本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第五部「女神の化身IX」 8月10日発売予定!
ゲルラッハ攻防戦!

:: 2022/5/29 日曜日::

■[ラノベ]ガリオスの答え「ロメリア戦記 ~魔王を倒した後も人類やばそうだから軍隊組織した~」4巻

ガンガルガ要塞を攻略する人類連合軍において水攻めを使ったロメリア。
しかし陥落間近の時に魔族の援軍が到着し激戦となりレーン川の対岸へと撤退する途中、
ホヴォス連邦の暴走でスート大橋が爆破されてしまい、
取り残されてしまったロメリアたちは絶体絶命の危地に陥ってしまい…?

人類軍と魔王軍、優勢と劣勢が目まぐるしく変わって混乱しそうでしたね。
ロメリアとギャミという優秀な指揮官たちの策謀もさることながら、
クーデリア皇女とイザークという一騎当千の武人に、
ヒューリオン王といった予想外な手札。
そして、ガリオスという強力すぎるラスボスと、先が全然読めなくて驚きの連続でした。

ロメリアの策が鮮やかだったのは流石の一言なんですが、
要塞攻略のための最後の一手をゼブル将軍の犠牲を伴ったのには心残りがありますね…
必要な犠牲だったとは思うのですが…
ゼファーに対する不器用な父の愛、というのを見ただけにね…
しかし、他人のことならわかるのに自分のことは分からないとは、
ロメリアは本当に自分の事に対しては鈍感ですよね。

カラー口絵でガリオスに対してアルとレイが対峙するネタバレを食らっていたので、
ラスボス決戦があるのはわかってましたが、
結局アルとレイがどのようにして国王の命令を覆したのかはまだわからないですね。
個人的にはレイのロメリア至上主義っぷりが気持ち良かったので、
そっちで振り切ったというのもアリだとは思うのですが、
何となくグラハム伯爵が手を回したような気がします。

ガリオスが遂に得た答えですが、
この答えによって為されたことが今後魔族と人類の戦いにおいてどういった意味を持つのか。
とても気になるところですが、
レーリア公女とゼファー、ヒュース王子とグーデリア皇女といった、
若き王族たちの恋愛模様の結末も気になるところです。
何とか幸せになって欲しいものなんですけどね…

関連エントリー


ロメリア戦記 ~魔王を倒した後も人類やばそうだから軍隊組織した~2巻 出版社:小学館 作者名:有山リョウ 作者twit…

ロメリア戦記 ~魔王を倒した後も人類やばそうだから軍隊組織した~3巻 出版社:小学館 作者名:有山リョウ 作者twit…

ロメリア戦記 ~魔王を倒した後も人類やばそうだから軍隊組織した~1巻 出版社:小学館 作者名:有山リョウ 作者twit…

ロメリア戦記~伯爵令嬢、魔王を倒した後も人類やばそうだから軍隊組織する~1巻 出版社:マッグガーデン 原作者名:有山リ…

ロメリア戦記 ~伯爵令嬢、魔王を倒した後も人類やばそうだから軍隊組織する~2巻 出版社:マッグガーデン 原作者名:有山…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.965 sec. Powered by WordPress