックス)著者/訳者:三浦建太郎出版社:白泉社( 2014-07-29 ) 公式サイト:ギ…

女子小学生はじめました P! 2 (ジェッツコミックス)著者/訳者:牛乳のみお出版社:白泉社( 2015-05-29 …


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.312 sec. Powered by WordPress