本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第五部「女神の化身IX」 8月10日発売予定!
ゲルラッハ攻防戦!

:: 2022/7/2 土曜日::

■[漫画]6000年の旅路「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!」13巻

ダリウスによる世界の侵食から護るため、
ガイアの抑止力である田中さんと供に過去へ飛んだイリヤ。
かつてのダリウスが持っていた純粋な想いを知り、
更にパンドラの誕生まで遡ろうとするも、それは一方通行のもので…

始まりのダリウスは純粋な想いを抱いていたのに、
箱のバックアップと置換した延命で少しずつ変容していき、
最期には汚泥にまみれたモノになるというのは、
本家Fateの間桐臓硯を思い出しますね。
一人の人間のエゴを100年以上掛けて一人でやろうとしても、
それは歪なモノになる、というのが同じだなぁ、と思うのです。

そして世界を救うため、大切な人たちの記憶から消えたイリヤとか、
とてもセカイ系だなぁ、と思うんですよね…
20数年前のギャルゲやエロゲではとても流行ったんですよ。
「天気の子」とか正にセカイ系の後継者でしたからね。
イリヤの場合、ちゃんと戻ってきてくれるに違いない、という希望が読者にはあるので、
絶望には至らないのが救いですが…

しかし6000年前のパンドラとイリヤ(妖精さん)の二人ですが…

予想以上にコミカルな感じで笑っちゃいましたねw
イリヤが毒舌というか…
クロの意識が混じってるんじゃないかな?
と思えるくらいのキャラでしたが、
元々イリヤはこんな性格だったかもしれない…w

そろそろこの物語の完結が近付いてきましたが、
何とかハッピーエンドになって欲しいですね。
とはいえ士郎と桜のハッピーエンドは無理っぽい気がします…
桜スキーの私からするととても悲しいんですけどね…

関連エントリー


Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!11巻 出版社:KADOKAWA 原作者名:TYPE-…

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!12巻 出版社:KADOKAWA 原作者名:TYPE-…

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!9巻 出版社:KADOKAWA 原作者名:TYPE-M…

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! (8) (角川コミックス・エース)著者/訳者:ひろや…

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! (7) (カドカワコミックス・エース)著者/訳者:ひ…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 2.408 sec. Powered by WordPress